※マイナビ等のプロモーションを含みます

未経験でシステムエンジニア(SE)になるには?転職方法や必要なスキルを解説

年齢にもよりますが、未経験でシステムエンジニア(SE)になることは可能です。

なぜならITエンジニアの人材不足に加え、SEは分業化されているため未経験でも業務を担当できる特徴があるからです。

もし未経験からSEになりたい方は、教育制度が整っている大手を中心に検討をすると良いでしょう。

実務を通してプログラミングスキルや開発プロセスを学ぶ環境が用意されているだけでなく、キャリア形成もしやすいためです。

本記事では未経験からSEになりたい方に、注意点や転職方法を紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください。

【高待遇を希望する方】

高待遇な求人を見つけるために非公開求人に注目してみましょう。
知名度が高い企業や大手は非公開求人で募集することが多々あります。
早く相談すれば高待遇の非公開求人をいち早く紹介してもらえるため、動くなら「いま」です。

注意点は求人の質・量の両方を大切にすることです。
高待遇の求人をたくさん紹介してもらえるような転職エージェントに相談しましょう。

当サイトで評判が良く人気のエージェントはマイナビIT AGENTです。
IT業界の求人が豊富で定評があります。

登録後は連絡に沿って進めていくだけです。
1日でも早く動くことで思わぬ高待遇求人の出会いへとつながるでしょう。
>マイナビIT AGENTの非公開求人相談はこちら

監修者: 硯里 宏幸(株式会社アスターリンク代表取締役)

22歳からプログラミングを始め、大手SIerのSEに就職。その後、Webエンジニアとしてメガベンチャーへ転職。

現在は、独立しクラウドツールの開発・運営に従事。

システムエンジニア(SE)とは?

SEとはお客様が求めるシステムの開発を行う仕事です。

お客様が求めるシステムの要件を取りまとめ(要件定義)、そのシステムの設計・プログラミング・テスト・導入支援を行うITエンジニアがSEです。

そのため、SEはプログラミングスキルはもちろん、顧客業務、セキュリティ、プロジェクト管理など幅広い知識と技術が必要となります。

初めは、プログラミングスキルを習得して開発の工程から始めますが、徐々に設計や要件定義、プロジェクトマネジメントといった上流工程を担当し役割と年収が上がっていくのがSEのキャリアです。

そのため、毎年、違うプロジェクトで違う役割を行うことが多く、さまざまな経験を積み上げることができる仕事と言えるでしょう。

開発しか行わないプログラマーに比べSEの方が年収や裁量が高くなることが一般的です。

万一、プログラミングが苦手であったとしても営業や運用保守などの役割もあり様々なロールモデルがあるため安心して働くことができるでしょう。

AIが発達して開発が自動化していく中でコミュニケーションが取れるSEが今後は求められるでしょう。

SEについてもっと詳しく知りたい方は「SEとは?」も併せてごらんください。

SEの年収・給与の相場

業務系であるSEの年収の相場は550万円となっています。

低スキルであるITSSレベル1・2の平均年収は420万円からとなっており、ITSSレベル5になると年収は800万円から900万円を超えてきます。

SEは専門職でかつ人手不足のため、一般的な給与相場よりも高い傾向にあります。

しかし、残業も多く結果的に給与も高い場合があります。

そのため、求人票をチェックする場合には給与とあわせて残業時間もチェックしておきましょう。

参考:システムエンジニア(業務用システム)

未経験でSEになれる理由

未経験からSEになれる理由は、DX化にあわせて人手が必要な一方で人手不足のため、企業は未経験であってもSEとして採用せざるを得ないためです。

また、SEの仕事が分業されておりスキルや経験の低い方でも担当しやすい業務がある背景もあります。

人手不足のため未経験でもSEになりやすい

もともとSE(ITエンジニア)は人手不足の業界です。

それに加え、DX化のトレンドや感染症によるIT化の需要があり多くの企業でSEが求められています。

実際に、IPAの調査では、IT人材の量についてアンケートをとったところ、大幅に不足している・やや不足していると回答は全体の89%となったと報告しています。

参考:ICT人材の不足・偏在|令和3年版 情報通信白書

しかし、SEの数は限られているため未経験から育成する体制を整えて採用する企業も増えてきました。

さらに、未経験可のSE求人はもちろんSESや派遣といった働き方もあるため、未経験の方が選べるSE求人は多く存在します。

業務が分担されており未経験でもSEのキャリア形成しやすい

SEは分業化されているため低スキルの方が担当する業務があり、キャリア形成しやすい点も未経験でSEに転職できる理由の1つです。

SEはシステムの請負開発をするにあたり、ウォーターフォール型で開発することが一般的で、工程に分けて開発を進めます。

各工程は要件定義・設計などがありますが、未経験者やスキルが低くても取り組めるプログラミングやテスト、端末設定、マニュアル作成といった仕事もあります。

高度なスキルが必要と思われがちなプログラミング工程ですが、大規模なプロジェクトなどでは指示書通りにプログラミングを書くだけの場合があり比較的に難易度が低いケースがあります。

