WordPressに適したレンタルサーバーはどれがおすすめ?初心者向けに選び方を解説

WordPressは、無料でホームページやブログを簡単に作成できるソフトです。

しかし、WordPressを設置するには、レンタルサーバーの存在を忘れてはいけません。

世の中には数多くのレンタルサーバーが存在しますので、

  • 「どこのサーバーを使えば良いのか分からない」
  • 「レンタルサーバーを選ぶときのポイントを知りたい」
  • 「おすすめのレンタルサーバーを比較して検討したい」

といったように、本記事ではWordPressに使用するレンタルサーバーの悩みについて解説します。

選ぶ際は、

  • 価格
  • 使用感
  • 表示速度

など、重要視するポイントによって選び方は変わります。

筆者も自身のブログでWordPressとレンタルサーバーを契約していますが、サーバー選びをミスしてしまうと、スペックに物足りなさを感じたり、オーバースペックで持て余してしまう可能性があります。

本記事を最後まで読み進めていただければ、失敗しないで自分にぴったりなレンタルサーバーを選ぶことができます。

今回はWordPressにおすすめのサーバーも紹介しますので、最後までお目通しいただければ幸いです。

それでは早速ですが、本題の方へ参りましょう!

WordPressに適したサーバーを選ぶポイント

WordPressに最適なサーバーを選ぶポイントは、全部で6つあります。

これからブログをはじめたい方、ホームページを立ち上げたい方など、WordPressを快適に運営するために必ずチェックしておきましょう。

よく検討しないと、下記のような後悔をしてしまう可能性があります。

  • 初心者には使いづらい操作感だった
  • 無料で使用できる機能が少なかった
  • 安いが通信障害が多かった

WordPressの選定ポイントは下記の6つです。

  • ポイント1:価格
  • ポイント2:表示速度
  • ポイント3:管理画面での操作のしやすさ
  • ポイント4:障害の有無や多さ
  • ポイント5:自動バックアップの有無
  • ポイント6:セキュリティ対策

