※マイナビ等のプロモーションを含みます

IT業界に転職する方法とは?未経験可のおすすめ職種やコツを紹介

IT業界に未経験で転職しやすいおすすめ職種はどれ?

本記事では成長産業で柔軟な働き方のIT業界に未経験で転職する方法を紹介していきます。

IT業界ではポテンシャル採用が多く、未経験であっても一定の素質があれば採用される職種が多くあります。

一方でWebエンジニアなど経験者でなければ採用されにくい職種もあるため、本記事を読みIT業界への転職をスムーズに進めてください。

IT業界に転職する方法

IT業界では激しい人で不足となっており経験者の採用は難しく、未経験者でもIT業界へ転職できる状況です。

実際、筆者は面接官として何名も未経験の方を採用してきました。

ただし、IT業界ではポテンシャル採用が中心であるため未経験であったとしても入社後に活躍できる見込みがある方のみの採用となります。

例えば、具体的な仕事内容を理解していない方に「IT業界に転職したいです」と熱烈にアピールされても内定はでないでしょう。

そのため、仕事内容を具体的に把握したり自分の価値観を客観視しておく必要があります。

ここでは、未経験でもIT業界へ転職する方法とコツを紹介していきます。

まずは情報収集から始める

まずは情報収集から始める

転職経験が豊富な方であれば良いですが、大体の人は転職が初めてです。

そういう場合は転職アドバイザーに相談してみましょう。

転職アドバイザーであれば、「その企業の風土や職場の雰囲気が自分にマッチしているか」

「どうすれば自分が企業から求められる人材に見えるか」

など適切なアドバイスをしてくれます。

また、コミュニケーション力に不安がある場合は、面接での受け答え方法もアドバイスが可能です。

行動して結果を作る

行動して結果を作る

思い立ったら行動することが大切です。

転職というのはよりアグレッシブに行動できる人が勝ちます。

行動できない人は転職難易度が上がってしまうことを覚えておきましょう。

悩みがあるのであれば転職アドバイザーに相談したり、興味のある企業については研究してみたりしましょう。

仕事で必要なスキルや資格について勉強し、行動している内に自分の思考が整理されていきます。

目標や希望が明確になれば、志望動機も明確に見えてくるものです。

逆に未経験からITエンジニアへの転職で失敗しやすいポイントは下記の記事にまとめられていますので合わせてご覧ください。

未経験からエンジニアに転職!面接でキャリアプランを伝える方法を紹介 |  Geekly

IT業界の分類と未経験でも採用される職種

IT業界は大きく、ソフトウェア業界、ハードウェア業界、情報処理サービス業界、インターネット・WEB業界、通信インフラ業界の分類があります。

各業界ごとに未経験から転職しやすい職種があります。

同じ職種名であっても役割や未経験からの転職の難しさが大きく変わってきます。

例えば、SIerでのプログラマーは未経験からなりやすいですが評価は低い傾向です。

一方でWeb業界では未経験からプログラマーになることは難しいですが評価は非常に高い傾向です。

興味ある業界からチェックをしていきましょう。

SI業界

SI業界とは、システムを請負開発する企業(SIer)によって成り立っている業界です。

代表的な企業に富士通やNTTデータ、日立やNECがあります。

大規模な開発が中心であるため、大量のプログラマーが必要な業界です。

機能の要件や基本設計は上流工程を担当するSE(システムエンジニア)が行っているためプログラマーはコーディングするだけといった役割となっており未経験でもエンジニアになりやすい業界です。

未経験から転職しやすい職種としては下記が挙げられます。

コンサル業界

コンサル業界はITを手段として企業の経営課題を見つけ改善を提案・実施する業界のことです。

代表的な企業にアクセンチュアやIBM、野村総合研究所などがあります。

未経験からコンサル業界への転職は第二新卒以外は厳しい業界です。

未経験から転職したい方はエンジニアや営業、業界知識を深めてから挑むようにしましょう。

 

