※マイナビ等のプロモーションを含みます

Webエンジニアは未経験からなれる?年代別の難易度や必要なスキルを紹介

未経験からWebエンジニアになるのは、難易度は低くはないものの可能です。

Webエンジニアは少数精鋭で開発チームを編成することが多いためスキル重視で採用する企業が少なくありませんが、IT業界全体が人手不足でWeb系企業も例外ではないため未経験者でも採用する企業も増えてきています。

具体的に、未経験からWebエンジニアになる方法は以下の3つがあります。

  • 転職保証付のプログラミングスクールに通う
  • 未経験OKの求人に転職し現場でスキルを身につける
  • 独学でスキルを習得しOSS活動を通して実績を作る

スキルを身に付けることで未経験からでもWebエンジニアに挑戦できます。

未経験からWebエンジニアになりたい方は本記事を読んで対策して臨みましょう。

【高待遇を希望する方】

高待遇な求人を見つけるために非公開求人に注目してみましょう。
知名度が高い企業や大手は非公開求人で募集することが多々あります。
早く相談すれば高待遇の非公開求人をいち早く紹介してもらえるため、動くなら「いま」です。

注意点は求人の質・量の両方を大切にすることです。
高待遇の求人をたくさん紹介してもらえるような転職エージェントに相談しましょう。

当サイトで評判が良く人気のエージェントはマイナビIT AGENTです。
IT業界の求人が豊富で定評があります。

登録後は連絡に沿って進めていくだけです。
1日でも早く動くことで思わぬ高待遇求人の出会いへとつながるでしょう。
>マイナビIT AGENTの非公開求人相談はこちら

Webエンジニアに完全未経験から転職できる?

Webエンジニアに未経験転職は厳しい

完全未経験からWebエンジニアに転職することは厳しいです。

Webエンジニアが活躍する業界は競合他社に負けないスピードと技術でビジネスを支える必要があるため高い技術力が求められます。

そのため、業務未経験で採用されることはありえますがスキル未経験で採用はされません。

SEやSES、ネットワークエンジニアと比べると一定以上のスキルを求められます。

ただし、IT業界全体の人材不足はWeb系にも当てはまるため、未経験でも人材確保のために採用する企業は増えています。

Webエンジニアとして転職してからスキルアップをすれば、年収アップも狙えるでしょう。

Webエンジニアとは

Webエンジニアとは売上に直接貢献するWebサービスを開発・運用するITエンジニアを指します。

売上に直接貢献するWebサービスの具体例としては下記が挙げられます。

  • メルカリ(マッチングビジネス)
  • ラクスル(ネット印刷)
  • 食べログ

上記のようなWebサービスは売上に直接貢献し、事業の競争力となるためWebエンジニアは非常に重要な職種となります。

少数精鋭で開発チームを運営することが特徴で、一定以上のスキルを求める企業が大半です。

ホームページ制作会社のエンジニアをWebエンジニアと呼ぶこともあるようですが、求められるスキルレベルが大きく違うため区別理解することが大切です。

一方で売上に直接貢献しないシステムの開発は社内SEや情報システム部、SIerが一般的に担当します。

売上に直接貢献しないシステムとは勤怠管理システムや労務管理システムなどです。

  • Webエンジニア:売上に直接貢献するWebサービスを開発するITエンジニアのこと
  • システムエンジニア:事業に対し間接的なシステムを開発するITエンジニアのこと

絶対に理解してほしい注意点としてはWebエンジニアとシステムエンジニアは真逆の価値観があるという点です。

仕事の進め方や年収、キャリアも全く違います。

余談ですが筆者はSEとWebエンジニアの職種を7年ずつ経験しており、SEからWebエンジニアに転職した際に非常に苦労したことを覚えています。

SIerからWeb系への転職体験談についてはこちらの記事に詳しくありますので興味のある方は読んでみてください。

Webエンジニアの仕事内容

Webエンジニアの仕事内容のメインは、Webサービスの設計・開発・改善・運用・保守です。

スタートアップであれば新規開発や改善が中心となりますが、メルカリやクックパッドなど定着したサービスであれば開発・改善に加えて、運用・保守も仕事内容に入ってきます。

