※マイナビ等のプロモーションを含みます

転職エージェントおすすめ18選|人気サービスを比較ランキングで紹介

記事をシェア

転職エージェントは求人情報が掲載されているだけの転職サイトとは違い、求人の提案や様々なサポートを受けることが可能なので、転職活動を効率的に進めるための強い味方となる存在です。

転職エージェントは、転職や求人に関する情報を広くかつ深く収集できるように選ぶことが大切です。

具体的には、転職活動の初動では広く情報収集ができる転職エージェントを利用し、中期以降は深い情報も得られるように特化型の転職エージェントの利用がおすすめです。

またおすすめの転職エージェントの選び方は、転職者の年齢や地域、職種、年収によって大きく変わってきます。

本ページでは、これらの条件ごとにおすすめの転職エージェントを紹介しています。

職業安定法に沿って運営されている有料職業紹介事業者のみ紹介しますので、安心して参考にしてください。

年代カテゴリ・職種・その他条件に特化した転職エージェントはこちら

目次

【求人が豊富・全国対応】おすすめ転職エージェント4選

はじめに求人が豊富で全国対応しているおすすめの転職エージェントを紹介します。

求人が多いため、年代や男女の性別を問わず地方の方にも利用可能です。

ただ求人が多いだけでなく大企業や有名企業の求人も多く掲載されているのもポイントです。

20代ならマイナビAGENTが人気

マイナビエージェントの特徴

マイナビAGENTは利用者の60%以上が20代と若者に人気の転職エージェントです。

テレビなどの露出で認知度も高いため求人量・職種が豊富で、最大手から大企業の子会社、中小企業まであまり差異なく紹介してくれます。

最大手ではない反面、出来るだけ本人の意向に従った求人紹介を行う傾向にもあります。

隠れた優良企業に入って自分の適性に合った仕事をしたいという方ならマイナビAGENTをぜひ利用してみて下さい。

表:マイナビAGENTの諸表

求人数 非公開
対応エリア 全国
拠点 東京(中央区)、神奈川(横浜)、北海道(札幌)、宮城(仙台)、愛知(名古屋)、京都(下京区)、大阪(グランフロント大阪タワーA)、兵庫(神戸)、福岡(博多)
厚生労働大臣許可番号 13-ユ-080554
料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ

参考:マイナビエージェントの公式サイト

最終更新:2024年6月18日調べ

利用者の声

私の希望に沿った職を多すぎず少なすぎずいくつか絞ってメールで提案してくださるので、空いた時間にぱっと短時間で確認でき、自分で職を探す手間が省かれて時間の効率に役立った点が良かったです。また、直接話をした際には、私の話を親身になって聞いてくださり、私に合う職探しに一緒に付き合っていただけた点が寄り添ってくれていると感じられて良かったです。不安に思っていることなども一緒に聞いてくださり、それを理解しようとしてくれたり、いいところを褒めてくださったりと、安心して話せるように努めていることが伝わってきて良かったです。

一方で、連絡の回数が多かった点が不満でした。メールはたくさん来るし、書かれている内容も長文で読む気をなくします。また、折り返しの返信を催促されることもあったので、あまり良い気分ではありませんでした。また、その時はまだ働いていたのですが、幼稚園教諭でしたので、休憩時間がまともに取れない職場でした。そんな中で電話がかかってきても取れる訳もなく、夜も遅くまで働いていたため、電話に出れませんでした。そちらの都合もあると思いますが、出れる時間帯を事前にしっかりと確認していただきたかったです。土日や夕方以降も対応していただけるととてもありがたかったです。

出典:しごとウェブ転職調べ

>マイナビAGENTの無料登録はこちら

求人の多さと安心感で選びたい方は業界最大手のリクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴

リクルートエージェントは知名度・求人量に関して日本トップであり、転職と言えばリクルートと考える方も多いのではないでしょうか。

知名度が高く転職者が多く集まってくる傾向にあるためリクルートエージェントの利用企業は非常に多いです。

未経験でも応募できる求人や、地方の求人なども幅広く保有しており、あらゆる転職者に対応しています。

とにかくたくさんの求人を見て、しっかりとしたサポートを受けたいと言う方なら、まずは登録しておきたい転職エージェントです。

表:リクルートエージェントの諸表

求人数 約670,000件
対応エリア 全国・海外
拠点 北海道(札幌)、宮城(仙台)、東京(千代田区・立川)、栃木、埼玉(さいたま)、千葉(センシティタワー)、神奈川(横浜)、京都(下京区)、大阪(梅田阪急ビル)、兵庫(神戸)、愛知(名古屋)、静岡(駿河区)、岡山(北区)、広島(中区)、福岡(北区)
厚生労働大臣許可番号 13-ユ-010258
料金 無料
運営会社 株式会社リクルート

