※マイナビ等のプロモーションを含みます

プログラマーから転職する方におすすめの転職先9つ

プログラマーからの転職先におすすめの選択肢は、「SIerのプログラマー」、「SESのプログラマー、「派遣のプログラマー」、「Webエンジニア」、「フリーランスエンジニア」、「社内SE」、「SE」、「営業」、「ITコンサルタント」です。

この記事ではSEから転職経験のある筆者が、転職選びに悩んだ経験をもとにおすすめの選択肢や失敗しづらい選び方を解説します。

プログラマーの転職で最重要なのはブラック企業に就職しないための情報収集です。

しかし自分自身で転職活動をする場合情報収集も簡単ではありません。

マイナビIT AGENTに相談すれば、ブラック企業やIT土方を避けた求人の紹介を受けることができるため安心です。

これまでのスキルを生かして安全にキャリアアップしたいのであれば必ず相談しておきましょう。

>マイナビIT AGENTの無料相談はこちら

プログラマーを辞めて転職したい理由とは

プログラマーを辞めて転職したいという方のよくある理由は以下のようなものがあります。

  • 給料が安い
  • 労働時間が見合わない
  • プログラマー自体が合わない
  • 職場環境がつらい
  • 将来性が見込めない

理由は様々ありますが、これらの理由をもとに転職活動を進めることが重要です。

例えば労働環境を良くしたい場合は異業界のプログラマー、プログラマーが向いていないという場合には異職種がおすすめということになります。

プログラマーからの転職先におすすめな9つの選択肢

転職をより有利に進めるためには、いま発揮できるスキルや経験をいかした求人選びが重要です。

スキルや経験を全く活かさない転職になると新卒採用と比較され年齢の部分で不利となることが一般的だからです。

スキルや経験を活かした転職をするためには、同職種または同業界から選ぶことがコツです。

職種と業界の組み合わせから考える具体的な転職先は下表となります。

職種 業種 転職先
同職種 同業種 SIerのプログラマー
SESのプログラマー
派遣のプログラマー
異業種 Webエンジニア(Web系のプログラマ)
フリーランスエンジニア(IT個人事業主)
社内SE
異職種 同業種 SE(システムエンジニア)
営業(SIer、SES、派遣)
ITコンサルタント
異業種 おすすめしない

以降では各転職先の解説をしていきます。

SIerのプログラマー

SIerのプログラマーは業務用システムの開発がメインとなります。

Windowsや組み込み系、iOS、Android上で動くシステムを作ることが多い職種です。

基本的にBtoBの業界ですので仕様が複雑になる傾向がありますが、その分やりがいはあるでしょう。

SESのプログラマー

SESとは自社ではシステムを開発せず、他SIerのプロジェクトにエンジニアを派遣することを業務としています。

いわゆるSE専門の派遣会社です。

派遣と言っても作業場所がクライント企業という程度で、指示系統は雇用されている企業のため派遣と比べ労働環境は良い傾向となります。

ただしどのような仕事をするのかはプロジェクト次第で変わりますので、炎上プロジェクトに入ってしまうこともあります。

派遣のプログラマー

やることはSESとはほぼ変わりませんが、こちらは雇用形態が異なります。

SESは指示系統が雇用元であることに対し、派遣は指示系統が派遣先です。

派遣会社は派遣社員が劣悪な労働環境にならないように配慮してくれるので安心して働けるので安心して良いものの、契約期間がありますので契約終了を不安に感じる方も多くいます。

Webエンジニア(Web系のプログラマー)

Webサービスの開発をメインに行います。

開発した内容が事業に直結するためやりがいを感じるでしょう。

営業・マーケッター・デザイナーと対等に仕事をするため、厳格な仕様書やレビューはなく、スピード優先で対応するケースが多いです。

設計〜実装・テストの一連を担当するため技術力があがるのもメリットです。

フリーランスエンジニア(IT個人事業主)

個人事業主として独立してフリーランスとして仕事を受注するエンジニアです。

在宅で仕事をすることもあれば、客先常駐で開発することもあります。

ある程度の規模の企業だと資料の持ち出しが制限されることが多いので常駐の方が多い傾向があります。

信用を得て在宅での開発が許されることもあります。

そのため転職直後は在宅案件はないと考えたほうが良いでしょう。

フリーランスエンジニアは会社から雇用されない点でデメリットも多くあります。

筆者が経験してきた注意点をこちらの記事でまとめていますので独立に興味がある方は事前にご確認ください。

社内SE

会社内のITを推進するのが主な業務です。

業務や管理を円滑にするために社内システムの開発をメインで行います。

SEのなかでも勤務時間が安定しているので人気の職種ですが、多数の社内SEを抱える企業は少なく、転職者どうしの競争は激しいです。

SE(システムエンジニア)

システムを構築するにあたって要件定義、基本設計、詳細設計を行います。

システム開発においては上流工程を担当しますが、下請けSEになるとプログラミングも担当することがあります。

上流工程を担当することで市場価値がぐっとあがります。

プロジェクトマネジメントができるようになると年収1,000万円も夢ではありません。

営業(SIer、SES、派遣)