開発や改善についてはWebサービスを統括するプロダクトマネージャーや事業責任者から依頼がきます。

運用・保守については、カスターサクセス部門から依頼対応やメンテナンス作業を行います。

WebエンジニアはWebサービスの製作工程から、以下の2つに分けられます。

  • フロントエンドエンジニア
  • バックエンドエンジニア

ひとつずつ解説します。

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアとは、WebサービスやWebアプリを利用する際に実際に画面に映る部分、目に触れる部分を担当する仕事です。

基本的にはWebデザイナーのデザインを基に、主にHTMLやCSS、JavaScriptやPHPを駆使して実際にWebサービスとして利用できるように機能やUIを反映していきます。

しかし、フロントエンドエンジニアがWebデザインまで担うプロジェクトも存在しますので、ある程度のデザインのスキルも必要となるでしょう。

それ以外にもページの読み込み速度を高めるためのAMP対応や、検索エンジンで検索順位を上位にするためのWebマーケティングの知識など、フロントエンドエンジニアに求められる知識は多数あります。

バックエンドエンジニア

バックエンドエンジニアとは、WebサービスやWebアプリの実際に目に触れない部分を担当する仕事です。

具体的には、サーバー構築やデータベースの導入、ミドルウェア開発など多岐にわたります。

フロントエンドで入力された情報をデータベースに登録し、必要な時にその内容をフロントエンドに正しく受け渡すといった処理を、PythonやRuby、PHPを使って開発します。

