※マイナビ等のプロモーションを含みます

Web系はやめとけって本当?Webエンジニアがきつい理由と回避方法を徹底紹介

本記事では「Web系はやめとけ。Webエンジニアはきついぞ」と言われる理由を紹介していきます。

筆者は大手SIerからWeb系のWebエンジニアとして転職した経験があり、多くのデメリットを経験してきました。

具体例と回避方法も紹介するためぜひ参考にしてください。

社内SEを見逃すな

DX化が進む中で、社内SEの需要が高まっています。

その結果、リモートワークOKや給与水準の高いホワイト企業求人も多数あり見逃さないようにチェックをしておきましょう。

社内SEの求人は非公開求人で出ていることも多いためマイナビIT AGENTといったIT専門の転職エージェントに登録し見逃さないようにしておきましょう。

Webエンジニアやめとけと言われる理由とは

Web系がやめとけ言われる理由として「薄利多売のビジネスで給料が上がりづらい」「事業の安定性がないため固定費である給料を上げづらい」「向上心がないとWeb系ではついていけない」「40代〜60代のキャリアがない」「退職金がない」「キャリアを広げる幅が狭い」「社員のエンゲージメントが高すぎて離職後に縁が切れやすい」「フリーランスとして独立しづらい」「技術力がすごく高いわけでもない」というきつい理由があります。

