※マイナビ等のプロモーションを含みます

かんたんに深くできる自己分析のやり方を徹底解説

自己分析の簡単に深くやる方法を探していませんか?

実は自己分析に終わりはなく永遠と続けていくものです。

喜怒哀楽を振り返り、自分自身を見つめ続けることで自分自身の理解が進んでいきます。

まだ自己分析をしたことがない方は、これまでの人生の岐路に戻り、その時の感情や判断基準を俯瞰して見ることで自分自身を理解しやすいでしょう。

ただし、コツが必要であるため「自分自身でできない」と感じたときは転職エージェントに相談することが効果的です。

自己分析が客観的に行われるだけでなく適職も紹介してもらえるためです。

この記事では10年ほど人事を経験してきた筆者が、自己分析の目的や簡単にできるやり方を紹介していきます。

効果的な自己分析を簡単になる方法を知りたい方はぜひ最後までご覧ください。

深みのある自己分析で人生が変わる!自己分析をやる真の目的を理解しよう

自己分析をやる真の目的は、働いていく上での大きな指針を持つことです。

学生から社会人になると、毎日、忙しくも葛藤に満ちた日々を送ることになります。

「なんで、この会社に入ったんだろう」

自己分析をしっかりとしておけば、これからのキャリアについて、迷うことが少なくなります。

さらに、自己分析のメリットとして、

  • 自己を知ることで選択と集中ができる。
  • やりたくないことを避け、やりたいこと・強みの相乗効果は人生を成功に導く。

ということがあります。

もし仕事・結婚をはじめとした人生を成功させたいなら自己分析は必須です。

深い自己分析をするようにしましょう。

次は、スティーブジョブズの自己分析例から考える、好きなことを探すことの大切さについて解説します。

事例:スティーブ・ジョブズも考え続けた自己分析。ポイントは「大好きなことを探し続けること」

スティーブジョブズは好きなことを追求した結果、仕事で大成しました。

そんなスティーブジョブズの大好きなことを探し続けることの大切さについて、紹介します。

アップルを追われなかったら、今の私は無かったでしょう。

非常に苦い薬でしたが、私にはそういうつらい経験が必要だったのでしょう。

最悪のできごとに見舞われても、信念を失わないこと。

自分の仕事を愛してやまなかったからこそ、前進し続けられたのです。

皆さんも大好きなことを見つけてください。

仕事でも恋愛でも同じです。

仕事は人生の一大事です。

やりがいを感じることができるただ一つの方法は、すばらしい仕事だと心底思えることをやることです。

そして偉大なことをやり抜くただ一つの道は、仕事を愛することでしょう。

好きなことがまだ見つからないなら、探し続けてください。

決して立ち止まってはいけない。

本当にやりたいことが見つかった時には、不思議と自分でもすぐに分かるはずです。

すばらしい恋愛と同じように、時間がたつごとによくなっていくものです。

だから、探し続けてください。

絶対に、立ち尽くしてはいけません。

参考:「ハングリーであれ。愚か者であれ」 ジョブズ氏スピーチ全訳  :日本経済新聞

この事例から伝えたいポイントは次のとおりです。

  • あのAppleのジョブズも自己分析をしつづけた
  • 好きなことを探すことで仕事・人生を有意義なものにできる

ということです。

ここからは、自己分析の具体的な方法について解説します。

自己分析は終わらない。だから「今」の自分を定義して真実かを検証することが大事

自己分析には終わりがありません。

「今」の自分を定義して、真実かを検証することが大切です。

いまやりたいと思っている仕事が果たして、一生続けたい仕事なのか自問自答することをおススメいたします。

矛盾しているようですが、就職した後に価値観がガラッと変わってしまうこともありえます。

そのため、何度も「今」の自分自身を定義して、未来を考えながら自己分析を行う必要性があります。

今の自分の価値観が定義できたら知り合いに伝えてみましょう。

しゃべっている間に深みができたり違和感を覚えたりします。

ちなみに「自己分析」ができていないと30代以降のキャリアで伸び悩む方がいます。

かんたんにご紹介します。

コラム:就職と転職で自己分析のやり方は同じ。社会人転職や30代は自己分析の深みが問われる

就職と転職で自己分析のやり方は同じです。

ただし社会人転職や30代以降での転職では、自己分析の深みが問われます。

どんな人物面かを知り、求める人材像にマッチしているか吟味されるからです。

そのため、転職者は特に自己分析が必須となります。

なぜ転職したいのかを伝えときに表面的な理由では「考えが浅い」とみなされ、内定をとるには厳しいでしょう。

転職を成功させるためには面接官を納得させるだけの志望動機が必要となるためです。

仕事に対する価値観を面接官に伝えるためにも自分が成長するためにも自己分析は必須となります。

転職者は転職エージェントに相談する

上述したように、転職者は自己分析が必須だとお伝えしました。

たとえば自己分析が不十分だと転職してからの具体的な目標や、やりたい事が明確に見えてきません。

その場で考えて面接官の質問に答えるだけでは考えにもブレが出てきます。

  • なぜ働きたいと思ったのか?
  • 今後どうなりたいのか?