大手であればWebエンジニアの仕事は分業化され、サーバーサイドで処理をするバックエンドエンジニアが多くなります。

一方で、スタートアップなど開発組織が小ければフロントエンドエンジニアやインフラエンジニアといった領域もカバーする必要がありフルスタックな仕事が求められます。

Webエンジニアに未経験でなる難易度は?年代別に解説

未経験からWebエンジニアになるための方法を解説します。

特に未経験の方は年代別に難易度に差があるため、年代を意識して必要な準備をしましょう。

20代未経験からWebエンジニアの転職はステップアップで可能

20代・未経験からWebエンジニアへの転職は可能です。

挫折する方も多いですが、事例は豊富です。

成功しやすい方法で取り組みましょう。

筆者も20代になってからプログラミングを覚え、知名度の高い大手SIerやメガベンチャーに転職しています。

30代前半の未経験からWebエンジニアの転職は厳しいが不可能ではない

30代であっても32歳や33歳までの30代前半であれば未経験からWebエンジニアへの転職も可能です。

実際に30代で転職してきた方が現場で活躍する場面を見てきています。

しかし、選考は厳しくあまり見かけません。

30代のWebエンジニアでは30代は年齢的にチームの中心となっている組織が多いため、即戦力のメンバーとして期待されているためです。

20代よりも短期間で戦力化が見込めるスキルや伸び代がチェックされます。

そのためポートフォリオがあればスキルが評価されやすく転職にグッと近づくことになるでしょう。

40代・50代未経験からWebエンジニアへの転職は不可能に近い

スキル重視で採用されるWebエンジニアですが、40代や50代の未経験からの転職となると事例はほぼありません。

事例が少なすぎるため40代・未経験からのWebエンジニアは筆者としてはおすすめできません。

「どうしても目指したい」という方は、長い目線でのキャリアチェンジを検討してみましょう。

具体的には本業を続けつつスキルを身に着け転職活動をし、上手く内定が取れたら転職するといった進め方です。

未経験からWebエンジニアになるのに必要なスキル

未経験からWebエンジニアになるためには、様々なスキルを事前に身に付けておく必要があります。

具体的には以下のです。

  • プログラミング能力
  • 論理的思考能力
  • Webサイト制作の知識
  • ネットワークに関する知識

ひとつずつ解説します。

プログラミング能力

WebエンジニアはWebサイト・Webアプリの開発を行うため、プログラミングのスキルは必須と言えます。

PHP、Java、JavaScript、Ruby、Pythonあたりが代表的なもので、面接時に自己PRできる程度には習得しておく必要があります。

入社したい会社によってよく利用する言語の傾向を見定めて、スキルを身に付けておきましょう。

論理的思考能力

Webエンジニアを始めITエンジニアには論理的思考が求められます。

クライアントの要望を正しく分析し、最適な仕様や設計を策定する必要があるためです。

論理的思考は鍛えることも可能なので、苦手だと思う方は事前に訓練しておきましょう。

Webサイト制作の知識

WebエンジニアにはWebサイト制作のスキルも必要です。

特にフロントエンドエンジニアを目指す場合は、Webサイトの目に触れる部分を自分自身で表現できるスキルが必須になります。

HTMLやCSSを学ぶことで、未経験でも採用されるチャンスが生まれるでしょう。

ネットワークに関する知識

Webエンジニアとして働くためには、ネットワークに関する知識も必要となります。

専任のネットワークエンジニアを設置しないような小規模プロジェクトの場合は、Webエンジニアがネットワークの保守運用も担うことになるためです。

特にバックエンドエンジニアはサーバーの構築にインフラの知識が必要となるため、基本的な知識は身に付けておくと安心です。

では、どんな人がWebエンジニアに向いているのでしょうか?

次で解説していきます。

Webエンジニアに向いている人の特徴4選

Webエンジニアに向いている人の特徴

Webエンジニアに向ている人は以下のような特徴があります。

  • 明るく前向き
  • PDCAを回せる
  • 行動力がある

順に解説していきます。

特徴1:明るく前向き

どこの業界も共通ですが、常に明るく元気で前向きな人は周囲の人間を惹きつけ、自然と元気なグループを作ります。

特にWEB業界はチームで動く仕事が多いのが特徴です。

そのため、明るく元気で前向きに人がいればメンバー同士の雰囲気も良くなり仕事に良い影響を与えてくれます。

特徴2:PDCAを回せる

PDCAはプロジェクトを成功させるためのスキルとして認知されていますが、個人でも実践することは可能です。

特に未経験で転職した場合、PDCAの能力があると飛躍的に力をつけてプロジェクトの中心人物になれるでしょう

重要なのは下記を意識することです。

  1. 常に仮説を立て(PLAN)
  2. 実行し(DO)
  3. その結果を評価し(CHECK)
  4. 次の行動へ繋げること(ACTION)

ただ教えてもらうのではなく、自己成長できる人はWEB業界では大きな強みとなります。

特徴3:行動力がある

ITの世界では新しい技術や手法が次々と生み出されます。

そういったものに好奇心を持って取り組めるのは重要な資質と言えます。

現状に満足せず、新しいものにワクワクできる好奇心を持ち続けられるような方はWebの最前線で活躍し続けることができるでしょう。

おそらく、「自分にもWebエンジニアができるか?」と気になっていると思います。

このような方は、情報を集めるだけでなく「いまの時点でどのような求人に応募できそうか」をIT転職エージェントに相談する行動力も重要です。

Web案件に強いシステム開発の企業を紹介してもらえるでしょう。

【高待遇を探している方へ】

今月もITエンジニア向けの高待遇な求人が多く出ています。

ですが大半が非公開求人のため見ることができません。

転職サイトへの登録が必須です。

当サイトで特に人気があるのはマイナビIT AGENTです。

どちらも無料で登録もスマホで3分程度です。

しかも裏技があり登録時に職務経歴書を添付すると優先的に非公開求人がきます。

かんたんでも良いので絶対に職歴を記入しておきましょう。

求人量を確保するためにも複数登録することが成功のポイントです。

登録後はエージェントに任せて進めていくだけです。

転職に成功したい方は登録だけでも今すぐにすることがコツです。

>マイナビIT AGENTはこちら

Webエンジニアに向いていない人の特徴3選

Webエンジニアに向いていない人の特徴

Webエンジニアに向いていない人は「仕事を作れない人」「保守的な人」「IT技術に興味が持てない人」の3つが挙げられます。

順に解説していきます。

特徴1:仕事を作れない

仕事を作れない人はWebエンジニアに向いていないと言えます

Web業界はまだまだ業界としては若く、スタートアップでは組織として整備されていないところも多いです。

そういったところでは、自分で考えて動く、自分で必要なことを提案、実行することが求められます。

人から言われたことしかできないようでは、いずれ自分の居場所はなくなってしまう可能性があるのです。

難しいことに聞こえるかもしれませんが、業界の歴史や風土に縛られず「やろうと思えばやれる」といった自由こそがWebエンジニアの魅力でもあることを忘れないでください。

