※マイナビ等のプロモーションを含みます

30代で未経験の職種への転職は厳しいか?狙える職種と異業種のススメ

30代で未経験の職種への転職は厳しいか?狙える職種と異業種のススメ

30代から未経験の職種を考えたとき、どれくらい難しいか気になりませんか?

将来性もあり比較的スムーズに転職可能な職種を知りたいのではないでしょうか。

20代と比べて劇的に厳しくなる職種未経験の転職ですが無理ではありません。

実際に、30代でプログラマーになった方を知っていますし、筆者も30代半ばの方を未経験社として採用した経験があります。

ですが実際の問題としては高年収となる職種については30代前半まで未経験職種への転職が可能な年齢の上限となります。

(※高年収とならない職種(警備員など)は40代でも転職可能です)

この記事では、職種を変えて転職したい30代の方にベストな転職を提案していきます

おすすめの職種や、年齢が高くても転職可能な業界未経験への方向性も知ることができます。

ぜひ最後までご覧ください。

30代で未経験からの転職は可能!あきらめないことが大切

結論からお伝えすると、30代の未経験でも転職は「可能」です。

終身雇用の時代は終わり、早期退職なども相次ぐ中、30代以上の転職も一般的となっています。

「難しい」だけであって「不可能」ではありません。

実際に、転職成功者の3人に1人は30代です。

30代で未経験からの転職は可能!あきらめないことが大切

参考:転職成功者の年齢調査(2017年下半期)

年齢を重ねると、合格率は下がり転職期間も伸びますが不可能なものではありません。

つまり、未経験でもあきらめずに転職の選考を受けることが、30代転職成功の第一歩となります。

ただし、テクニックはあります。

未経験で転職を成功させるためには、異業種と異職種の2つの転職の種類があることを知っておく必要があります。

  • 異業種への転職
  • 異職種への転職

異業種への転職は、持っているスキルを違う業界で活かす転職となります。

例えば、銀行員の営業の方であれば医療業界やIT業界の営業として転職することを指します。

業界未経験であっても採用されるケースが多いためまずはこちらを検討することが重要です。

異職種への転職は、職種を変える転職を指します。

例えば、営業の方がプログラマーの職種に転職することが異職種の転職にあたります。

この異業種、異職種に該当することを一般的には未経験と呼びます。

30〜35歳までの30代前半は「職種」を変えるジョブチェンジ最後の年代

35歳までの30代前半の方は未経験の職種に転職する最後のチャンスとなるでしょう。

なぜなら、30代は20代と違い即戦力を期待されているためスキルに関する育成を30代に対して行う企業がわずかなためです。

ですが、一部の企業では30代であっても職種未経験でも採用をしています。

若いほど有利ですので早く行動することが成功のポイントとなります。

30代前半の未経験でも転職可能な職種12個

30代前半の未経験でも転職可能な職種12個

転職するうえで重要なのが転職に成功したあとのキャリアプランをしっかり描けていることです。

また、転職する前段階としてスキルや資格を身につけておけば、未経験でも転職できる確率はグッと上がるでしょう。

ここでは未経験でもスキル・資格で転職が可能な職種をご紹介します。

ご紹介したいのは、次の12個です。

  • ITエンジニア
  • Webマーケッター
  • ファイナンシャルプランナー
  • 社会保険労務士
  • 中小企業診断士
  • 宅地建物取引士
  • 日商簿記
  • 公認会計士
  • 地方公務員上級・国家一般職
  • 税理士
  • 行政書士
  • ケアマネージャー

それでは一つずつ説明していきます。

プログラマー

ITエンジニアとは具体的にはシステムエンジニア(SE)やWEBエンジニア、ネットワークエンジニアなどの職種となります。

専門的な知識が必要であり、「手に職」の代表的な仕事でもあります。

一見難解な仕事であるイメージを持たれますが、近年ではスクールが充実しており、3ヶ月から6か月程度の勉強でスキルを身につけて転職することができる「狙いやすい職種」でもあります。

ITエンジニアの仕事に興味はあるけどスクールは費用が高いし、と言う方にはネットビジョンアカデミーがおすすめです。

ネットビジョンアカデミーなら完全無料でネットワークエンジニアになるための知識を学ぶことができます。

さらに、カリキュラムを修了すれば転職先まで紹介してくれるため、まさに至れり尽くせりです。

>ネットビジョンアカデミーに登録する

Webマーケッター

Webマーケッター

WebマーケッターはWebマーケティング(デジタルマーケティング)をする仕事です。

Google検索したときの上部に出てくる広告(リスティング)やブログやニュースなどの記事中に出てくる広告(ディスプレイ広告)で集客し、申込や購入を促します。

他にはTwitterやFacebook、インスタグラムなどのSNSでも広告をよく見かけるのではないでしょうか?