参考:リクルートエージェントの公式サイト

最終更新:2024年6月18日調べ

>リクルートエージェントの無料登録はこちら

ベンチャーやIT系を希望するならワークポートがおすすめ

ワークポートの特徴

ベンチャー企業やIT系の企業へ転職したい方はワークポートへの相談がおすすめです。

IT専門の転職エージェントとして成り立ちがあるワークポートには担当者に30代前後の方が多く、ベンチャーやIT企業の動向や内部に明るい方が多く在籍しています。

実際、転職をワークポートで決めた方が多くGOOD AGENT RANKINGでも2022年上期において1位を獲得しています。

提案力と決断できる情報提供力が高いと考えることができるため、良い転職先が見つからず時間が過ぎてしまっている方もぜひ利用がおすすめです。

現在は総合型の転職エージェントであるため異業種からIT業界を希望するといった方にはより相談しやすい転職エージェントとなっています。

筆者も実際に利用しましたが、本質的な提案力に加えて、物腰柔らかで非常に好印象な転職エージェントでした。

表:ワークポートの諸表

求人数 73,146件
対応エリア 全国
拠点 東京(品川区)、北海道(札幌)、宮城(仙台)、群馬(高崎)、埼玉(さいたま)、神奈川(横浜)、千葉(中央区)、静岡(葵区)、愛知(名古屋)、石川(金沢)、大阪(中央区)、京都(下京区)、兵庫(神戸)、岡山(北区)、広島(中区)、香川(高松)、福岡(中央区・小倉北区)、熊本(中央区)、沖縄(那覇)、ソウル
厚生労働大臣許可番号 13-ユ-04059
料金 無料
運営会社 株式会社ワークポート

参考:ワークポートの公式サイト

最終更新:2024年6月18日調べ

>ワークポートの無料登録はこちら

関西で転職する方ならdoda

dodaの特徴

dodaは業界でもトップクラスの求人数を誇る総合型転職エージェントで求人数の多さはリクルートエージェントと双璧をなします。

特に大阪を中心とした関西に強い転職エージェントでもあります。

大阪は、関西の中でも求人が多く転職がしやすい都市です。

特に大阪の大企業はdodaを利用していることが多いので、ぜひ利用しましょう。

関西以外の求人も実に豊富なため情報を網羅するためにもおすすめの転職エージェントです。

表:dodaの諸表

求人数 約147,000件
対応エリア 全国・海外
拠点 北海道(札幌)、宮城(仙台)、東京(千代田区)、神奈川(横浜)、静岡(駿河区)、愛知(名古屋)、大阪(グランフロント大阪タワー)、京都(下京区)、兵庫(神戸)、岡山(北区)、広島(中区)、福岡(中央区)
厚生労働大臣許可番号 13-ユ-304785
料金 無料
運営会社 パーソルキャリア株式会社

参考:dodaの公式サイト

最終更新:2024年6月18日調べ

>dodaの無料登録はこちら

スキルや職歴に自信がない20代前半や第二新卒におすすめの転職エージェント3選

スキルや職歴に自信がない20代前半の第二新卒やフリーターの方は未経験可の求人が多く転職サポートが手厚い転職エージェントの利用がおすすめです。

一般の転職エージェントでは経験者採用を想定しているため未経験者の内定率は低い傾向ですが、この章で転職する転職エージェントを利用すると内定率が80%を超えるサービスも存在します。

また、サービスによっては書類選考を免除されたり適職探しのサポートを丁寧に受けることも可能です。

総合型で求人量を確保しつつ、若手に強いエージェントも併用してアドバイスを受けるようにしましょう。

就職カレッジ

就職カレッジの特徴

就職カレッジは職歴やスキルのない若手におすすめの転職エージェントです。

独自ビジネス研修サポートを展開しており、2週間で就活の基礎を学びつつ求人紹介を受けることができます。

最終的には複数社と面接できる機会を設けられ、なんと書類選考なしで受けることが可能です。

20代で転職活動が不安な方に非常におすすめのサービスです。

表:就職カレッジの諸表

求人数 非公開
対応エリア 全国
拠点 東京(神保町)、仙台、大阪、兵庫、愛知(名古屋)、九州(福岡博多)、熊本、海外(上海)
厚生労働大臣許可番号 13-ユ-010450
料金 無料
運営会社 株式会社ジェイック