特徴2:保守的

保守的な人にはWebエンジニアは向いていません。

世の中では、こうしている間にもたくさんのサービスが開発・リリースされています。

そのため、Webエンジニアの需要は高いと言えますし、この先なくなるとも考えられません。

実際、企業ではインターン制度や高額な新卒年収を提示して、優秀な学生の確保に躍起になっています。

一方で、まだ業界が若く、定年までのキャリアパスが確立していないという側面もあります。

サービスが当たれば大きいですが、鳴かず飛ばず利益が上がらない企業では年収が低いWebエンジニアも少なくありません。

さらにいえば、退職金制度を用意している企業も少ないので、将来まで安定して働きにくいという側面があります。

このように、Webエンジニアは安定な将来・キャリアを求める保守的な人には向かないでしょう。

特徴3:IT技術に興味を持てない

Webエンジニアに向いていない人の特徴としてIT技術に興味を持てない方が挙げられます。

数年で利用するフレームワークが変わっていくため、IT技術に興味を持てない方はトレンドに置いていかれキャリアップに苦しむでしょう。

普段から新しいものに対して距離を置いている方はWebエンジニア向いていないと言えます。

Webエンジニアに未経験からなる方法

前述したとおり完全未経験ではWebエンジニアにはなれません。

現場で通用するスキルが必要なためです。

逆に言えばスキルさえあればWebエンジニアになることはできます。

ではどうすれば「スキルがある人物だ」という風になれるのでしょうか?

