SIerやめとけと言われる理由とは?回避策も合わせて解説!

PR

SIerは給料の低さや長時間残業などからやめとけと言われるケースが多くあります。

本記事ではSIerやめとけと言われる理由やその背景を紹介していきます。

避けるべき企業の見抜き方や対策も紹介していきますのでぜひ最後までご覧ください。

「SIerやめとけ」と言われる理由

SIerは年収が低く残業が多いからやめとけと言われますが、その理由の大半は多重請負が原因です。

また、直請(一次請け)ができるSIerで合った場合、プログラマーは評価されないため、プログラミングが好きな人にはミスマッチしやすい業界と言えるでしょう。

ここではSIerやめとけと言われる理由を背景も含めて紹介していきます。

給与が低いからSIerやめとけ

SIerは多重請負の構造があり下請けSIerは多数あります。

もし下請けSIerに在籍すると、元請より確実に利益が減少するためそれに合わせて給与も低くなります。

もし、3次請けといった多重請負先であればさらに給与は低いでしょう。

このようにSIerでは下請けの給与が低くなる構造があるためSIerはやめとけと言われます。

裁量が少ないからSIerやめとけ

下請けSIerに入社をすると、仕様・期間・費用が決まっており工夫や提案ができないためSIerやめとけと言われる理由となります。

よい提案をしたとしても、上流にいるお客様、一次請SIer、二次請SIerなどに合意を取る必要があり労力がかかります。

このように下請けSIerの現場では裁量が少ないため、やめとけと言われる場合があります。

長時間残業が多いからSIerやめとけ

SIerのシステム開発では、要件が膨らんだり、仕様調整が遅延したり、見積もり誤りによって残業が多いためやめとけと言われます。

36協定を超えるためタイムカードを切らずに残業する方も多数います。

特に下請けSIerほどそのしわ寄せを受けやすいですが裁量がないため残業して遅延をカバーする方法しかなくきついと感じるケースも多いでしょう。

このようにSIerでは残業が多いからやめとけと言われます。

ブラック企業が多いからやめとけ

技術力といった強みがないSIerは低単価かつ短納期の仕事を受けざるを得ないブラック企業が多いためSIerはやめとけと言われます。

多重下請け先のSIerでは、自社で受注できる営業力や技術力、資金力がないために発注元の条件を受け入れて受注します。

このようなSIerでは、薄給で長時間残業が常態化しており、ブラック企業化しています。

残業代も出ず、サービス残業になるSIerもあるでしょう。

このようにブラック企業が多いからSIerやめとけと言われます。

プログラマーは評価されないからやめとけ

SIerの開発の現場ではプログラマーよりもその上流工程を担当するシステムエンジニアが評価されるため、やめとけと言われます。

そのためSIerでは開発力があったとしてもシステムエンジニアにキャリアアップして行きます。

もし、プログラマーにこだわって働きたいと考えている場合は、技術職としての評価制度がない場合SIerをやめとけと言われるでしょう。

Sierはやめておいた方がよい人の特徴

これまで「SIerやめとけと言われる理由」を紹介しましたが、以下の方のように、実際にSIerをやめておいたほうがよい人の特徴を紹介していきます。

・コミュニケーションが苦手な人
・技術に対する知識が不足している、もしくは向上心がない人
・プレッシャーに弱い人
・プログラミングをメインにしたい人

コミュニケーションが苦手な人

SIerは顧客やプロジェクト担当者とコミュニケーションを取りながら業務を進める必要があります。

そのため、コミュニケーションが苦手な人は、顧客との要件定義やプロジェクトのメンバーとの協力が難しく、向いていないかもしれません。

参考:コミュニケーション能力を上げたい方へ|日本コミュニケーション能力認定協会

技術に対する知識が不足している、もしくは向上心がない人

SIerの主な業務は技術を駆使してシステムを構築することです。

技術に対する知識が不足していたり、不足しているにも関わらず技術の習得に興味や関心がない人は向いていないかもしれません。

プレッシャーに弱い人

SIerの業務は厳しいスケジュールや予算に追われることがあります。

またプロジェクトが長期間にわたることもあり、その間も技術の進化や顧客の要求の変化に迅速に対応する力や完遂する忍耐力が求められます。

プレッシャーに弱い人には向いていないかもしれません。

プログラミングをメインにしたい人

プログラミングをしたい人はSIerはやめておきましょう。

Sierのキャリアの中でのプログラミングは研修などで多少携わる程度なので、プログラミングをメインでしたい人には向いていません。

「SIerはやめとけ」に該当するSIerとは

「SIerはやめとけ」に該当するSIerとは、多重請負先となっているSIerです。

つまり、2次請け、3次請けをメインの事業となっているSIerです。

やめとけと言われる理由で紹介したとおり、下請け企業は給料も裁量も労働環境も悪くなりがちです。

全てのSIerが問題なわけではありませんが、傾向として理解しておきましょう。

「SIerはやめとけ」に該当するSIerの回避方法

「SIerはやめとけ」に該当する2次請け、3次請けをメインの事業となっているSIerを避ける方法は、詳しい人に教えてもらう方法しかないでしょう。

残念ながら企業のホームページや求人票では見抜けないケースが大半です。

なぜなら、上場でもしていない限り売上やその内訳を公開する企業はほぼないためです。

そのため、マイナビIT AGENTといったIT専門の詳しい転職エージェントに相談することがより確実な方法となります。

転職先を紹介してもらうときに、「直請け(プライム案件)が多いSIerの求人を紹介してください」と依頼しましょう。

手間かもしれませんが、無料で相談でき丁寧にサポートしてもらえるため入社後に後悔しないように相談することがおすすめです。

>マイナビIT AGENTの無料相談はこちら

まとめ

SIerやめとけと言われる理由は、薄給・裁量の低さ・長時間残業が主な原因です。

もし避けたい場合は、マイナビIT AGENTといったIT専門の詳しい転職エージェントに相談し、2次請け・3次請けを避けるようにしましょう。

ただし、2次請け・3次請けでは未経験でも転職しやすいため、実績づくりやスキルを習得できます。

ITエンジニアは転職しやすい職種のため、無理に避けるのではなく背景を理解した上でキャリア形成に取り組むと良いでしょう。