参考:就職カレッジの公式サイト

最終更新:2024年6月18日調べ

>就職カレッジの無料登録はこちら

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20'sの特徴

マイナビジョブ20’sはマイナビグループが運営する第二新卒、20代特化型の転職エージェントです。

非公開求人が豊富で大手や上場企業の求人情報も多数保有することから安定した企業で働きたい20代から人気があります。

あなたの登録情報を元に企業から直接スカウトが届くオファーサービスもあり、20代を積極的に採用したい企業とのマッチング実現してくれます。

マイナビジョブ20’sでは世界中で年間数千万人が受験する適性診断を実施しており、診断結果を元にキャリアアドバイザーがあなたの強みを引き出す転職活動を提案してくれるでしょう。

将来目指したいキャリアプランを具体的にお持ちの方から、転職活動をどう進めていけばいいのか分からない20代まで総合的におすすめできるサービスです。

表:マイナビジョブ20’sの諸表

求人数 非公開
対応エリア 全国
拠点 東京(新宿)、神奈川(横浜)、大阪(大阪)、兵庫(兵庫)、愛知(名古屋)
厚生労働大臣許可番号 13-ユ-308164
料金 無料
運営会社 株式会社マイナビワークス

参考:マイナビジョブ20’sの公式サイト

最終更新:2024年6月18日調べ

>マイナビジョブ20’sの無料登録はこちら

アーシャルデザイン

アーシャルデザインの特徴

アーシャルデザインはキャリアプランの相談などを親身にサポートしてくれるサービスのため、非常におすすめです。

1,000名以上の20代人材の採用支援経験があるコンサルタントや、大手企業の人事経験者などアドバイザーが在籍し、10万社以上の求人案件の中から求職者にマッチした求人を見つけてくれます。

何度でも相談できる手厚いサポートが特徴で、20代の利用者が95%の20代特化型転職エージェントです。

元々はスポーツ経験者の方の転職支援に強みがあるエージェントだったため、体育会系の方にも多く登録されています。

就職が決まった後でも内定者研修を実施してくれる、一人一人に丁寧にフォローしてくれるエージェントです。

表:アーシャルデザインの諸表

求人数 非公開
対応エリア 関東・関西
拠点 東京(渋谷区)、宮城(仙台)、大阪(江戸堀)、愛知(名古屋)
厚生労働大臣許可番号 13-ユ-306944
料金 無料
運営会社 株式会社アーシャルデザイン

参考:アーシャルデザインの公式サイト

最終更新:2024年6月18日調べ

>アーシャルデザインの無料登録はこちら

【20代後半・30代・40代のハイクラス】おすすめ転職エージェント2選

30代が転職エージェントを利用するなら、自身の経験やスキルを重要視しましょう。

30代はこれまでの経験を活かせばキャリアアップを最も狙える年代だということを意識する必要性があります。

男性、女性問わず、スキルや経験次第で待遇の良い企業に十分転職できます。

しかし、35歳を超えたあたりから求人数が減少するため40代で転職エージェントを利用するなら、30代同様にスキルや経験を活かして年収を上げられるかがポイントです

40代は管理職需要が最も高いためそのようなポジションを募集しているハイキャリ向け転職エージェントの利用が良いでしょう。

また、転職エージェントとしては年収の高い人を内定さえて高い報酬を得たいという本音があります。

そのため、実績がありキャリアアップが見込める30代・40代の転職者にはサポートが手厚くなる傾向にあります。

それでは30代・40代強いハイクラス向け転職エージェントを順に紹介していきます。

JACリクルートメント

JACリクルートメントの特徴

JACリクルートメントは30代・40代で年収600万円以上の方を対象としたハイキャリア向けの転職エージェントです。

採用の背景や期待する役割、上司となる方の人物やどんな社風かなどなど、非常に濃い情報を共有してもらえます。

JACリクルートメントは1人の担当者が企業と転職者の両面型サポートを行っているため、このような情報を知ることができるのです。

書類選考も、JACの担当者が企業の採用担当者に直接手渡しをして口頭説明をするほど手厚い場合もあります。

求人量は多くありませんが、求人・サポート共に質が高いためおすすめの転職エージェントです。

表:JACリクルートメントの諸表

求人数 12,031件
対応エリア 全国・海外
拠点 東京(千代田区)、埼玉(さいたま)、神奈川(横浜)、愛知(名古屋)、静岡(葵区)、大阪(ヒルトンプラザウエスト)、京都(下京区)、兵庫(神戸)、広島(東区)、福岡(博多区)
厚生労働大臣許可番号 13-ユ-010227
料金 無料
運営会社 株式会社ジェイエイシーリクルートメント