契約前にかならず確認してください。

ポイント1:価格

WordPressサーバーを検討する上で、価格はもっとも重要な要素です。

価格は月額制となっており、毎月のように費用がかかり続けます。

価格対も様々です。

数百円~数万円まで幅広くプランが存在し、10万円を超えるプランすら存在します。

しかし、余程の大規模サイトでない限り、月額3,000円を超えるプランはオーバースペックといえるでしょう。

反面、格安プランですと、1つのサーバーに多くの人が利用する可能性があり、表示速度が不安定であったり遅すぎたりする可能性があります。

個人でWebサイトやブログを運営する程度であれば、1,000円〜2,000円程度の個人向けレンタルサーバーが、性能のバランスが良くておすすめです。

法人であっても個人向けレンタルサーバーで十分な場合が多いです。

実際に筆者の知人も法人化していますが、個人向けのレンタルサーバーを利用しています。

WordPressを利用する上で、継続的にサーバーの料金は支払いますので、運営するサイトの費用対効果を踏まえて選びましょう。

ポイント2:表示速度

Webサイトの運営で気になるのが、ページの表示速度です。

サイトの表示速度が遅いと、ユーザーはストレスを感じてしまうものです。

表示速度はユーザーの離脱率に大きく影響するため、なるべく表示速度が早いレンタルサーバーを選びましょう

しかし、表示速度はサーバーの利用状況やWebサーバーの仕様などの影響も受けるため、実際に使ってみないと分からない部分もあります。

つまりカタログスペック上は良かったとしても、実際に利用してみると全く駄目なパターンがあります。

どのレンタルサーバーが地雷かはここでは言及しませんが、避けたい場合は利用者の口コミなど周りからの評判もチェックしておきましょう。

この記事でもおすすめのレンタルサーバーを紹介しています。

ちなみに、よほどの理由がない限りはエックスサーバーを筆者はおすすめします。

ポイント3:管理画面での操作のしやすさ

初心者はコマンドを打ち込んでサーバー操作ができないため、Webの管理画面で操作しやすいものを選びましょう。

サーバーの機能が充実しているほど、サイトやブログの運営がしやすくなります。

レンタルサーバーによっては、WordPressを簡単にインストールする機能もあり、画面の指示通りに進めば完了して大変便利です。

もし、サーバーにインストール機能がない場合、ファイルのダウンロードやデータベースの作成作業はすべて手作業で行う必要があります。

中級者以上のサイトになると、メニュー自体も初心者には分かりづらく、使い切れないため注意が必要です。

初心者がレンタルサーバーを選ぶ際は、使いやすそうな機能を比較しながら検討しましょう。

ポイント4:障害の有無や多さ

サイト運営をする上で気をつけたいのが、レンタルサーバーの障害リスクです。

障害が発生するとWebサイトが見れなくなりま

Webサイトが表示されないことが起きると、利用者は驚いて離脱してしまうでしょう。

ECサイトなどの場合は、売上も止まってしまいます。

さらに、重度の障害が発生するとデータが消える可能性もあります

実際に、2012年に5000件近くの利用者のデータが消失する事件がありました。

参考:ファーストサーバ障害、深刻化する大規模「データ消失」|日本経済新聞

このようなことから、過去に起きた障害や頻度は見逃せないポイントとなります。

頻繁にサーバーに障害やエラーが発生すると、そのたびにWebサイトが表示できなくなり、ユーザーの信用を失いかねません。

障害の有無や多さは、アクセス数に直結する大事な要素といえるでしょう。

レンタルサーバーの安定性を確認する方法としては、各運営会社が公表している「稼働率」で確認できます。

安定性の高いレンタルサーバーであれば、稼働率が「99.99%」という高い水準を公にしていますので、サーバーを選ぶ際の目安にしましょう。

またTwitterで気になるレンタルサーバー名とともに「障害」というキーワードを合わせて検索することで、頻度がおおよそ分かります。

ポイント5:自動バックアップの有無

レンタルサーバーを契約する際に忘れてしまいがちなのが、自動バックアップの有無です。

自動バックアップ機能があれば、下記のようなトラブルに対しても復旧できるため非常に便利です。

  • WordPressのアップデート
  • プラグインの導入や削除
  • WordPressのテーマのカスタマイズ

WordPressのバックアップは下記の2つを採取する必要がありますので、区別してチェックしましょう。

  • ファイル(画像、WordPressテーマなど)
  • データベース(投稿データなど)

Webサイトのトラブルは突如として発生しますので、レンタルサーバーを選ぶ際は、自動でバックアップしてくれる機能が実装されているサービスを選びましょう

その際、自動バックアップ機能が無料なのか、有料オプションなのか契約前に確認しておきましょう。

ポイント6:セキュリティ対策

レンタルサーバーのセキュリティレベルが高ければ、安心してサイト運営ができます。

セキュリティ対策が脆弱ですと、同じIPからの大量のアクセスでサイトが停止したり、ログイン画面にIDとPASSを何度も打ち込み、不正にログインされる可能性があります。

セキュリティを強固なものにするためにも、海外のアクセスを遮断したり、PHPやDBの最新バージョンアップに追従するサービスを選びましょう。

レンタルサーバーを選ぶ際は、下記のセキュリティ対策が搭載されているか確認することをおすすめします

  • スパム・ウイルス対策
  • 通信内容を暗号化するSSL機能
  • 不正攻撃からサイトを保護するWAF(Web Application Firewall)

無料で使えるセキュリティ機能は各サービスで異なるため、比較しながら検討しましょう。

ここからは、筆者がおすすめするレンタルサーバーを8つ紹介します。

おすすめ1:エックスサーバー

エックスサーバーは、国内No,1のシェアを誇るレンタルサーバーです。

利用するユーザーが多いため、ネット上の口コミやエックスサーバーに関する情報もすぐに見つけられます。

「調べ方が分からない」というWebサイト運営初心者の方でも、24時間体制でメールサポートを受け付けています。

平日であれば電話でのサポートにも対応しているため、万全の体制でバックアップして欲しい方におすすめです。

とくに下記のように充実したサポートと機能を探している方におすすめです。

  • 高速インターフェースでサイトの読み込み速度が早い
  • WordPressがワンクリックでインストール可能
  • WAF搭載で外部からの攻撃を守る

筆者もエックスサーバーをメインで利用しております。

もし、人気のレンタルサーバーを決め手にしている方は必見です。

エックスサーバーはこちら

おすすめ2:さくらのレンタルサーバー

さくらのレンタルサーバーは、エックスサーバーと並ぶ老舗のレンタルサーバーです。

初心者に優しい万全のサポート体制ですので、分からないことがあれば電話とメールの両面でアドバイスをしてくれます。

さらに、Web上のヘルプ機能も充実しているため、大半のことなら検索して解決できるようになっています。

長年運営している老舗サーバーならではの、手厚いサポート機能といえるでしょう。

もちろん、下記のような便利な機能もあります。

  • 無料SSL
  • WordPressの簡単インストール
  • バックアップ機能

サイト運営に慣れてきたら「バックアップ&ステージング機能」を活用して、サイトのリニューアルやWordPressのアップグレード用として、一時的にテスト環境を作成してみましょう。