各種企業の社内SE

社内SEは企業の情報システム部門やITを活用した経営戦略の実行を担うITエンジニアです。

仕事内容は各企業における社内SEの役割によって大きく違ってきます。

社内SEを経営戦略に組み込む企業もあれば総務部などの間接部門の1部門でパソコンなどの端末管理が中心の企業もあります。

大手で保守管理などのルーティン業務であれば未経験でも募集されています。

Web制作業界

Web制作業界はホームページを制作・運用する企業によってなりたっている業界のことです。

企業がホームページを運営していることは当たり前ですし、内容やデザインが陳腐化していくためリニューアルも多くあります。

大手企業はもちろん、中小企業や個人事業主が活躍する業界です。

プログラミングも、WordPressのカスタマイズ程度であるためそれほどスキルが求められることもなく始めやすい職種が多い業界でもあります。

未経験から転職可能な職種としては下記が挙げられます。

組み込み・制御システム業界

組み込み・制御システム業界は、自動車や家電、産業機械に組み込みむコンピューター(半導体、マイコン)で処理するシステム開発企業が属する業界です。

代表的な企業には三菱電機やデンソーテクノ、トーテックアメニティなどがあります。

開発環境が特殊であるため勉強しづらい反面、実物を制御できる面白さがあります。

今後はロボット産業も伸びていくと思われるため、要注目の業界です。

未経験から転職可能な職種はプログラマーとなります。

Web業界

Web業界は、インターネットを利用したサービス提供を行なっている業界です。

スマホアプリやメディア運営、SaaSなどのテック企業が該当し、活動盛んな業界です。

代表的な企業には、楽天やヤフー、スマートニュースやクックパッドがあります。

少数精鋭で開発を行うため、未経験でITエンジニアになるのは厳しい業界です。

一方で、下記の職種は未経験から転職しやすく狙い目といえます。

ゲーム業界

ゲーム業界は、スマホゲームやコンシューマーゲーム機で動作するゲームの開発・運用を行う業界です。

代表的な企業には、任天堂やCygames、GREEなどがあります。

ゲームはオンラインで遊ぶことが一般的となっており、24時間365日楽しめるよう運用・保守を行なっています。

研修制度が整っていたり、スキルや経験の低い方でも業務をはじめやすいテスターの職種があり、未経験でも始めやすい環境が整っています。

未経験から転職しやすい職種は下記でとなります。

データセンター業界

データセンター業界はサーバーと呼ばれる集中管理するコンピューターを設置する施設を運営する企業が属する業界です。

データセンターに設置したWebサーバーやデーターベースサーバーを貸し出して収益を立てています。

代表的な企業にはIIJやさくらインターネットがあります。

地盤が固く、都市圏から近いエリアに多く、最近では千葉県の印西市がGoogleなどの企業誘致に成功しています。

未経験から転職しやすい職種は下記となります。

【IT業界へスムーズに転職するコツ】

IT業界は規模や種類によって働き方やキャリアが大きく変わるため、情報収集が大切です。

「未経験でもできるか?」「スキルがつくか?」と悩んでいる場合は、まずはIT転職エージェントに相談して進め方を決めるのも良いでしょう。

特に転職エージェントでは多くの人の退職・転職を見ているため、キャリア相談はもちろん、希望にあった求人紹介も具体的にアドバイスしてもらえます。

特にマイナビIT AGENTは、IT専門で担当者が詳しく、さらに無料で相談できます。

また条件の良い大手求人は非公開求人になっている場合も多く、今のうちに登録をしておくことで見逃さずに済みます。

合わなければすぐに退会できるため、気軽に登録してみましょう。

>マイナビIT AGENTの無料キャリア相談はこちら

IT業界で採用されやすいおすすめ職種

IT未経験から転職しやすいおすすめ職種は、未経験OKの求人が多い、教育環境が整っている、手順化されている、段階的にスキルアップができキャリア形成に失敗しづらい仕事です。

ここでは、IT業界で未経験から転職しやすいおすすめ職種を紹介していきます。

システムエンジニア

システムエンジニア(SE)とは顧客が求めるシステムの開発を請け負って開発するITエンジニアのことです。

お客様の要望をシステムの要件に落とし込み、画面イメージの作成や運用のワークフローを計画・提案・実施します。

SI業界では工程で分業しているため、未経験でもはじめやすい職種です。

プログラミング技術を覚える必要はありますが、スキルと経験に伴い役割がどんどん変わる魅力的な仕事です。

キャリアップすることにより、プロジェクト運営を任され、顧客との仕様調整やスケジュール管理、人員管理などチームで行う仕事になります。

必要スキル

  • 相手の要望を聞き出すコミュニケーション能力
  • 要望に合わせた機能を提案できる分析力とITシステムに対する深い知識
  • 論理的思考力
  • プロジェクト管理能力