また、同様に指示書どうりに操作を行い、テストする作業もあります。

どちらも低スキルの場合は具体的な指示書に従っての作業となります。スキルをつくについて、難易度と裁量が増えていくでしょう。

このような仕事から始め、徐々に上流工程へキャリアアップをしていける職種のため未経験でもSE転職しやすいと言えるでしょう。

SEはどんな人が向いているか特徴を紹介

SEはどんな人が向いているかというと、ITに対する強い興味関心があり、やり抜く力や粘り強さがある方です。

他にも、コミュニケーション力や一定の地頭の良さを求められます。

未経験からSEにはなれますがポテンシャル採用になるため、見込みがある人しか内定が出ません。

ここでは、SEに向いている人の特徴を紹介していきます。

書類選考や面接の場でもチェックされる可能性があるため、必ず特徴を押さえておきましょう。

ITに関して人より詳しい方

プログラム未経験であっても、パソコン、ソフトウェア、IT業界、トレンドなどITに関して人より詳しい方が評価が高くなります。

ITに関する興味関心が高いと判断され、SEになったときにキャッチアップも早いと考えることができるためです。

逆にパソコンの使い方や配線の仕方が分からない人は気をつけましょう。

やり抜く力や粘り強さがある方

SEになるには日々勉強をし続け、スキルや経験を蓄積し続ける必要があり、やり抜く力や粘り強さ(グリット)が必要です。

SE経験者となった後も、システム構築のためにコツコツと設計書やプログラムを記述し、淡々とテストを実施し、システムの完成まで粘り強くやり抜くことが求められます。

やり抜く力や粘り強さが低い人は、技術が習得できなかったり、SEの適正がない可能性もあるため、ポテンシャル採用されづらいでしょう。

書類選考や面接ではコツコツと前向きに努力をした経験を伝えてやり抜く力や粘り強さがあることを理解してもらいましょう。

計画を立てることが得意な方

SEとしてシステム構築するにあたりQCD(品質・費用・納期)が重視されます。

目に見えないシステムを決められた納期に納品するための見積もり力が常に求められます。

見積もりにあたっては予測しうるリスクを事前に精査し、対策を検討します。

このような計画性が高い方は精度の高い見積もり(期間、費用)ができるためプロジェクト運営する中で活躍する傾向にあります。

コミュニケーション力がある方

一般的に受注するシステム構築は一人で開発しきれないボリューの開発規模であることが多いためSEではコミュニケーション力が求められます。

なぜならお客様の要件から設計書を作成しプログラミングやテストといった形で工程が進みます。

工程ごとに担当者が変わることも多く、大規模な伝言ゲームに近しいものです。

そのため、正しく伝わっているか?正しく理解できているか?を常に確認しながら進めないと期待していたものと全く違うものが出来上がる可能性があります。

気になることは自ら確認をしたり、プロジェクトメンバーが間違った理解をしていないかなど自らコミュニケーションを取る方がSEに適しています。

技術に詳しい人

実は技術に詳しい人はSEの中でも少数です。そのため、技術に詳しいと各所から引っ張りだことなるでしょう。

プログラミング工程はもちろん、設計工程や共通化基盤チームなどIT技術に強い人は活躍の場面が多くあります。

特に技術に興味がある方は、自然と情報収集を行う傾向にあり伸びやすい人材です。

該当する方はぜひSEをめざしましょう。

SEに求められるスキルは下記の記事を合わせてご覧ください。紹介されている専門知識や論理的思考力、課題解決力といったスキルがあるほど活躍しやすい傾向にあります。

未経験でシステムエンジニアに転職できる?求められるスキルや年収を解説 | Geekly

もし、SEに向いているか悩まれている方はSE以外にIT業界の職種はたくさんありますので【未経験者必見】IT業界の職種を一挙ご紹介!仕事内容や年収も解説|プログラマカレッジ も参考にしてください。