とった点は一貫性を持って答えられるようにしておましょう。

コツは事実に基づいたエピソードを入れることです。

リアリティーが増して採用担当者の共感を得られやすくなります。

もし転職活動と自己分析を同時に効率よく行いたいなら、転職エージェントを活用してみてください。

転職エージェントは転職希望者の支援に特化しています。

求人情報を紹介してくれるだけでなく、転職成功させるためのノウハウで自己分析の落とし込みまでサポートしてくれます。

筆者がおすすめするのは、以下の2つの転職エージェントです。

  • ハタラクティブ
  • 就職カレッジ

それぞれについて詳しく紹介していきます。

おすすめ1:ハタラクティブ

ハタラクティブは担当者によるマンツーマンカウンセリングで、自己分析のやり方をサポートしてくれます。

あなたの強みを見つけてくれるエージェントで転職成功のための手厚いフォローがありとてもおすすめです。

ハタラクティブの求人は未経験者OK求人が多く、取り扱っている職種も幅広いです。

未経験者歓迎のIT系の求人もあり、デザイナーやプログラマーといった求人もあります。

一度利用して求人情報をチェックしてみてくださいね。

>ハタラクティブに無料で相談する

おすすめ2:就職カレッジ

就職カレッジの自己分析支援は、就職相談アドバイザーが、1か月近く相談に乗ってくれます。

就職希望者がどんなことをしたいのか、社会人になってどうなりたいのかなどを徹底的に洗い出し、自己分析をしてもらえます。

ほかにも独自で開講している1週間の就職研修会があり、研修終了後には書類選考なしで20社の企業との連続面接会に進むことできます。

1週間の研修さえ受ければ最短2週間で正社員就職することが可能で、おすすめのサービスです。

>就職カレッジに無料で相談する

自己分析の目的や意義が分かりましたので、次は具体的な方法について紹介していきます。

今からできる!かんたんな自己分析のやり方3STEP

自己分析をかんたんに、すぐに行うことが出来る方法を紹介いたします。

自己分析のコツは、

  • ストレス
  • 得意なこと
  • やりたいこと

をしっかりと確認することです。

そうすることで、自分の本当にやりたいことが見えてきます。

ここからは、自己分析で大切な「ストレス」「得意」「やりたいこと」をベースにした、自己分析手法を伝授します。

ポイントは「ストレス」「得意」「やりたいこと」の3つをノートに記録すること

自己分析を行うためには、3つのポイントがあります。

  • 何にストレスを感じるか
  • 得意なことは何か
  • やりたいことは何か

上記の3つを確認することが大切です。

ストレスは避けて、得意でやりたい仕事に集中することが大切になってきます。

ここからは、自己分析を手軽かつ具体的に行う方法について解説します。

ポイント1:ストレスなことは避ける!徹底的に逃げる!

ストレスなことは避けて、徹底的に逃げるようにしましょう。

嫌いな仕事は基本的に続きませんし、必ずどこかで精神的なストレスになります。

イライラしたり、心がチクチクしたとき、ストレスを感じた瞬間をメモするようにしましょう。

記録を残すと、ストレスの正体に気が付くこともあります。

ポイント2:「得意なこと」は人より優れていることを「事実」を頼りに選ぶ

得意なことは、人より優れていることを、目の前の事実で選ぶようにしましょう。

理由としては、得意なことを事実ベースで選ばないと、人へ伝えたときに説得力がありません。

例えばコミュニケーションが得意という方は、どんな事実があるのか客観的に伝えられるようにすべきです。

はじめての人に理解されるには「事実が大切」と肝に銘じておきましょう。

また、人よりも相談されやすいというソフト面でも大丈夫です。

ただし、どれくらい優れているかは、客観的に伝えられるようにしておくようにしましょう。

具体的には、人から相談されやすいといっても、どれくらいの人数から評価されているかなどです。

数字を入れると自己分析がグッとされやすくなります。

ポイント3:「やりたいこと」は今できなくてもOK!変な遠慮は不要

やりたいことは今できなくても問題ありません。

自分自身が本当にやりたいことは、変に遠慮するのではなく、心からこれがしたいというものを選ぶことが大切です。

まだ実績がない、自信がないと考えるのではなく、自分自身の興味からやりたいことを探すようにしてください。

具体的には、本屋でついつい見てしまうテーマなどから、自分が自然と興味を持つことを選ぶなど、本当に興味のあるものを探してみましょう。

ただし「やりたい」というだけではライバルと同じです。

実際にやってみて、その結果を伝えられると最高に強いです。

これだけで内定の一歩手前に行けるくらい効果的です。

「やりたいこと」がある方は「目に見える成果・行動」をしましょう。

それだけで内定の確率は倍増します。

「やりたいこと」は勉強意欲も倍増!いまできていなくてOK!