未経験可の業種

SI業界

プログラマー

アプリケーションやWEBサービス、パッケージ製品の処理をプログラミング言語を用いて記載していく仕事がプログラマーです。

SI業界からWEB業界まで非常に多くのプログラム言語を扱う人や、少ない言語を極めたエキスパートもいます。

スキルも身につくため、将来独立を考えている方にもおすすめです。

必要スキル

  • プログラミング能力
  • 論理的思考力

未経験可の業種

SI業界、社内SE、組み込み・制御、WEB製作会社、WEB業界、ゲーム業界

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアの仕事はシステムやオフィスのネットワークを設計・構築・運用・監視する仕事です。

未経験の方は保守フェーズの監視業務から始めることが一般的となります。

監視業務とはシステムのネットワークが問題なく動いているか確認する仕事です。

もしトラブルが発生したときは事象から原因を切り分けして問題へ対処します。

必要スキル

ネットワークエンジニアの場合は「CCNA」という資格を取得することで未経験からITエンジニアになれます

初心者が業務をするにあたりプログラミングスキルほど広範囲な知識を求められません。

また、技術の遷移もプログラミングより遅いためプログラマーよりはエンジニアになりやすいと言われます。

CCNAはスクールに通うことでほぼ取得できるため確実にITエンジニアになりたい方におすすめの職種です。

未経験可の業種

ネットワークエンジニアとして働ける業種はSI業界、データセンターとなり幅広くはありません。

ただしCCNAを取得すれば求人は未経験でも多くあるため未経験からなりやすいITのお仕事と言えるでしょう。

IT営業

IT営業はシステム開発の受注や自社サービスの販売、サービス拡大のための企画を行う職種です。

SI業界やWEB制作会社であれば顧客の要件をヒアリングし適したシステムやサイトを提案します。

WEB業界であれば自社サービスを販売したり、事業拡大するために協業(アライアンス)を提案します。

とくにWEB業界ではThe Modelと呼ばれる営業活動のプロセスを取り入れ、分業化が進んでいるため未経験者でも入りやすいでしょう。

分業されている分だけ、ノウハウや作業マニュアルが進んでいるためです。

そのためマイナビIT AGENTといったIT専門の転職エージェントに相談し、「The Modelが取り入れられているIT営業求人を教えてください」と伝えると未経験者でも活躍しやすい職場が見つかるでしょう。

必要スキル

コミュニケーション能力、企画力、提案力・プレゼンテーション能力

未経験可の業種

SI業界、WEB製作会社、WEB業界、データセンター

Webマーケティング・Webプロモーション

自社のアプリケーションを多くのユーザーに知ってもらうために、宣伝、広告する職種です。

Googleの検索結果上部や記事中に出て来るバナー広告を誰でも見かけたことがあるのではないでしょうか?