Webマーケッターの仕事は、インターネットを利用している見込み客がどんなプラットフォームや記事を見ているかを予想し、掲載位置・訴求文・広告費を決めて配信します。

日々の業務で広告のクリックや申し込みの反応を見ながら出稿位置や訴求文、広告費の調整を行っていきます。

IT業界は今後も成長トレンドと予想されているためおすすめな職種です。

経験者が少ないため未経験でもOKなことが特徴です。

最近ではスクールも出てきています。

特にDMM MARKETING CAMPでは幅広いプラットフォームに対応したカリキュラムでおすすめです。

企業のオウンドメディア担当やWeb制作会社、コンサルティング会社で働くことができます。

カウンセリングを受けられるため仕事内容や就職先やキャリアについて知りたい方は一度相談してみましょう。

>DMM MARKETING CAMPのカウンセリングの詳細はこちら

人気ですので早めの予約がおすすめです。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは個人や中小企業の資産運用の相談を受けたり、結婚、出産、マイホームなど、ライフプランニングのアドバイスをしたりする仕事です。

ファイナンシャルプランナーになるには「ファイナンシャル・プラニング技能検定(FP技能検定)」という国家資格を取得する必要があります。

1級~3級まであり、2級以上であれば実務レベルに対応できるとされています。

資格もしっかり勉強すれば取れる難易度であり、自分の人生にも役立つ知識がつくので女性に人気の職種です。

社会保険労務士

初回保険労務士(社労士)とは企業の社会保険、人事や労務に関するスペシャリストであり、これらに関する書類作成や申請といった事務処理、給与計算などを行います。

社会保険労務士になるには「社会保険労務士試験」にという国家試験に合格する必要があります。

受験資格に制限があり、試験合格後には2年間の実務経験、講習をクリアする必要があるなど難易度は高めですが、その分転職に成功すれば需要が高い仕事でもあります。

中小企業診断士

中小企業診断士とは経営コンサルタント向けの国家資格で、企業の経営状態を適切に把握し、コスト削減や売上を向上させるための提案をする仕事です。

高レベルの経営に関する知識から法律まで幅広い知識を求められます。

資格を取れば経営コンサルタントだけでなく、一般企業からも高く評価されるため、転職に有利に働く資格と言えます。

宅地建物取引士

不動産の取引において宅地建物取引士の存在は欠かせません。

不動産取引はその性質上、非常に高額な金額が動く取引であり、トラブルになりやすいため、宅地建物取引士が第三者として契約書類の署名や押印、契約時効の説明などを行うことになっています。

現有する国家資格で一番人気がある資格であり、不動産関係の仕事では重宝されます。

しっかり勉強すれば取れる難易度で人気がある資格です。

日商簿記

日商簿記は企業の経理や会計業務に関わるのであれば取っておきたい資格の1つです。

経理関連書類の作成、財務諸表から企業の財務体質を分析、把握できるようになる資格です。

日商簿記を持っていると経理や税務の募集で有利になる傾向があります。

2級をとっておくと実務レベルでも活躍するでしょう。

公認会計士

医師、弁護士と並んで国家資格の中で最難関とされるのが公認会計士です。

上場企業などの大企業の決算書類の監査をするのが主な仕事。

ほかにも財務諸表から経営状態を読み解き、企業に経営コンサルティングを行うこともあります。

公認会計士になるにはまず公認会計士試験に合格する必要があります。

受験項目は多岐にわたり、膨大な量の勉強時間を費やしても合格するかどうか分からないと言われているほどの難関です。

合格後も2年以上の実務経験を積み、終了考査と呼ばれる筆記試験を受ける必要があります。

地方公務員上級・国家一般職

地方公務員上級は地方公務員の中でも自治体の中でも幹部候補生として扱われ、さまざまな業務をこなしながら政策の企画・立案に関わっていく仕事です。

国家一般職は各省庁で事務処理や総合職が企画・立案した政策を現場で運用していくことがメインとなります。

どちらも大卒程度のレベルで合格できるとされており、しっかり勉強すれば狙える職種と言えるでしょう。

税理士

税理士は個人や中小企業を相手に税金や会計のサポートを行う仕事です。

税金は国民、企業すべてが関わることになるため、非常に需要が高い職業と言えます。

ただし、税理士になるには国家試験をクリアする必要があります。

難易度は会計士ほどではないものの、非常に難しいとされており、働きながらスクールに何年も通って5つの科目を一つずつクリアしていって合格する、というのが一般的なルートです。