システム開発の案件を受注するのが業務となります。

下請けや直接受注など複数の商流があります。

受注金額が低すぎると炎上プロジェクトになるため、正確な用件のヒアリングと見積もりが必要となります。

そのためSEと一緒に提案書を作る必要があり、プログラミング経験があれば有利となります。

ITコンサルタント

企業に対してどのようなシステムを構築したほうが業績や業務を改善できるのかを提案するのが仕事です。

SEからステップアップしてコンサルタントになることもありますが、最初からコンサルタントとして雇用している企業もあります。

プログラマーの転職先の選び方は職種と業界で決める

プログラマーの転職先の選び方は職種と業界から検討すると候補が見えてきます。

プログラミングの職種を活かすかどうか、SIerなど現在の業界と同じにするか否かで考えるということです。

注意点として、スキルや経験を全く活かせない異職種と異業界の組み合わせはおすすめできません。

なぜなら新卒採用と比較され年齢の部分で不利となることが一般的だからです。

具体的な職種や業界の組み合わせは下記となります。

同職種・同業界

「同職種・同業界」は最も転職しやすい組み合わせです。

プログラマーとして基本的な知識や経験をもって転職するため、転職してすぐ即戦力として活躍できるからです。

転職の方向性に迷っている方にはおすすめです。

同職種・異業界

「同職種・異業界」は、よくある転職の組み合わせです。

こちらもプログラマーとしての経験を活かせるという観点からは、転職を有利に進めることができます。

プログラマーとして働くことは合っているものの、労働環境を変えたいと考える方にはおすすめの組み合わせです。

異職種・同業界

「異職種・同業界」も比較的活躍できる転職の選択肢といえます。

職種が違えど業界独特の知識や経験が役に立つため、転職活動を有利に進めることができるからです。

業界自体は自身に合っていると考える場合にはおすすめの組み合わせといえます。

異職種・異業界

「異職種・異業界」はあまりおすすめの組み合わせではありません。

未経験からのスタートであることから、年収が下がってしまう可能性が高いからです。

そのため異業界への転職はかなりのこだわりがある場合でなければ避けて方がよいでしょう。

求人探しはITエンジニアに特化した転職エージェントの利用が有利

プログラマーとしての経験がある場合は、ITエンジニアに強い転職エージェントを利用すると有利に転職活動を進められます。

というのも、プログラマーは専門性の高い職種であるためスキルや経歴を正しく評価できる転職エージェントは少ないためです。

IT人材に特化した転職エージェントを利用することにより、キャリアを正当に評価してもらいやすくなるでしょう。

さらにIT人材が不足する中でDX化により各社IT人材を求めており、思ってもいない求人の提案をもらえる可能性もあります。

ITエンジニアは全職種の中で1番求人倍率が高い状況で、求人を選べる立場です。

転職エージェントの利用にあたり完全無料で利用できスマホからでも1〜2分でかんたんに応募可能です。

以降では当サイトで人気のIT転職エージェントを紹介していきます。

1位:マイナビIT AGENT

国内最大級の転職サイト「マイナビ」が運営する転職エージェントで、転職に関するノウハウの多さは群を抜いています。

非公開求人が豊富でマイナビIT AGENTでしか出会えない企業も多数あります。

また、案件数が多いだけでなく、エージェントの質も高いと評判となっています。

マイナビIT AGENTは、そのマイナビAGENTの中でもIT業界に特化したエージェントサービスで専門のキャリアアドバイザーが在籍、IT業界の専門用語にも難なく話すことができるので安心して利用できます。

>マイナビIT AGENTはこちら

2位:レバテックキャリア

レバテックキャリアはIT業界で転職したいのであればとりあえず登録しておきたいエージェントの1つでしょう。

元からIT業界に特化したエージェントとして数多くの転職実績を残しています。

一人ひとりのキャリアアドバイザーが持つ業界知識の豊富さはエージェントの中でもトップクラスで、希望者の希望や要望をしっかりと吸い上げ、その人の性格や志向に合わせた最適な企業を提案してくれます。

企業訪問を繰り返すことで社風やプロジェクトの進め方、上司の人柄まで把握しており、転職希望者とのマッチングが非常にうまいエージェントです。

>レバテックキャリアはこちら

3位:TechClipsエージェント

IT専門のエージェントはそこまで多くありませんが、TechClipsエージェントはその中でも高収入・高待遇案件だけを取り扱う異色のエージェントです。

年収500万円以上の案件が全体の82%を占めており、経験・技術に自信がある、高収入を目指したいエンジニアに人気です。

高収入を狙うのであればおすすめのエージェントです。

>TechClipsエージェントはこちら

まとめ

IT業界に属している人間であれば、デスマーチだらけの企業には絶対に入りたくないでしょう。

プログラマーはデスマーチの最前線で戦うことになるので、その傾向はより強いです。

プログラマーという仕事はその性質上、SEへのステップアップも可能な職種です。

もし、現職プログラマーであればその知識と経験を活かしてSEやITコンサルタントになるのもおすすめです。

転職は人生の大転換点ですので、後悔のない転職にしたいのであれば、かならずエージェントを活用してください。

一人では分からない情報、客観的なアドバイスをたくさんもらえるのでスムーズな転職活動をサポートしてくれる強力な助っ人になるでしょう。