他にもTwitterやインスタ、LINEなどのSNS広告も有名です。

これらのプラットフォームに広告を配信する仕事です。

具体的な仕事内容は掲載位置を決め、訴求文やバナー画像を決めて掲載します。

掲載した結果の広告の反応(クリックや申込み)とその費用を見ながら、

訴求文の変更や掲載位置の見直しなどを行っていく仕事です。

Web広告に強い企業になると数千万円〜数億円の予算を使う企業もあり非常に影響力の大きい仕事とも言えます。

必要スキル

  • 市場分析能力
  • SEO
  • PPC運用
  • SNS企画・運用スキル

未経験可の業種

WEB業界

学び方

Webマーケティングは規模が大事です。

小規模であれば得られる実績・ノウハウはわずかです。

筆者は数億円を広告費に使う事業会社にいました。

そこでは小規模な企業のWebマーケッターが即戦力で活躍している人はいませんでした。

大手企業に未経験で入社して覚える方法もありますが、日々 数百万円を運用するプレッシャーも相当高いです。

【IT業界へスムーズに転職するコツ】

IT業界は規模や種類によって働き方やキャリアが大きく変わるため、情報収集が大切です。

「未経験でもできるか?」「スキルがつくか?」と悩んでいる場合は、まずはIT転職エージェントに相談して進め方を決めるのも良いでしょう。

特に転職エージェントでは多くの人の退職・転職を見ているため、キャリア相談はもちろん、希望にあった求人紹介も具体的にアドバイスしてもらえます。

特にマイナビIT AGENTは、IT専門で担当者が詳しく、さらに無料で相談できます。

また条件の良い大手求人は非公開求人になっている場合も多く、今のうちに登録をしておくことで見逃さずに済みます。

合わなければすぐに退会できるため、気軽に登録してみましょう。

>マイナビIT AGENTの無料キャリア相談はこちら

IT業界で求めらられるスキルとマインド

IT業界は変化を楽しめるマインドや自ら考え行動する主体性と地頭、行動力が求められます。

変化の激しいIT業界では、ニーズの変化・技術革新・競合により経営方針やサービスのあり方が随時変わります。

その背景を理解しつつ変化を楽しめる方でなければIT業界では活躍できません。

また、変化が多いため組織や業務手順も随時変わりマニュアルがありません。

自ら目的を達成するために最短の手段を考え行動する地頭と行動力がIT業界では求められます。

IT未経験が転職する際に評価されるポイント

 IT未経験が転職する際に評価されるポイント

人材不足で未経験であっても積極採用するIT業界ですが、内定を出すにあたり注意深く評価をします。

評価ポイントは入社後に急成長し活躍しうる人物かどうかです。

そのための「意欲が高く、入社後も自分で学び成長できる人物か?」という主体性と伸び代を評価しています。

分かりやすく評価されるためにも過去の未経験からの挑戦に対しどんな成長や成果を出したかを伝えられるようにしておきましょう。

実際に筆者は大手IT企業の採用に関わっていましたが、上記のような方は高い確率で内定を出していました。

逆に言えば、受け身の方や意欲が低い方は採用されにくいです。

ここでは、未経験でIT業界の選考を受けたときに評価されるポイントを紹介していきます。

志望動機の強さ

未経験での転職であるため、入社後に急成長してもらうためには本人が勉強するなどの主体性の強さが重要です。

そのモチベーションの源泉となる志望動機の強さは書類選考と面接において重要となります。

ただの興味本位で応募したと選考官に思われたら確実に落ちます。

なぜその職種に応募したのかを多角的に伝えられるようにしてください。

過去・現在・未来の観点や強み・弱みからなど様々な視点でその職種を選んだ動機を語ることができると内定率は高まるでしょう。

逆に「将来性を感じて選びました」といった誰でも伝えられる奥深さのない理由は落ちます。

主体性の強さ

IT業界では、トレンドの変化が激しいため主体的に発信・活動する主体性の強さが評価されます。

自ら課題意識を持ち、周囲に伝えたり行動できる方が評価が高いのです。

逆に、言われたことだけを行う方は非常に評価が悪いと言えるでしょう。

入社後の教育体制に期待する方が多くいますが、主体性の点で評価を落とす選考官がいることを把握しておきましょう。

具体的な事例と実績を数字で語られるようにすることで主体性の強さが増します。

ぜひ積極的な態度で受け答えをしてください。

企業理念・方針に共感しているか?