参考:JACリクルートメントの公式サイト

最終更新:2024年6月18日調べ

利用者の声

良い点は、自分の満足する転職ができたことです。面談した際に初めから企業を紹介することはなく、「なぜ転職をしたいのか?」「人生における目標は何か?」「働くことについてどう思っているか?」を深掘りしてくださり、転職動機から人生の目標まで言語化することができました。初めは「むしろ転職せず、今の会社のままでも人生の目標は達成できるのでは?」と転職をしない提案も頂き、親身に考えて頂きました。その上でやはり転職をしようと決めた後は担当の方から企業を提案いただき、面接練習も実施してくださいました。現在は新しい会社にはおりますが、今も連絡を取り続けて情報収集提供頂いております。

悪い点は特にはございません。唯一、挙げることと言えば私が転職前の業界に関しては精通しているとは言えなかった点です。私が以前いただ業界は製薬業界でしたが、額面上の給与の他に福利厚生が充実していて「非課税の日当」「法人契約の家賃補助」等、非常に恵まれている環境でした。私の転職理由の一つに「トータルでの給与所得の改善」がありました。ただ、額面上で他の会社が優れていても上記の福利厚生を配慮すると転職すると却って実質的な金銭負担が増えてしまうということが提案頂いた企業、業界の中で発生致しました。初期の段階から気づき、お伝えしたのですぐに改善頂いたので全く問題はありませんでしたが、気付かなかったら後悔をする転職活動になり得た可能性があると感じました。

出典:しごとウェブ転職調べ

>JACリクルートメントの無料登録はこちら

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトの特徴

リクルートダイレクトスカウトはリクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。

高い集客力を活かして、国内の上場企業求人を大量に集めていることが強みです。

30代・40代でスキルや実績があり、さらに上を目指したい方におすすめで、質の高い提案を受けられるでしょう。

ハイキャリア向けの転職エージェントは多くないためJACリクルートメントと合わせて相談することがおすすめです。

表:リクルートダイレクトスカウトの諸表

求人数 約115,038件
対応エリア 全国・海外
厚生労働大臣許可番号 13-ユ-010258
料金 無料
運営会社 株式会社リクルート

参考:リクルートダイレクトスカウトの公式サイト

最終更新:2024年6月18日調べ

>リクルートダイレクトスカウトの無料登録はこちら

PayCareer

PayCareer(ペイキャリア)はスカウト型の転職エージェントで、特に質の良いスカウトしか来ないことで定評のあるサービスです。

一般的なスカウト型のサービスは、登録したら希望に合わないような内容にもかかわらず大量のスカウトメールが届く傾向がありますが、PayCareerはそのようなことはありません。

企業がスカウトをする相手に対して面談後報酬を支払うという業界初の面談課金システムを採用しているため、本気で即戦力となると思うような人材にしかスカウトを送らないためです。

登録者の職務経歴書をしっかり読み込んだ上で採用したい相手を選んでいるので、希望や条件とのミスマッチも起こりづらくなっています。

送られてきたスカウトに無駄がないため、短期間で選考に進むことができるのもPayCareerの魅力のひとつです。

表:PayCareerの諸表

求人数 非公開
対応エリア 東京、神奈川、千葉、埼玉
拠点 東京
料金 無料
運営会社 株式会社ペイキャリア

参考:PayCareerの公式サイト

最終更新:2024年6月18日調べ

>PayCareerに無料登録

【女性】おすすめ転職エージェント3選

女性が転職する際、女性特有の悩みや条件に沿った提案ができる転職エージェントの利用がおすすめです。

ワークライフバランスが保てた環境や、産後復帰しやすい環境であるかを気にする方も多いかと思われます。

女性の転職支援に力を入れた転職エージェントを利用すればそのような条件にプラスアルファの働きやすい求人を提案をしてくれます。

また、男女問わない評価制度の会社も紹介してくれるため、キャリアアップを目指したい女性の方にもおすすめです。

女性で転職を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

パソナキャリア

パソナキャリアの特徴

パソナキャリアは、総合型転職エージェントでありながら、特に女性に強い転職エージェントです。

パソナキャリアは女性の活躍を促進するための取り組みとして女性専用の採用サポートチームが存在するほどです。

転職者の年収UP率が67.1%とほとんどの人の年収が上がっているのもおすすめポイントの1つです。

転職エージェントの満足度調査においてもパソナキャリアが4年連続の1位を獲得しています。

女性に対する求人量も業界随一なため、女性であるなら登録しておきたい転職エージェントでしょう。

表:パソナキャリアの諸表

求人数 約45,000件
対応エリア 全国
拠点 北海道(札幌)、青森、岩手、宮城(仙台)、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉(さいたま)、千葉(中央区・木更津・柏・成田)、東京(千代田区・渋谷区)、神奈川(横浜・川崎)、新潟(中央区)、長野、山梨、静岡(浜松・駿河区)、愛知(名古屋)、三重、岐阜、富山、石川、福井、滋賀、京都(中京区)、大阪(梅田・難波)、奈良、兵庫(神戸)、和歌山、鳥取、島根、岡山(北区)、広島(中区)、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡(天神・北九州)、佐賀、長崎、熊本(中央区)、大分、宮崎、鹿児島、沖縄
厚生労働大臣許可番号 13-ユ-010444
料金 無料
運営会社 株式会社パソナ