この章ではWeb系はやめとけと言われる理由を紹介していきます。

Web系は薄利多売のビジネスで給料が上がりづらいからやめとけ

Web系はBtoCによる薄利多売のビジネスモデルが多く、大きく成長しない限り給料が上がりづらいためやめとけと言われています。

Web広告(リスティングやディスプレイ広告)を活用すればたくさんの人に利用してもらえるため、シェアNo1をとれば月間数億円という売上・利益もあります。

ですがWeb広告のシェア争いは非常に熾烈です。

「デジタルマーケティングが日本一得意」という気概の会社でなければ売上・利益は少ない事業となるでしょう。

給料の源泉である利益が少なければ給料も当然低くなります。

月額課金型のクラウドツールも薄利多売ビジネスであるため、No1シェアでなければやめておいた方が良いでしょう。

給料をしっかり上げたい方は利益がしっかり出ている企業を選びましょう。

そのためにも、メガベンチャーと呼ばれる大手Web系や業界No1サービスを保有するWeb系企業がおすすめです。

冒頭でもお伝えしましたが、Web系へ転職する場合は必ず企業の内部に精通して転職エージェントへの相談が必須です。

特に利益が多く出ている企業は大手転職エージェントを利用しています。

例えばマイナビIT AGENTであれば利益がしっかり出ている企業の求人が豊富で内情もよく把握しています。

Web系は薄利多売で給料が上がりづらいという点でやめとけと言われていることを認識した上で検討することが大切です。

Web系は事業の安定性がないからやめとけ

Web系は事業の安定性がないため、Web系やめとけと言われる理由となっています。

例えば、2010年ごろにはWeb系企業で有名であったクックパッドは動画の新興メディアにシェアを奪われ2023年には3度目の人員削減に追われています。

Web系は参入障壁が低いことが多くこのように事業が不安定であるためやめとけと言われる理由となっています。

ITを利用した事業は、トレンド性が高いため全体に安定な企業はないと認識しましょう。

それでもより安定のWeb系を探したい場合は、メガベンチャーや上場大手企業、圧倒的なシェアを獲得しているサービスのある企業を選びましょう。

向上心がないとWeb系ではついていけないからやめとけ

SI業界と違いWeb系では自発的な改善提案が求められます。

技術に対しても強い興味を持ち、情報収集を行うのはもちろんプライベートな時間でテスト的にプログラムを組む方が多くいます。

そのためプログラムや技術に興味のない方にはWeb系はついていけない辛い環境と言えるでしょう。

もし業務時間外や土日はプログラムから離れたいと思っている方はWeb系ではついていけないためやめておきましょう。

もし合わない方は大手のSIerがおすすめです。

Web系は40代〜60代のキャリアがないからやめとけ

Web系企業はまだ創業間もない企業が多く、40代〜60代のエンジニアの一般的なキャリアがないためやめておけと言われる理由となります。

現状では40代〜60代のWeb系エンジニアは部長やマネージャーなど役職についている方が大半です。

ですが今後エンジニアが増え、40代〜60代になったときに限られた役職に就けるとは限りません。

メガベンチャーと呼ばれる上場大企業でもジェネラリストとスペシャリストくらしかなく、適性に合わせて職種を見直すタイミングは少ないでしょう。

ポジティブに捉えれば自分のキャリアは自分で切り開くというチャンスがあります。

ネガティブに捉えればキャリアの選択をせず惰性で年齢を重ねる可能性があり、将来キャリアに困るためやめておけと言われています。

Web系は退職金がないからやめとけ

Web系は中小企業・ベンチャーが大半で退職金制度がない企業が多いためやめておけと言われています。

そのため計画的に貯蓄をするしかありませんが、給料水準が低いWeb系では貯蓄も厳しいという現実となっています。

持ち株制度があったとしても流行り廃りが激しいWeb系企業の中で30年後も生き残っている保証はありません。

実際、筆者が努めていたWeb系企業の株価は3年程度で1/4になってしまいました。

このように将来の資産形成において退職金をあてにする方はWeb系はやめておいた方が良いでしょう。

Web系はキャリアを広げる幅が狭いからやめとけ

Web系に入社した場合はひたすら開発でシステム開発に集中させてもらえますが、裏を返せばシステム開発以外の仕事ができずに中年を迎えることになります。

システム開発以外のスキルや経験は広がらず、システム開発以外の仕事を担当できなくなりキャリアを広げる機会が少ないためWeb系はやめておけと言われています。

私が知っているエンジニアは電話対応の経験が少なく、苦手意識を持って出れないほどです。

「定年までプログラミングをしていたい!」という方は問題ないでしょうが、「さすがに60代になったら違う仕事をしていたい」と思う方はWeb系をやめておきましょう。

Web系は社員のエンゲージメントが高すぎて離職後に縁が切れやすいからやめとけ

Web系は企業理念やビジョンを浸透させたエンゲージメント経営を行っている企業が多くあります。

エンゲージメント経営を行うことによって、社員の退職率を抑制するだけでなく生産性や収益性も高まると考えられているからです。

そのため、Web系では従業員同士や経営層との相互信頼が高く一体感を持って働くことが可能でとても充実感がありますが、離職をすると裏切りのように捉えられ、縁が切れやすい点がWeb系の特徴です。

筆者自身も7年働き、古参メンバーでしたが退職と同時に多くの人との縁が切れたことを覚えています。

Web系でない一般企業の方が退職後も対等にお付き合いできる縁が残っているため、Web系やめておけと言われる理由の1つと言えます。

Web系はフリーランスとして独立しづらいからやめとけ

将来独立してシステム開発を受託して在宅作業したいと考える方は多いですが、Web系の方は受託開発に非常に苦労するでしょう。

受託開発するために必要な要件定義、見積、スケジューリング、品質コントロールといったスキルがWeb系では身につかないためです。

そのため、Web系のフリーランスは作業請負のような形で受注するのが一般的です。

つまり「月160時間働くから100万円を請求します」といったよう時間給のような契約です。

独立し、場所や時間に縛られた働き方をしたくない方はWeb系をやめておいた方が良いでしょう。

Web系は技術力がすごく高いわけでもないからやめとけ

憧れのWeb系に入っても最新技術ができるとは限りません。

筆者がメガベンチャーに入社して初めて担当したシステムはPHPのオレオレフレームワークを使い続けていました。しかもサーバーは1台構成。。

当然、オレオレフレームワークを使いこなすエンジニアが上長となるため最新技術が好きで入ったエンジニアにはストレスが溜まりやすいです。

ちなみに私の仕事はレガシーシステムのリニューアル担当でした。

このように技術力の高さに漠然とした憧れがある方はWeb系はやめておいた方が良いでしょう。

Webエンジニアが多すぎるからやめとけ

Webエンジニアが多すぎるためWeb系はやめておけと言われています。

Twitterなどを見るとWebエンジニアが増えすぎているのではないかと感じる方も多いでしょう。

私も2005年にITエンジニアとして就職する際に兄から、多すぎる職種からリストラされるから気をつけなさいとアドバイスをもらいました。

しかし実際は20年以上にわたりITエンジニアは不足しており、Webエンジニアはまだまだ必要とされています。

未経験であっても、一定のスキルを覚えることで業務未経験であっても採用されやすい傾向にあります。

そのため、Webエンジニアが多すぎるためWeb系はやめておけと言われていますが気にする必要はないと言えるでしょう。

社内SEを見逃すな

DX化が進む中で、社内SEの需要が高まっています。

その結果、リモートワークOKや給与水準の高いホワイト企業求人も多数あり見逃さないようにチェックをしておきましょう。

社内SEの求人は非公開求人で出ていることも多いためマイナビIT AGENTといったIT専門の転職エージェントに登録し見逃さないようにしておきましょう。

Web系エンジニアは本当にやめておいた方がいいのか?