ベンチャーやスタートアップ、Web系のようなIT業界を狙う場合は企業理念への共感が評価ポイントとなります。

なぜなら、ベンチャーやスタートアップ、Web系では少数精鋭で事業を運営しているため同じ価値観に基づいていないと団結力が出ないためです。

IT業界は外部環境によって絶えず方針が変更されますが、企業理念に共感していない方はその度に異を唱えるため、ペースが悪くなってしまいます。

そのため、応募企業の企業理念や社長メッセージなどは必ずチェックをしておきましょう。

志望動機の作り方は下記の記事も合わせてご参考にしてください。具体的な手順が紹介されています。

「IT業界を選んだ理由」の回答例を未経験・経験者ごとに紹介 | Geekly

IT未経験におすすめな企業の選び方

IT未経験におすすめの企業の選び方は、転職に失敗しづらい企業を選ぶことです。

例えば、零細企業の場合は転職後に十分なレクチャーを受けられず初めてのIT業界に挫折する可能性もあります。

また、IT業界ではオーナー社長が多いため社長と相性の悪い企業に入ると、企業文化に馴染めず再転職する方もいます。

このような注意点を考慮しながらIT未経験の方におすすめな企業の選び方を紹介していきます。

教育制度が充実している企業を選ぶ

未経験でIT業界に転職する場合は教育制度が十分に整った企業を選びましょう。

未経験で就社したにも関わらず放置され自力で学ぶことを求める企業が多いためです。

特に人員が少ない零細のIT企業では十分に教育を受けられないまま現場に入り、ストレスフルな働き方になりやすいです。

そのため未経験でIT業界に転職する場合には教育制度が整いやすい規模の大きい企業選びがおすすめです。

経営者の考え方に共感できる企業を選ぶ

オーナー社長の多いIT企業では新しい企業が多く、社長人格が社風に出やすい傾向にあります。

もし社長と考え方が合わない場合は企業の社風にも馴染めず、短期間で転職する可能性が高くなります。

企業ホームページや代表のSNS、転職エージェント、面接を通して社長の考え方や人柄をチェックし共感できるか確認しておきましょう。

業界シェアの高いIT企業を選ぶ

スキルや経験を積みやすい業界シェアの高いIT企業を選びましょう。

やはり、業界シェアが高い企業は利益が多い企業も多く、幅広い施策をお金をかけて実施できます。

利益の低いIT企業と比較すると同じ在籍期間でも施策内容が全く違い、スキルや経験に大きな差が出てきます。

業界シェアが高いIT企業を選ぶことによって、自分自身の成長率を大きくアップさせることができるでしょう。

20代未経験でIT転職する方法

20代であれば未経験であってもIT転職は可能です。

IT業界では人手不足のため未経験者であっても積極採用しています。

20代であれば比較的、未経験からIT業界へ転職しやすいものの若いと有利な点は理解しておきましょう。

ここではIT未経験の20代が転職する方法を紹介していきます。

IT未経験可の求人に転職する

IT未経験可の求人に転職する

IT未経験可の求人に応募してIT業界へ転職する方法が一番の近道となります。

大手や教育制度が整っている企業では、積極的に未経験者を採用し仕事を通じて教育する仕組みができています。

実際、富士通などの大手SIerでは文系・未経験者を新卒で採用しています。

未経験でも、入社後の研修で開発スキルを覚えることができます。

同様に中途でも入社後のプログラミング研修でスキル習得できる企業があります。

このような求人はIT転職に強いマイナビIT AGENTといった転職エージェントに相談することがおすすめです。

知名度の高さから集客に積極的な大手の求人が集まっており、待遇はもちろんキャリア形成にも有利になるでしょう。

IT未経験可の求人に転職する

特に最近では未経験での採用により積極的になっているため、いまがチャンスと言えます。

ただし求人の案内は早い者勝ちの面があるため、少しでも興味があるかたはすぐに登録・相談をおすすめします。

プログラミングスクールでスキルをつけてから転職する

プログラミングスキルを身につけることで、業務未経験であったとしてもより転職しやすくなります。

やはり、IT業界では覚えることが多くありITに関する基礎知識がなければ習得に苦労します。

事前に知識や一定のスキルがあるだけで、企業側は安心して採用しやすくなります。

さらに、時間と費用をかけて学ぶことも企業から見ると本気度が伝わってきて好感が持てます。

もしプログラミングスクールを検討する場合は「DMM WEBCAMP エンジニア転職」といった転職保証付きのスクールを選ぶことをおすすめします。

もし、転職できなければ受講料は「全額返金」のためお金に関するリスクがなく取り組みやすいでしょう。

その分、スクールも真剣に教えてもらえます。

プログラミングスクールでスキルをつけてから転職する

受講枠は限られていますが、無料でカウンセリングを受けることができます。

「自分でも学ぶことができるのだろうか?」といった方は相談することで事例の紹介や転職先を教えてもらいましょう。

まとめ

未経験可の求人が多いとは言え、何も準備せずに飛び込むのは無謀というものです。

転職エージェントやスクールを上手く活用し、自分の思い描いたキャリアパスを実現させるさ準備が大切です。

とくに、転職エージェントが持つ第三者情報はブラック企業を避けるための予防策にも有効です。

年齢はやはり若いほうが成功確率は上がります。

思い立ったのであればすぐに行動!が転職成功の秘訣と言えるでしょう。

参考:ITコンサルの仕事内容とは代表的な3つの案件を徹底解説