参考:リクルートダイレクトスカウトの公式サイト

最終更新:2024年6月18日調べ

利用者の声

良かった点としてエージェント担当者が、業界の知識、及び女性の働き方に関する知識がある方で、今後のキャリアの相談に乗ってもらえたことがよかったです。
特に、妊娠・出産をしても、キャリアアップをしていきたいと言うことで、それができるような女性も活躍している会社を紹介してもらえたため、転職後も満足して働くことができています。
また、面接前に別の人が受けた質問内容や希望する人物像などを教えていただけたため、スムーズに選考に臨むことができました。
職務経歴書についても、会社の特徴に合わせて添削してらもらえたため、忙しくても時間をかけずに準備できました。

不満だった点としては給与交渉について、ある程度はやってもらえると聞いていたのですが、蓋を開けてみると、何社か内定をいただいていたにもかかわらず、最初に提示された給与で、そこからの交渉はやってもらえませんでした。
自分で交渉する必要があるのであれば、最初からそう言ってもらえれば、面接の時などに自分から交渉してみたのにと思っています。
また、エージェント担当者が忙しすぎて、質問事項や今後の対応などについて電話がつながらないことが多々ありました。
急ぎでないものについてはメールで連絡していましたが、選考についてなどの急ぎのものは、つながらない時はかなり焦りました。

出典:しごとウェブ転職調べ

>パソナキャリアの無料登録はこちら

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントの特徴

type女性の転職エージェントは、その名の通り女性に特化した転職エージェントです。

年間5,000名以上の女性のキャリアカウンセリングを受けている実績があり、転職事例も豊富です。

女性の転職に関する独自のノウハウを保有しており、転職経験が少ない女性に非常におすすめです。

面接のためのメイクアップサービスや、スーツなどの身だしなみ指導を受けることもできます。

経験豊富なアドバイザーが揃っているため、自分のキャリアとしっかり向き合いたい女性にもおすすめですよ。

表:type女性の転職エージェントの諸表

求人数 約15,000件
対応エリア 全国
拠点 東京
厚生労働大臣許可番号 13-ユ-040429
料金 無料
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター

参考:type女性の転職エージェントの公式サイト

最終更新:2024年6月18日調べ

>type女性の転職エージェントの無料登録はこちら

アデコ

アデコの特徴

アデコは派遣に特化した人材サービスで、転職エージェントと多少異なります。

正社員にこだわらずにワークライフバランスを重視したい女性の方に特におすすめです。

派遣でありながら福利厚生が充実しているのが魅力で、時間に縛られずに柔軟に働きたいなら派遣を検討してみるのも1つの手です。

育児支援サービスや有給休暇などの福利厚生もあり、働きやすさに定評があります。

表:アデコの諸表

求人数 約10,000件
対応エリア 全国
拠点 北海道、岩手、秋田、宮城、福島、東京、埼玉、神奈川、千葉、茨城、栃木、群馬、長野、新潟、石川、福井、富山、愛知、静岡、大阪、兵庫、京都、広島、岡山、福岡
厚生労働大臣許可番号 13-ユ-010386
料金 無料
運営会社 アデコ株式会社

参考:アデコの公式サイト

最終更新:2024年6月18日調べ

>アデコの無料登録はこちら

【目的別】おすすめ転職エージェント8選

次は求人情報の質と提案力が高い特化型転職エージェントを紹介します。

各分野に特化している分、ニッチな求人も多く、非常に濃い情報も得やすいです。

総合型の転職エージェントと合わせて利用することで情報の抜け漏れを減らすことができます。

職種や個々のスキル、経験に応じておすすめの転職エージェントを紹介していきますのでぜひ参考にしてください。

【適職を探したい方におすすめ】ハタラクティブ

ハタラクティブの特徴

ハタラクティブは未経験職種への転職に強みを持つ転職エージェントです。

ハタラクティブは未経験者が正社員になるために全力を尽くしています。

そのため、ニートやフリーターの方にもおすすめの転職エージェントです。

未経験の方への提案力が非常に高く、内定率も80%を超えています。

他では中々見つからないような未経験転職におすすめの企業の求人も保有しています。

表:ハタラクティブの諸表

求人数 2,445件
対応エリア 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・愛知・福岡
拠点 東京(渋谷・秋葉原)、神奈川(横浜)、千葉、埼玉、大阪(梅田ゲートタワー)、愛知(名古屋)、福岡、宮城、岡山県
厚生労働大臣許可番号 13-ユ-302698
料金 無料
運営会社 レバレジーズ株式会社