人はやりたいことに対しては、勉強意欲が倍増します。

やりたいことを追求していけば、結果的に他の人よりも優れた専門家になり、周囲から頼られる存在になっていきます。

趣味は自分の好きなことなので、自分でも知らないうちに勉強していきます。

仕事に対する興味があれば、どんどん学んで前に進むことが可能なので、積極的にやりたい仕事を選ぶようにしましょう。

コラム:自分史を書くことで「ストレス・得意・やりたいこと」など自己分析のヒントが見つかる

自分史を書くことで、ストレス・得意・やりたいことが見つかります。

横軸に年齢、縦軸にモチベーションを設定して、人生のモチベーションの変化を見てみましょう。

モチベーションが高いとき、低いときは、どんなことがあったのかを振り返り、ストレス・得意・やりたいことを認識しましょう。

具体的には、怒られたときなのか、それとも自分自身が設定した目標に達せていないときなのかなど、どこにストレスを感じるのかなども分析してみると本当にやりたいことが分かります。

20年程度の人生経験があれば、価値観を文章にして俯瞰すれば「自分らしさ」が見えてくるでしょう。

このようにして得られた生きる方向性は強いモチベーションとなり一貫性のある社会人経験を支えるとても貴重な情報となります。

あえて言いますが、ここで面倒くさがってやらない人が非常に多いです。

就活で成功したいのであれば絶対に自分史を書き自己分析をしてください。

モチベーショングラフ

参考:“自己分析“は就活でどうして必要なの? 方法は?

自己分析は一生モノ!集中できる環境で3時間まず取り組もう

自己分析は一生モノです。

自身の成長、仕事での決断、転職時の軸・・・あらゆる面で自己分析が役立ちます。

特に新卒で社会人になるときには、なぜ自分はその仕事をしたかったのかなど、自己分析をしておけば振り返ることができます。

集中できる環境で3時間はまず取り組んでみて下さい。

特に時間のある学生時代に自己分析をしっかりしておかないと、就職後に自分自身を疑うことにもつながります。

ここからは、自己分析を深く行う方法について解説します。

自己分析のコツは具体的に深掘りをすること!マインドマップでどんどん深掘りをしよう

自己分析のコツは、具体的に深堀することです。

書いて書いて書き続けます。

実際に書かないと、堂々巡りになり前に進まないので非効率です。

おすすめはマインドマップです。

マインドマップでどんどん深堀するようにしましょう。

マインドマップは、頭の中を掘り下げる上で非常に使いやすいツールです。

頭の中で起こっている葛藤などを言語化することで、深い自己分析を行うことができます。

積極的に活用するようにしましょう。

ここからは自己分析の時間の取り方について解説します。

自己分析は終わりがない!いまの自分を決められた時間で理解することに集中しよう

自己分析には終わりがありません。

いまの自分の決められた時間で理解することに集中するようにしましょう。

学生時代に与えられた考える時間は非常に貴重なものなので、時間を決めて取り組むようにしましょう。

ものすごく集中して3時間で終わらせてみましょう。

自己分析が終わりましたら、上でもお伝えしたように周りの人に伝えてみましょう。

伝えるうちに新たな価値観が発見できます。

それをアップデートしつづけるのです。

「自分の新たな面を知る」コツがつかめると、接する情報・人・環境を選ぶことができ劇的に成長や自己実現につながっていきます。

自己分析のやり方は「一生モノ」ですので就活が終わってもぜひ続けてください。

まとめ

深みのある自己分析を行うことで、就職活動だけではなく、就職後にもビジョンがブれずに仕事をしていくことができます。

自己分析には終わりがありませんが、就職前の学生時代にしっかりとした自己分析ができていれば、キャリア形成において悩むこともなくなります。

社会人の自己分析には、自己分析に深みが必要です。

理由としては、社会人経験者は、転職にあたっては人生観がしっかりとしている必要性があるためです。

自己分析のポイントは、「ストレス」「得意」「やりたいこと」の3つをノートに記録することです。

やりたいことであれば自発的に勉強するため、仕事が上達するスピードが早くなります。

本当に自分のやりたい仕事をするようにしましょう。

自己分析には終わりがありませんが、自分史を作成して人生を振り返り最高の自己分析を行うようにしましょう。