SEに必要なスキル

SEに必要なスキルは、コミュニケーション力、スケジューリング力、開発力が挙げられます。

ただし、担当する工程や役割によって大きくスキルが変わるため、ここでは上流工程と下流工程に分けて紹介していきます。

まず、未経験からSEになると下流工程を担当することになります。

下流工程で必要なスキルは、プログラミング能力、デバッグ力、顧客の問い合わせ等のサポートスキルが重要となります。

SEは技術力が源泉となるため、プログラミング能力を高めることで、デバッグ力やサポートスキルが向上します。

未経験で業務に入った直後はスキルがないことが多いでしょうが、プログラミング能力をつけることに集中しましょう。

上流工程になると、顧客の問題発見力や解決力、顧客との対話力、スケジューリング力、設計力が大切です。

顧客の課題をシステムで解決するのがSEの仕事であるため、顧客のビジネスモデルや経営課題、その背景を知らなければ問題を真に把握することはできません。

これらを理解することでコンサルタントのような役割で問題解決にあたることができ、年収も上がるでしょう。

未経験からSEとして一人前になる期間は3年

未経験からSEとして一人前になる期間として3年はかかると考えておきましょう。

システム開発において、プログラミング工程を主体的にこなせる期間が3年程度かかるでしょう。

設計書が意図したとおりにプログラムを実装し、テスト計画やテスト実施、不具合対応が主体的にこなし、問題があれば相談できるといったレベルです。

SEは上流工程として設計や要件定義、プロジェクトマネジメントも役割として求められますが、これらをこなすには10年ほどかかります。

まずは一人前のSEとして最低限こなせるようになるには3年程度かかると考えましょう。

未経験からSEに転職する方法

未経験からSEになる方法は、スキルなしで就職・転職する方法やスキルを身につけてから就職・転職する方法があります。

どちらもメリットとデメリットがあるため、考え方や好みで選べば良いでしょう。

筆者としては、未経験可の求人に応募し、業務をしながらスキルと経験を身につけることをおすすめします。

現場で求められる仕事をこなした方が効率よく習得できると考えているからです。

ここでは、未経験からSEになる方法を紹介していきます。

SE未経験可の求人に応募するしてSEになる

SEは未経験可の求人があるため、こちらに応募してSEになることが最短です。

プログラミングスキルなしで業務をすることになり不安を感じる方も多いでしょうが、入社後にプログラミング研修などの教育制度のある企業もあります。

また仕事をしながら業務に必要な知識やスキルを学べるため、短期間で成長しやすいでしょう。

デメリットとしては、教育制度のない企業や規模の小さい企業に入社をするとスキルアップのフォローがなく挫折しやすい可能性があります。

また、不慣れな業務をすることになるためストレスフルな日々を送ることになるでしょう。

そのため、大手の求人も豊富に取り扱っているマイナビIT AGENTをに相談することがおすすめです。

大手の求人は応募者が殺到するため非公開求人となっておりますが登録することで案内してもらえます。

さらに、中小企業の求人である場合も、担当者に内情を確認することができるため失敗の確率を抑えつつSEになることができるでしょう。

プログラミングスクールでスキルを身につけてからSEになる

プログラミングに関するスキルや経験がない状態でSEになることに抵抗がある方はプログラミングスクールにスキルを身につけてからSEになると良いでしょう。

もともと未経験であっても採用する企業があるため、スクールでプログラミングを覚えてきた場合はよりSEになりやすくなります。

入社後も知識やスキルがあることで、業務内容の把握もしやすく、スクールで学んだ理解を深めたり実践的な業務におもしろみを感じることもあるでしょう。

ただし、プログラミングスクールで学べることはわずかであり、卒業したからといって即戦力なスキルが身につかないことだけは理解しておきましょう。

また、スクール選びによっては卒業してもSEの転職活動時に加点にならないこともあります。

なぜなら卒業制作で作るTODOアプリのようなポートフォリオは、採用担当者が見飽きており特段の評価にならないことが多いためです。

そのため、転職保証付きのコースがあるDMM WEBCAMPといったスクールを選ぶことが良いでしょう。

ただし人気スクールで受講枠も限られていますので早めに相談しておくことがポイントです。

DMM WEBCAMPはこちら

【高待遇を希望する方】

高待遇な求人を見つけるために非公開求人に注目してみましょう。
知名度が高い企業や大手は非公開求人で募集することが多々あります。
早く相談すれば高待遇の非公開求人をいち早く紹介してもらえるため、動くなら「いま」です。

注意点は求人の質・量の両方を大切にすることです。
高待遇の求人をたくさん紹介してもらえるような転職エージェントに相談しましょう。

当サイトで評判が良く人気のエージェントはマイナビIT AGENTです。
IT業界の求人が豊富で定評があります。

登録後は連絡に沿って進めていくだけです。
1日でも早く動くことで思わぬ高待遇求人の出会いへとつながるでしょう。
>マイナビIT AGENTの非公開求人相談はこちら