さくらのレンタルサーバーはこちら

おすすめ3:ConoHa WING

ConoHa WINGは、国内最速のレンタルサーバーです。

WordPress高速化エンジン「WEXAL」や、独自のキャッシュ機能が搭載されているため、高速でWebサイトを表示できます。

圧倒的なサイトスピードでありながら、独自ドメインを永久無料で利用できたり、セキュリティ面も充実しています。

通常、WordPressでWebサイトやブログを立ち上げる際は、レンタルサーバーの他に独自ドメインを取得するために、同時にドメイン会社とも契約します。

レンタルサーバーとドメインを紐づける作業も発生するため、初心者はここで挫折してしまいがちです。

しかし、ConoHa WINGのWINGパックで契約すれば、面倒な初期設定が不要で維持費も掛からないという大きなメリットがあります。

ConoHa WINGはこちら

おすすめ4:ロリポップ

ロリポップは格安系のレンタルサーバーとなります。

もし下記のような方はロリポップを中心に検討してみましょう。

  • 費用はなるべく安く済ませたい
  • お試し気分でレンタルサーバーを決めたい
  • コスパ重視でブログをはじめたい

他のレンタルサーバーと比較して、月額の費用を抑えてサイト運営をはじめられます。

さらに一時的にアクセスが集中したときに緩和する「同時アクセス数拡張機能」という独自機能を搭載していたり、初心者には十分すぎる機能を備えています。

一方でコスパが良い分、バックアップ機能が有料であったり、ディスク容量も他のサーバーと比較して少なめです。

ロリポップはこちら

おすすめ5:mixhost

ユーザーの満足度No,1を6冠達成したmixhostは、WordPressを簡単にはじめられるレンタルサーバーとして人気があります。

最短30秒で独自ドメインを取得し、WordPressサイトの運用を開始できます。

Webサイトの価値を最大化するための下記のプランが利用できます。

  • 転送量無制限
  • 無制限のドメインとデータベース
  • 稼働率99.99%の品質保証制度

また、「LiteSpeed」という高速サーバーを採用しているため、Webサイトの高速表示で満足度の高いレンタルサーバーといえます。

万が一のトラブルには、過去14日間のデータを無料でバックアップしていますので、簡単に復元することが可能です。

mixhostはこちら

おすすめ6:カラフルボックス

カラフルボックスの「快速セットアップ」を活用すれば、初心者でも10分程度でブログを開設できます。

サイト立ち上げの早さに加え、30日間の無料お試し期間を利用することで、気軽にサイト運営を味わえます。

料金プランも8種類とバリエーションが多いことから、サイトの規模に合わせてプランを選べる点がメリットです。

また、プランも簡単に即時変更が可能なため、アクセス数の増減に合わせてプランを変えることもできます。

「気軽に利用できる反面、機能が充実していないのでは?」と疑問に思うかもしれませんが、下記の機能面も充実しています。

  • 2週間の自動バックアップ
  • 高速サーバー(LiteSpeed)で表示スピードが早い
  • 無料SSL標準提供

カラフルボックスはこちら

おすすめ7:シン・レンタルサーバー

シン・レンタルサーバーは、国内シェアNo,1であるエックスサーバーのシステムをベースとしたレンタルサーバーです。

世界最速クラスの「KUSANAGI」の高速化技術を導入しているため、データベースなどを高速で処理できます。

アクセスが集中しても動作が重くなりにくく、ユーザーは快適な状態のままWebサイトの観覧ができます。

また、初心者でも扱いやすいように下記のような各種設定の代行機能が魅力です。

  • WordPressの簡単インストール
  • 独自ドメイン設定
  • サーバーパネル操作の代行

専門知識がなくてもWebサイトやブログを開設できるよう、24時間365日のメールサポートや、電話での相談も受け付けています。

その他にも、自動バックアップ機能やセキュリティ対策もしっかりしていますので、初心者が安心して利用できる環境が整っています。

シン・レンタルサーバーはこちら

おすすめ8:お名前.comレンタルサーバー

国内最大級のドメインポータルサイトである、「お名前.com」と「お名前.comレンタルサーバー」の合わせ技で利用すれば、運用管理が楽に行えます。

ドメインとサーバーの同時契約で、独自ドメインが永久無料か実質無料になります。

下記のようなWebサイトやブログ運営に欠かせない機能が充実しています。

  • WordPressの簡単インストール
  • 人気の有料WordPressテーマが特別価格で利用可能
  • 他社サーバーからの引っ越しが簡単

その他にも、下記の幅広いサポート体制も見逃せません。

  • 1,500記事を超えるサポートページ
  • 便利な運用ガイド
  • 24時間365日の無料電話サポート

法人向けにも最適なレンタルサーバーですので、本格的にサイト運営をしていきたい方は必見です。

お名前.comレンタルサーバーはこちら

まとめ

Webサイトやブログ運営には、レンタルサーバーが欠かせません。

今回は、レンタルサーバーを選ぶ際のポイントを中心にご紹介してきましたので、WordPressをインストールする前にチェックしておきましょう。

契約後に

  • サイトの規模の割にサーバーの費用が割高だった
  • サポート体制が不十分だった
  • ドメインとの相性が悪かった

など、後悔しないように本記事を参考にレンタルサーバーを選んでください。