IT土方とは?低賃金で長時間労働の仕事内容と回避方法を徹底解説

PR
IT土方とは?低賃金で長時間労働の仕事内容と回避方法を徹底解説

IT土方とはなに?と単語に不安を感じていませんか?

筆者は大手SIerに在籍し、IT土方を経験したり目の当たりにしてきました。

回避方法も紹介していますので、もしSI業界のSEやプログラマーの方は必ず一読してください。

IT土方とは

IT土方とは

IT土方とはシステム開発における多重請負構造の末端で作業する低賃金で長時間労働を行うITエンジニアをを指します

建築・土木の多重請負構造で、末端の現場作業員で働く人の比喩表現として土方が用いられています。

システム開発の現場ではITゼネコンと呼ばれる多重の下請け構造があり、末端に行くほど単価も裁量権も下がり低賃金で単純作業を長時間提供する傾向にあります。

安い単価でとにかく働いてくれればよいので、差別用語でもある土方を用いてIT土方と揶揄されています

比較的、専門スキルがない方も担当できる仕事が多いため、未経験からITエンジニアになりたい方にはおすすめの仕事です。

一方で、IT土方はスキルアップ・給与アップというキャリア形成という観点では脱出するために転職が必要となるでしょう。

IT土方とよく似た表現としてデジタル土方という用語もあります。

IT土方の仕事内容

IT土方の仕事内容は低スキルで単純作業の仕事がメインとなります。

ウォーターフォールモデルにおける下流工程となり、詳細設計書どおりにプログラムをパンチする作業やシステムの監視業務、テスト作業、データ整理、マニュアル作成、プリンターの給紙などがあります。

特に大規模プロジェクトにおいてはプログラムを記述しテストする作業量が爆発的に大きくなるため、プロジェクトルームに多数のプログラマを配置し開発・検証を行います。

プロジェクトが遅延をするケースも多く残業や休日出勤が続き、追加増員による密集化が進むため「きつい」「帰れない」「給料が安い」といった3KがIT土方を形容しています。

人材の替えが利きやすいため、低単価の仕事が中心となるだけでなく一定以上のスキルがつきづらいためキャリアップもしにくくなります。

SI業界においてプログラマーはIT土方

SI業界においてプログラマーはIT土方

プログラマーは若者に人気であるものの、SI業界においてはIT土方の扱いが多い職種です。

それは、プログラミングはできて当たり前のスキルであり、設計や要件定義、プロジェクト運営といったより高度なスキルをもったSEがプログラマーを支持するヒエラルギーがあるためです。

プログラマーはプログラミング作業はしますが設計書に基づいてコードを書くため、高度なプログラミングスキルを求められず単調な仕事になりがちです。

極論を言えばプログラマーは設計書に書かれている内容をプログラムするだけで、難易度の高い業務ではありません。

実際、職業訓練でプログラミングを学んだパートの方を集めてコーディングをしている現場もあります。

納期までにシステムを完成させるため、とにかくプログラミングやテストをすることがプログラマの仕事です。

※プロジェクトによっては高いスキルを持つプログラマーを必要とすることがあるため全てのプログラマーがIT土方というわけではありませんのでご注意ください。

IT土方とデスマーチの関係

IT業界には「デスマーチ」と呼ばれる時期があります

これはプロジェクトが遅延するなどの理由で、多忙な日々を強いられることを指しています。

システムの開発は何らかの理由で遅延することがあります

しかし、仮に遅延しても納期は変動しないことが一般的です。

そのため残業や休日出勤などをして遅延をカバーする必要が出てきます。

遅延を定時時間外の作業で賄う必要があるのです。

プロジェクトにおいて、このような事態が発生するとデスマーチに該当します。

デスマーチが発生した場合、プロジェクトマネージャーは遅延を解消する方法を考えます。

解消法の例には以下のようなものがあります。

  • 人員を増やして人海戦術で乗り切る
  • 顧客から叱られてでもプロジェクトのスケジュールを変更してもらう
  • 納品の品質を下げてとにかく一旦は納品する

どの選択肢が良いとは一概に言えないものばかりが挙げられます。

この中もIT土方が絡んでくるのは「人海戦術で乗り切る」場合です。

プロジェクトには予算があります。

人海戦術をしようにも、予算が決まっているため想定外の費用は可能な限り使わないようにしなければなりません。

そこで人員の候補に上がるのはIT土方です。

IT土方は一般的に仕事をしたときの単価が低いです。

つまり、人海戦術をするにあたり安価で人を増やせるのです。

プロジェクトマネージャーからすると、安価で人員を増やせることはデスマーチ脱却のチャンスです。

そのためIT土方を提供する企業に人員の増員を依頼します。

依頼された側もIT土方を使ってもらえると企業の売上が上がります。

そのため安価な単価でも仕事を断ることがありません。

その結果、デスマーチを迎えているプロジェクトにIT土方は投入され、過酷な環境での仕事を余儀なくされます

未経験からIT転職するならプロに相談!