行政書士

行政書士は各省庁や市区町村などの行政に提出する公的な書類の作成、申請を代行する仕事です。

会社の設立書類の作成や誓約書の作成、飲食店営業許可の申請などが挙げられます。

行政書士になるには国家試験に合格する必要があります。

法律にも詳しくないといけないため難易度は決して低くなく、合格率も5%程度となっています。

ケアマネージャー

ケアマネージャーは正式名称を「介護支援専門員」と呼び、介護を必要とする人へのケアプランの作成、介護士の管理を行う仕事です。

介護だけでなく、医療、福祉分野の知識も必要とされ、トータルでのマネージメント能力が求められる重要な仕事です。

ケアマネージャーになるには「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格する必要があります。

この資格は各都道府県が実施しており、受験資格として現場での実務経験が5年~10年必要とされています。

実務経験を持った上で受験するのでしっかり勉強さえすれば合格するのは難しくありませんが、その実務経験を積むまでが大変です。

36〜39歳までの30代後半は異業種を狙う

36〜39歳までの30代後半は異業種を狙う

30代後半の方は異業種の転職がおすすめです。

なぜなら異業種では求人の59%、つまり半分以上の求人が業界経験を不問として募集しているためです。

業界経験を不問

参考:未経験の業種、職種に転職できる可能性は何%?

つまり、異業種の求人を狙うことで未経験でも転職できる確率がグッと高くなります。

異業種の転職成功はキャリアの棚卸しが必須

業種を不問として未経験者の採用は、「ほかの業界でも通用するスキルや経験」、つまり特化した能力ではなく普遍的な能力が求められているということです。

一方で、

「自分の強みってなんだろう?」

「人より優れている部分はどこだろう?」

と、自分自身の市場価値を自己認知出来ていない方も多くいます。

そこで大切になるのが「キャリアの棚卸し」です。

下記を実施して、自分の強みを理解してください。

  1. これまでの仕事を全て書き出す
  2. 各仕事の役割、成果を補足する
  3. 成果を得るために苦労したこと、工夫したこと、改善できたことを追記する
  4. 上記の一連の中で、自分の強みを具体化する

手間がかかりますが、自分の強みを客観的に伝えることができないと、書類選考・面接に落ちます

もし「また今度やろう」と思っている方は要注意です。まずは転職アドバイザーに相談することをおすすめします。

面談を通して、あなたの強みをアドバイスしてくれるでしょう。

では、実際にどうやって転職活動を進めていけば良いか紹介していきます。

30代後半は異業種で活躍できる企業を探す

30代後半の方が業界未経験不問の求人を探す方法を紹介していきます。

おすすめな方法は次の2つです。

  • 求人サイトを活用する
  • 転職エージェントを活用する

求人サイトに登録して新着求人をチェックできるようにする

求人サイトはさまざまな業界の求人情報を幅広く載せています。

どのような企業が求人を出しているのかを知るデータベースとして求人サイトは非常に有効です。

また検索時に「経験不問」で絞り込むことができるので効率的に探すことができます。

求人サイトによってはスカウト機能というものがあり、登録しておけば企業側からスカウトメールが届くこともあります。

>dodaの求人一覧はこちら

転職エージェントに相談して新たなキャリアを相談する

求人サイトで情報を集めながら、転職エージェントも活用します。

転職エージェントは転職にまつわるあらゆることをサポートしてくれます。

自分の能力の棚卸し、新なキャリアプランの作成、希望条件に合った企業の提案、エントリーの代行、面接の日程調整、年収や条件面の交渉、内定後の退職の段取りまでしてくれます。

転職というのは知識がないまま手探りで進めてしまうのは危険です。

多くの人が右も左も分からないと一向に転職活動が進まずに挫折してしまいます。

上手く行ったとしても、自分が求めていない企業に就職してしまというケースもあります。

転職エージェントは企業訪問を定期的に繰り返すことで、その企業がどういう社風なのか、どのような人材を求めているのか、自分に合うのか合わないのかということを客観的に見て提案してくれるという大きなメリットがあります。

自分の経験をどのようにアピールすれば採用担当者に刺さるのか、というアドバイスもしてくれるので30代後半の転職では積極的に利用したいところです。

まとめ

転職活動をするうえで大切なのは「諦めない心」と「すぐに行動に移す機動力」です。

30代でも未経験の職種、業種への転職は可能ですので、まずは自分の現状を把握し、そこから転職サイトやエージェントへ登録していきましょう。

一歩ずつ進めていけば転職は必ず成功します。

自分一人で悩んでいるくらいならプロに相談して最短ルートで転職を成功させてください。

転職は人生の一大イベントです。

ぜひ、本稿の情報を活用し、転職を成功させてくださいね。