スキルを身につける方法は、下記の方法があります。

  • 転職保証付のプログラミングスクールに通う
  • 未経験OKの求人に転職し現場でスキルを身につける
  • 独学でスキルを習得しOSS活動を通して実績を作る

プログラミングスクールに通うとどうしても費用は発生します。

ですが、Webエンジニアになれば手に職が付き、生涯年収も増えます。

目先の損得ではなく中長期で検討することをおすすめします。

方法1:転職保証付のプログラミングスクールに通う

ダントツでおすすめの方法が「転職保証付のプログラミングスクールに通う」方法です。

独学よりも教えてもらう方が効率的に覚えられるためです。

特に「転職保証付」のスクールに注目してください。

実は3ヶ月程度プログラミングを覚えても、開発の現場では戦力になりません。

結局、現場で先輩プログラマーが教える形で戦力化していきます。

ですがこのように先輩に教えてもらえる企業はごくわずかです。

3ヶ月スクールで学んだ方が転職活動をしてもほぼ採用されないでしょう。

実際、筆者の会社も断っています。

ですが、プログラミングスクールと提携している企業であれば、「育成してでも採用したい」という企業ばかりです。

3ヶ月のカリキュラムをこなせばWebエンジニアとして転職が可能となります。

注意点は「転職保証付」のプログラミングスクールが限られているということです。

筆者が実際に確認しておすすめできるスクールはDMM WEBCAMP(20代向け)テックキャンプ(30代向け)くらいです。

方法2:未経験OKの求人に転職し現場でスキルを身につける

未経験OKの求人に転職して現場でスキルを身につけ、Webエンジニアとしてキャリアップする方法があります。

SIerやIT派遣のような求人では未経験OK求人が一部あります。

こちらに転職して、業務で開発スキルと経験を身につけてWebエンジニアとして転職する方法となります。

最初はストレスが多いでしょうが、費用がかからず短期間で技術を習得してWebエンジニアを目指すことができるでしょう。

おすすめの求人はマイナビIT AGENTなどに集まる大手企業の求人です。

研修制度が整っているケースが多く、スムーズにキャリアップできるでしょう。

方法3:独学でスキルを習得しOSS活動を通して実績を作る

Webエンジニアに必要なスキルはWeb上の記事や動画で無料で見ることができるため、独学でスキルを習得することができます。

ただし、Webプログラミングのスキルを習得してもWeb系企業では業務未経験の方は採用されません。

そこでOSS活動や自分のプロダクトをGitで公開し実績を作ることで業務は未経験であっても実績作りができ、Webエンジニアになることができます。

検索力があり自力で継続して進められる方におすすめの方法です。

Webエンジニアの年収はSIerと比べると低い傾向にある

Webエンジニアが活躍するWebサービスの業界はSaaSのような薄利多売のビジネスモデルが多いため年収が低い傾向にあります。

安い月額で利用できるSaaS型のビジネスモデルが浸透し、シェアNo1を獲得しないと利益を確保できないWeb系企業が大半です。

給料は利益から出るわけですから利益が低ければ給与も上がりません。

さらに開発力だけが差別化となっているWeb系企業の場合は、激しい競争であっという間に逆転される可能性もあります。

もし「難しそう」と感じた方はシステムを受託開発するSIerも視野に入れてみましょう。

実はSIerは利益を含めて受注金額を提示するためWebサービスと比べて利益を出しやすいビジネスモデルです。

そのため、下手なWeb系企業より給料は良くなります。

もしWeb系へ行くのであれば、メガベンチャーや業界No1の事業を行っている大手系を狙ってください。

【高待遇を希望する方】

高待遇な求人を見つけるために非公開求人に注目してみましょう。
知名度が高い企業や大手は非公開求人で募集することが多々あります。
早く相談すれば高待遇の非公開求人をいち早く紹介してもらえるため、動くなら「いま」です。

注意点は求人の質・量の両方を大切にすることです。
高待遇の求人をたくさん紹介してもらえるような転職エージェントに相談しましょう。

当サイトで評判が良く人気のエージェントはマイナビIT AGENTです。
IT業界の求人が豊富で定評があります。

登録後は連絡に沿って進めていくだけです。
1日でも早く動くことで思わぬ高待遇求人の出会いへとつながるでしょう。
>マイナビIT AGENTの非公開求人相談はこちら

Webエンジニアの求人探しはIT専門の転職エージェントがおすすめ

Webエンジニアの求人はIT専門の転職エージェントを利用しましょう。

Webエンジニアは人材不足で、企業の採用担当者はIT専門の転職エージェントに求人を出しています。

そのため、Webエンジニアの求人を探す場合はIT専門の転職エージェントに相談することで多くの求人を紹介してもらえます。

IT専門の転職エージェントの中でも特におすすめなのがマイナビIT AGENTのような大手人材紹介会社が運営するIT特化型の転職エージェントです。

大手が運営している転職エージェントには、大手企業や知名度の高い企業も利用しているため年収アップやキャリアアップがしやすい求人が多くあるためです。

>マイナビIT AGENTはこちら

まとめ

この記事ではWebエンジニアに未経験からなる方法について紹介してきました。

業界で使われる「Webエンジニア」は文脈によって意味合いが変わってきますが、ここでは厳格に「売上に直接貢献するWebサービスを開発するITエンジニアのこと」と定義して紹介しています。

Webサービスがビジネスの生命線となるため競争力高いサービス開発・改善のために「業務未経験者」はまず採用されません。

  • 採用コネクションがあるプログラミングスクールの利用
  • Web系だけでなくSI業界のWebプログラマーも視野に入れ、大手の未経験OK求人に応募し現場で覚える

が未経験からエンジニアになるためのポイントとなります。

実際、筆者は30代でWeb系の一部上場企業にWebエンジニア転職して活躍している方を知っています。

40代以上は厳しいでおすすめすることはできません。

同様にWebエンジニアとしてフリーランスで働くことも未経験者には不可能です。

長く活躍されたいのであれば5年程度の下積み経験をおすすめします。

気になることがあればご質問ください。

【高待遇を探している方へ】

年収を上げたい方は大手企業に目を向けてみましょう。

育成制度が整っており、待遇が良いためキャリアアップにおすすめと言えます。

大手求人はマイナビIT AGENTといった知名度の高い媒体で採用をしているため要チェックです。

しかし大手企業の求人は人気であるため非公開求人であることが大半です。

無料で利用できるため、相談だけしておき大手求人を見逃さないようにしておきましょう。