Web系のエンジニアは本当にやめておいた方がいいかというと、目的や能力、企業によって変わってきます。

サイバーエージェントやメルカリなど、圧倒的No1であるようなWeb系企業であれば、利益が十分に出ており給与も高いためです。

さらに業界最先端の技術や取り組みをしていることが多く、貴重な経験やスキルを積むことができるでしょう。

一方で、柔軟な働き方に憧れてWeb系を選ぶ方は要注意です。上述したようなWeb系やめとけと言われることが多くあります。

転職先のWeb系企業を見極めることが重要です。

Webエンジニアへ転職した体験談

大手SIerからWeb系に転職した筆者は年収100万円ほど下げて転職し、退職金がない中で不安なりながら働いた覚えがあります。

ベンチャーであったため私よりも若い方が多く、家庭持ちにはキツかったことを覚えています。

そのため、若いうちに挑戦を多くしてなんとしてでも将来につなげるぞという気持ちにつながり大きく成長につながったと感じます。

7年ほどメガベンチャーに転職した結果、以下のような体験ができました。

  • スピード感ある開発の吸収
  • ビジネスモデルや集客に関するスキルアップや経験
  • マネージャー経験による採用・育成

大手SIerでは絶対に経験できなかったことで、現在は独立開業しております。

Web系への転職は明確な目的がある方にはおすすめです。

Web系の求人選びで注意するポイント

Web系に就職・転職する前に気をつけたいポイントを紹介していきます。

特に求人選びのときに確認することで無駄な時間を費やすことなく回避できます。

もし、分からない場合はマイナビIT AGENTといった企業の内部や転職者に詳しいエージェントの利用も積極的に行いましょう。

業界No1となり大きく利益が出るWeb系企業を選ぶ

Web系は業界No1となり利益が豊富でないと給料が上がりにくい業界です。

そのため事業が業界No1となる戦略を確認しておきましょう。

バックアッププランも複数あるとなお良いでしょう。

社長の考え方を知っておく

Web系では中小企業が大半で、オーナー社長の考え方が社風として色濃く出ます。

そのため、自分の価値観と合わなければ常にストレスフルとなります。

例えば、飲み会の強制参加や体育会系のノリを求められたりなどは社風で決まってきます。

社長の考え方と自分の価値観が合うかチェックしておきましょう。

平均年齢や上長の年齢を確認しておく

30代の方や家庭持ちの方であれば平均年齢や冗長の年齢も確認しておきましょう。

もし応募企業の平均年齢が20代半ばと若い場合は、長時間残業をしていたり土日もイベントがあったりと家庭持ちの方にはきついでしょう。

家庭をかえりみず働くことになり、仕事でも家庭でも窮屈な思いをすることになります。

評価制度を確認しておく

Web系では成果評価を採用している企業が多い傾向です。

ですがWebエンジニアは直接的に売上を上げる役割でないことが多く、成果評価の捉え方が企業によって異なってきます。

そのため、どのような貢献が評価されるのかを事前に確認をしておきましょう。

未経験からWebエンジニアにはなれない

未経験からWeb系企業のエンジニアになることは不可能でしょう。

Web系は少数精鋭でプロダクト開発をするため、未経験者はついていけないためです。

ただし、方法はあります。

まずはプログラミングスクールに通い、最低限のスキルを習得してSI業界のプログラマーとして開発実績をつけてください。

3年ほど経験を積めばWeb系のエンジニアとして転職は可能となってくるでしょう。

具体的なキャリア相談はプログラミングスクールの無料カウンセリングですることができます。

自分にもできるかといった不安や年齢など、さまざまなことを個別に聞くことができ事例を教えてもらえます。

ちなみにプログラミングスクールは転職保証のあるDMM WEBCAMPがおすすめです。

万が一転職できなくても全額返金保証付きなので、最小限のリスクで挑戦できます。

不安な方は相談もできますので、まずは無料カウンセリングだけでも受けてみましょう。

>DMM WEBCAMPに登録し、無料カウンセリングを受ける

まとめ

今回は「Web系やめとけ」というテーマで紹介いたしました。

最大の理由は、

  • お金
  • キャリア

です。

給料は低めで退職金はありません。

キャリア形成も自発的に進めなければ年齢とともにジリ貧となります。

「20代・30代で誇れる成果・実績が出し、次のステップに挑戦したい」という方がWeb系に向いていると筆者は考えています。

【高待遇を希望する方】

高待遇な求人を見つけるために非公開求人に注目してみましょう。
知名度が高い企業や大手は非公開求人で募集することが多々あります。
早く相談すれば高待遇の非公開求人をいち早く紹介してもらえるため、動くなら「いま」です。

注意点は求人の質・量の両方を大切にすることです。
高待遇の求人をたくさん紹介してもらえるような転職エージェントに相談しましょう。

当サイトで評判が良く人気のエージェントはマイナビIT AGENTです。
IT業界の求人が豊富で定評があります。

登録後は連絡に沿って進めていくだけです。
1日でも早く動くことで思わぬ高待遇求人の出会いへとつながるでしょう。
>マイナビIT AGENTの非公開求人相談はこちら