参考:ハタラクティブの公式サイト

最終更新:2024年6月18日調べ

>ハタラクティブの無料登録はこちら

【若手でハイキャリア転職したい方におすすめ】アサイン

アサインの特徴

アサインは20代・30代前半と言った若手のハイキャリアに特化した転職エージェントです。

IT系や営業・コンサルに強く、キャリアアップが見込める外資系の求人を豊富に取り扱っています。

転職決定時の平均年収は約850万円と、大きなキャリアアップが見込めるのも魅力でしょう。

他社に比べて3倍以上も時間をかけてあなたと向き合ってくれるため、最適な求人が見つかるだけでなく内定獲得率も格段に上がります。

方向性は決まっていないけどさらに上のキャリアを目指したいという若手の方にも非常におすすめな転職エージェントと言えます。

表:アサインの諸表

求人数 非公開
対応エリア 全国
拠点 東京(千代田区)
厚生労働大臣許可番号 13-ユ-308560
料金 無料
運営会社 株式会社アサイン

参考:アサインの公式サイト

最終更新:2024年6月18日調べ

>アサインの無料登録はこちら

【良い求人があれば転職したい方におすすめ】ビズリーチ

ビズリーチの特徴

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントで、企業または転職エージェントからオファーが来ます。

職務経歴書を丁寧に記載をしておくことで、これまでの経験を活かせる業務やポジションの求人がピンポイントで来るため、質が高い転職サイトです。

ニッチな経験やスキルに対してオファーが来ることもあるため、細かく職務経歴を記入することがポイントです。

登録をしたあとはスカウトを待つだけになるため、良い求人があれば転職したいという方にビズリーチはぴったりと言えます。

表:アサインの諸表

求人数 約80,000件
対応エリア 全国・海外
拠点 東京(渋谷区)、大阪(桜橋御幸ビル)、愛知(名古屋)、静岡(葵区)、広島(中区)、福岡(博多区)
厚生労働大臣許可番号 13-ユ-306019
料金 無料
運営会社 株式会社ビズリーチ

参考:ビズリーチの公式サイト

最終更新:2024年6月18日調べ

利用者の声

40歳を過ぎていたので、転職マーケットで自分がどれほど価値があるのか、あまり自信を持てていなかったのですが、ビズリーチのスカウトの方と話していると、自分のこれまでのキャリアに対し、とてもリスペクトしてくれましたし、キャリアの洗い出しをするなかで自分が忘れていたようなことも思い出させてくれて、自分でも自身のキャリアにとても自信を持てたのがとても良かったと思っています。いまの天職マーケットは40歳を過ぎてからが面白いし、魅力ある案件が多く決まっているという話も聞けて、自分の転職活動のモチベーションを上げてもらえたのも良かったです。

一方で最初に担当してもらったスカウトの人は、メールの返信も遅いし、一度話しをしたことを忘れていたりと、自分との相性もあわず、何か信用ができない人でした。転職は自分の人生を左右するものとなるので、この人には自分の人生を任せたくないと思い、担当スカウトを変えて欲しいとお願いしました。こちらの要望についてはすぐに聞いてもらえて、ベテランっぽい人を新しい担当にしてもらえたのはとても良かったです。その方とは相性も合い、良いアドバイスがもらえたり、自分に自信をつけてもらえたのでとても感心しています。良い担当者と巡り会えることも、成功する転職のひとつの条件になるような気がします。

出典:しごとウェブ転職調べ

>ビズリーチの無料登録はこちら

【外資系の転職に強い】ランスタッド

ランスタッドの特徴

ンスタッドはこんな人におすすめ

  • 外資系の求人を知りたい
  • 質の高い求人を紹介してもらいたい

外資系に強いランスタッドは知名度こそ低いかもしれませんが、外資系メーカーへの求人紹介に強みを持っており、求人の質が高いです。

筆者は、重機メーカーで採用活動をしていたこともありましたが、キャタピラーなどの業界トップクラスの企業にランスタッドが出入りしていたことを記憶しています。

外資系に強いだけではなく、優良な国内の製造業にも強い点は要注目です。

表:ランスタッドの諸表

求人数 約7,000件
対応エリア 全国・海外
拠点 北海道、山形、宮城、福島、栃木、茨城、群馬、埼玉、千葉、神奈川、東京、新潟、静岡、愛知、三重、大阪、京都、兵庫、広島、香川、愛媛、福岡、熊本、宮崎、鹿児島
厚生労働大臣許可番号 13-ユ-010554
料金 無料
運営会社 ランスタッド株式会社