SEになる際に有利な資格とは

未経験からSEになるにあたり、資格は不要です。

SEになるために資格を取得することを考える場合は、先にプログラミングスキルを身につけた方が確実です。

もし、資格取得から始めたい方は国家資格である「基本情報技術者試験」がおすすめです。

SEの登竜門的な存在であり、国家資格のため知名度も高く取得することで一定の知識があると評価されます。

逆におすすめできない資格はベンダー資格と呼ばれるOracleやMicrosoft社などの企業が付与する資格です。

資格を取得するためには2万円や3万円と高額で、数年経つと新しいバージョンの資格に切り替わるためコストパフォーマンスが良くないケースが多いでしょう。

そのため、IPA(情報処理推進機構)が運営する国家資格を中心に検討することをおすすめします。

取得には半年以上は資格勉強が必要になるため、基本情報技術者試験の資格を取ることで意欲が高く継続して努力ができる人だと採用の場で評価されやすくなるでしょう。

SEに転職したあとのキャリアパスとは

未経験からSE転職したあとのキャリアは比較的単純です。

なぜならキャリアップとしては下記の3パターンに集約されるためです。

  • プロジェクトマネージャーとなる(割合:70%)
  • 課長、部長などの部門長となる(割合:20%)
  • 技術に特化した専門家となる(割合:10%)

一番多いケースはプロジェクトマネージャーです。

未経験からの転職直後は下流工程を担当し、徐々に設計、要件定義、プロジェクトリーダーといった形で上流工程を担当するパターンです。

入社3年未満は300万円程度である年収も要検定後をこなすエンジニアとなれば500〜800万円となりプロジェクトマネージャーとなれば大手であれば1,000万円以上の年収となります。

未経験からSEへ転職しやすい年齢は?

未経験でも転職が可能なSEですが若い人ほど有利です。

なぜなら一般的に若いほど素直で学ぶ意欲も高く、先輩からも可愛がられるため早く育つためです。

逆に年齢を重ねると育ちにくく、仕事やアドバイスも素直に聞き入れられにくいため採用されづらいです。

30代までであればSEヘ転職した方は存在しますが40代の転職はほぼ事例を聞きません。

以下に具体的な年代別の未経験からSEへ転職する難易度を解説していきます。

20代未経験からSE転職の難易度

20代未経験であればSE転職の難易度は高くありません。

大手SIerであれば新卒採用の半数以上はプログラミング未経験であっても採用しているくらいです。

22歳の新卒はもちろん、入社3年未満といった23歳、24歳、25歳の第二新卒であれば大手企業の育成カリキュラムの中で学ぶことができるでしょう。

26歳や27歳あたりは、SEに転職する強い動機を求められます。

28歳や29歳になると動機に加え、現職での成果ややり切った事例を求められます。

採用する企業側も、短期間で即戦力なる人を採用したいため、素直で継続的に努力できる人を見極めようとします。

そのため、単なる憧れだけの応募者や年齢に応じた実績がない方は落ちやすくなるためお気をつけください。

26歳くらいまではマイナビIT AGENTなどから未経験OKの求人に応募し、27歳以降は転職保証付きのプログラミングスクールで学ぶといった形が無難でしょう。

30代未経験からSE転職の難易度

30代を超えると未経験からSE転職する難易度は格段に高くなります。

SEへの転職に向けて何を努力したかと「具体的」に問われます。

さらに指導する先輩や同僚が年下という可能性もあるため、素直さはもちろん、職場との相性も重要な評価対象となってきます。

独学で学んだ成果物を紹介したり、高いレベルで習得した技術があると「この人は短期間で成長するかもしれない」と評価され内定が出やすくなるでしょう。

筆者も面接に立ち会っていますが余程の好感触でなければ合格を出さないため、しっかりと対策することが重要です。

もし自信がない方は、転職エージェントのワークポートに相談したり転職保証付きのテックキャンプの受講をしましょう。

40代・50代未経験からSE転職の難易度

40代、50代の方が完全未経験からSEへ転職した事例はほぼ聞いたことがありません。

それくらい厳しいため経験者として転職できるようオリジナルな成果物を作りアピールしていきましょう。

転職保証がつくテックキャンプでは40代で転職した事例もあるため、一度相談することがおすすめです。

無料でキャリア相談ができるため、事例収集や内定を得るためのヒントを得ることができるでしょう。

まとめ

この記事では未経験からSEを目指したい方に、転職の方法やきつさ、キャリアイメージを紹介してきました。

SEという職種は学校で学ぶ職種ではないため、未経験で就職・転職することが当たり前の職種です。

そのため、未経験からでも十分に転職可能です。

一方で、年齢を重ねるほどに企業側の採用リスクが高まるため内定が出づらくなっていきます。

まずは、マイナビIT AGENTで大手系の求人に調整し、3ヶ月〜6ヶ月経っても内定が出ない場合は転職保証付きのプログラミングスクールを受講してキャリアチェンジを目指しましょう。