IT業界に未経験から転職したいと言う方は、1人で悩まずにIT業界に精通した転職のプロに相談することをおすすめします。

実は労働環境の悪い未経験向けのIT求人も多く、IT業界未経験者ほど見極めるのが難しいためです。

IT業界に詳しく企業の内情まで知っている転職エージェントなら劣悪な企業を排除したうえで転職者の今後のキャリアに繋がる提案をしてもらえます。

特に、IT業界未経験者におすすめの転職サービスはマイナビIT AGENTです。

マイナビIT AGENTに相談することでIT業界を知り尽くした転職のプロがあなたに合ったIT求人を提案してくれます。

未経験者向けの優良求人も豊富で、業界の知識や企業ごとの対策も実施してくれます。

ただし、人気の未経験求人は数に限りがあるため、機会損失を防ぐためにも少しでも早く行動しましょう。

完全無料で利用できるため、IT転職について悩んでいる方はぜひ相談してみてください。

>マイナビIT AGENTの無料相談はこちら

IT土方の年収は100〜350万円

IT土方の年収は100〜350万円

厚生労働省の調査によると20-30代のIT産業の平均年収は413万円です。

そして、IT産業で働いている人の下位25%をIT土方だと仮定します。

すると、同じ調査よりIT土方の年収は100万円から350万円です。

まずIT土方の年収には大きな開きがあり、100万円と350万円では3倍以上の差があります。

働いている企業によってIT土方でも処遇が大きく異なることが読み取れます。

ただ、350万円であっても、IT産業の平均年収である413万円には届いていません。

つまりIT土方は発展しているIT産業の中でも、平均年収以下しか貰うことができないポジションでなのです。

また、年次が上がっていても下位25%の年収は450万円程度が上限となっています。

つまり40代や50代になっても年収が上がらないのです。

IT土方で働いていると年収が上がらないまま年齢だけが上がってしまいます

IT土方の末路とは

IT土方の末路は「安売り人生」です。

なぜならIT土方にはスキルが求めらず作業を求められるためです。

とにかく馬車馬のように仕事をしてくれる人だけが求められています。

逆に言えば、仮にITスキルがある人材でもそのスキルが正当に評価されません

安い単価で働かざるを得なくなってしまいます。

IT土方であれば年齢を重ねても若手と比較され、きつい将来が待ち構えているでしょう。

その状態は働く側にとって非常にもったいないことです。

IT土方である以上安売り人生ですので、それを避けるためにも転職を決意しなければなりません

次の章ではどのようにIT土方を脱出すればよいのか紹介していきます。

IT土方の回避方法

IT土方の回避方法

IT土方に該当する場合には脱出することを考えなければなりません。

どのようにすればIT土方から脱出することができるのでしょうか。

IT土方から脱出するために知っておくべき3つのことをご説明します。

安い労働力で雇用する今の会社・取引先から離れる

まずは現在の会社・取引先から離れることが鉄則です。

これらの会社はスキルの有無に関わらず、エンジニアを安い労働力で雇用します。

つまり労働力を搾取して使い捨てすることしか考えていないのです。

上司、同僚、取引先と関係なくお仕事を探すことをおすすめします。

IT土方の中で仕事を探しても、それに類する仕事しか見つけられません。

IT土方で長く働いても貴重な時間を無駄に過ごす可能性が高まります。

そのため、まずは安い給料で労働力を搾取する会社からは離れることが鉄則です。

優良顧客で利益が安定する企業に転職する

IT土方を脱出するためには、優良顧客で利益が安定する企業に転職することも大切です。

利益が安定で豊富にあれば給料も高く、仕事環境やビジネスへの投資も積極的です。

より創造的で付加価値の高い仕事を担当でき、市場価値の高い人材へ成長できます。

転職する際には、利益が安定しそれを従業員にも還元している企業を選択しましょう。

具体的な企業は転職エージェントに教えてもらうのが最短

具体的にどの企業に転職すればよいのかは自分で判断できないかもしれません。

その場合には、転職エージェントに登録しておすすめの企業を教えてもらいましょう。

転職エージェントに紹介してもらうのが最短の手段です。

そもそも、私たちが転職したい企業の利益などを見ても良い企業であるのか判断するのは難しいです。

私たちは企業を評価するプロでは無いからです。

分からないことに挑戦しても時間の無駄になる場合もありますし、転職エージェントに頼るのが時間的にも最善策です。

例えば転職エージェントに「ここ数年数年で利益が安定している企業が良いです」との要望を出してみましょう。

もちろん、この他にも年収などの条件はあると思いますが、それらに加えて安定性も評価した求人を紹介してもらえます。

転職エージェントには企業の業績などの情報もあります

それらの情報から導いた結果をスムーズに手に入れることができます。

転職先を闇雲に探すのは時間がかかってしまいます

無駄に時間だけが過ぎることも少なくありません。

転職は時間との戦いでもあります。

そのため、転職エージェントに求人を紹介してもらい最短で転職を進めるようにしましょう

IT土方から脱出するために知っておくべき3つのポイント

  • 安い労働力で雇用する今の会社・取引先から離れる
  • 優良顧客で利益が安定する企業に転職する
  • 具体的な企業は転職エージェントに教えてもらう

まとめ

IT土方は誰でもできる作業を馬車馬のように対応させ続けられる過酷なポジションです。

プログラマーでありながら、もはやプログラマーの仕事をしていない場合もあります。

ITスキルが有るにも関わらず、IT土方で働くことは自分の安売りで損しかありません

特にIT土方は給料の上がり幅も少なく上限も低いです。

つまりIT土方で働き続けることに何もメリットはありません。

IT土方であると感じたのであればいち早く転職エージェントに登録しましょう。

転職エージェントに登録すればIT土方から脱出するための転職をサポートしてもらえます

また、それと同時にこれからのキャリアプランも考えてもらうことができます。

IT土方で働き続け人生を無駄にしないためにも、IT土方だと感じたらまずは脱出することに注力しましょう。