参考:ランスタッドの公式サイト

最終更新:2024年6月18日調べ

>ランスタッドの無料登録はこちら

【大手やメガベンチャーのIT転職に強い】マイナビIT AGENT

マイナビIT AGENTの特徴

SEやWebエンジニアの方であれば、ITエンジニア向けの転職エージェントの利用がおすすめです。

担当者がエンジニア専門であるため業界や技術に強く的確な提案を受けることができます。

特にマイナビIT AGENTはその知名度から多くの転職者が集まるため多くの人数を採用したい大手企業やメガベンチャーの求人を多く保有しています。

登録をすることで、今より待遇の良い求人に出会える可能性があります。

また、在籍エージェントはIT業界出身者が担当しているため、待遇アップを現実的に望める求人提案をしてもらえます。

大企業も多く利用しており、ITエンジニアとしてキャリアアップしたい方にもおすすめです。

表:マイナビIT AGENTの諸表

求人数 非公開(内、約39%が非公開求人)
対応エリア 全国
拠点 東京、神奈川、北海道、宮城、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡
厚生労働大臣許可番号 13-ユ-080554
料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ

参考:マイナビIT AGENTの公式サイト

最終更新:2024年6月18日調べ

>マイナビIT AGENTの無料登録はこちら

【管理部門への転職に強い】MS-Japan

MS-Japanの特徴

MS-Japanは管理部門に特化した転職エージェントです。

MSジャパンでは東京や神奈川を中心に大阪や愛知などの全国エリア、海外の求人を探すことができます。

現在では管理部門系の求人は経理だけが突出して探しやすく他の職種は求人募集が少ない傾向にあります。

MS-Japanでは公認会計士や税理士など士業の転職にも実績があり、管理部門に特化した独自のネットワークで高水準な質の高い求人を紹介してくれます。

表:MS-Japanの諸表

求人数 約6,300件
対応エリア 全国・海外
拠点 東京、神奈川、愛知、大阪
厚生労働大臣許可番号 13-ユ-307066
料金 無料
運営会社 株式会社Ms-Japan

参考:MS-Japanの公式サイト

最終更新:2024年6月18日調べ

>MS-Japanの無料登録はこちら

障害者は障害者枠求人がある特化型転職エージェントがおすすめ

障害者の方は障害者向けの転職エージェントがおすすめです。

なぜなら企業は一定の確率で障害者を採用する義務があり、採用するために障害者向けの転職エージェントに求人を出すからです。

採用する義務から企業は採用するため、障害者枠を狙えば転職しやすいと言えます。

障害者専門の転職エージェントではリタリコ仕事ナビがおすすめです。

 

【静岡・愛知エリアで転職するなら】Achieve Career

achievecareer

Achieve Career(アチーヴキャリア)は、静岡・愛知エリアを中心に転職支援サービスを提供しています。

エリア別に検索できるため求人が探しやすいです。また、オンライン面談にも対応しているので、全国から利用できます。

特にIT系・製造系のエンジニア領域では、元製造エンジニアやITエンジニアのコンサルタントや、業界に詳しいコンサルタントが担当するので安心して相談できます。

もちろん求人の紹介の他、書類作成、面接のアドバイス、企業との条件交渉、入社後のアフターフォローまでサポートしていただけます。

>Achieve Career(アチーヴキャリア)の無料登録はこちら

転職エージェントの比較は広く・深く情報収集できるサービスを確認する

転職エージェントの種類

おすすめな転職エージェントは広く・深く情報収集ができるサービスであることが重要です。

特に転職活動の初動では広く情報収集を行い、中期以降は深い情報も得られるように職種などの特化型転職エージェントを利用することがおすすめです。

  • 転職活動の初期:広く情報収集できる転職エージェントがおすすめ
  • 転職活動の中期以降:深く情報収集できる転職エージェントがおすすめ

ちなみに、広く・深く情報収集できる転職エージェントがベストですが、存在しないため使い分けることが大切です。

リクルートエージェントやマイナビAGENTといった全国対応をしつつ全年齢サポートする転職エージェントがおすすめです。

また知名度の高さも選ぶ基準の1つです。

大手企業や業績の良い企業は多くの転職者を募集しているため知名度の高い大手系の転職エージェントに求人を出す傾向にあるためです。

次に求人を厳選するフェーズに入った場合は、情報の深さ(質)に注目して転職エージェントを選んでください。

求人選びの方向性が分かって来ると、業界や年齢に特化して詳しい転職エージェントを利用することで企業の内部情報を保有していたり、採用担当への提案力が高く内定が出やすいといった側面もあるためです。

当然、内部事情に詳しいためホワイト企業がハラスメントが横行しているブラック企業かは担当者に事前に確認をしておきましょう。

求人募集をしている背景や上司・同僚といった人物像まで把握しているため、合う・合わないを事前に共有してもらえます。

転職活動におけるタイミング おすすめな転職エージェント 利用すべき転職エージェント
転職活動の初期 広く情報収集ができる転職エージェント 大手総合型の転職エージェント(リクルートエージェント、マイナビAGENTなど)
転職活動の中期以降 深く情報収集ができる転職エージェント 職種・分野の特化型転職エージェント(JACリクルートメントなど)

さらに、難航状態に落ちいった時のためにスカウト型の転職エージェントも利用しましょう。

事前に職務経歴書を登録しておくことで、企業や転職エージェントからオファーを受けることができます。

居住地に近い企業や別業種からの意外なオファーがあり、キャリア構築にあたり大きな手助けとなるでしょう。

このように特徴の違う転職エージェントを組み合わせて利用することで、専門領域にもかかわらず網羅的に進めることができます。

転職エージェントの使い方

転職エージェントを最大限活かす使い方を紹介します。

賢い転職エージェントの使い方がわかれば、転職の効率を何倍にもあげることができるため、ただ利用するだけではもったいないです。

筆者が転職者、採用担当者として転職エージェントを利用した経験をもとに紹介していきます。

転職エージェントを情報収集に使う

転職をより良いものにするためには、自分・業界・企業についてしっかり知る必要があります。

何度も述べますが、転職を成功させるためには情報収集が不可欠となります。

これらを一人で収集しようと思っても限界があります。企業の内情を知るためには内部で働いている人に聞くしかないためです。

その点、転職エージェントは自己分析のサポートだけでなく、

  • 企業の社風
  • 残業時間
  • 面接官が過去にした質問
  • 業界動向

手っ取り早く情報を仕入れて気になる点は自分で集める形にした方が効率的です。

失敗を避けて最高の転職をしたい方は転職エージェントを活用して情報収集を徹底しましょう。

転職エージェントを複数利用することでメリットが多くなる

転職エージェントの複数利用は必須

転職エージェントを複数利用することで下記のようなメリットがありおすすめです。

  • 担当の思惑による適職でない求人の提案の回避
  • 客観的な判断がしやすくなる
  • 相性の悪い担当者に依存する必要がない
  • 連絡の遅い担当者を待つ必要がない

転職エージェントは無料で利用できますが採用した企業からお金を受け取る仕組みである都合上、転職意欲の高い方を優先したり内定が出やすい求人を案内されるケースがあります。

万が一、1サービスしか利用しておらず悪質な担当者が付いた場合、振り回される可能性があります。

3サービスと複数の転職エージェントを利用してより有利に転職を進めましょう。

転職エージェントが合わない場合は遠慮せず断る

もし転職エージェントが合わない場合には、「一度冷静になって転職を考え直したいから、中断したい」と遠慮せずに断りを入れましょう。

転職エージェントの断り方は電話しづらければメールで断って退会してもOKです。

また、どうしても話をするのが面倒だという場合には無理してまで断りを入れる必要はありません。

転職エージェントにあまり連絡を取らず放置しておいて徐々に距離を空けるという方法もありです。

求人に応募してすでに選考がスタートしている場合は面接だけは受けて「これ以降はもうやめにしたい」と伝えるようにしましょう。

それでもあまりしつこい転職エージェントであれば無視しても問題ありません。

そのうちメールの定期連絡だけが来る状態になりあとは担当エージェントから連絡さえ来ない状態になります。

転職エージェントの流れ

転職エージェントを利用する流れは、大きく分けると以下の6STEPになります。

  1. 転職エージェントへの登録
  2. 転職エージェントとの面談
  3. 求人紹介・応募企業の選定
  4. 各種対策
  5. 求人への応募・選考
  6. 内定通知・入社

転職エージェントを利用したことがなく、流れがわからないと不安になる方もいるかと思われます。

流れを少しでも理解しておくだけでも、スムーズに転職エージェントを利用しやすくなりますので、ぜひ確認してみてくさい。

STEP1:転職エージェントへの登録

初めに、相談したい転職ジェージェントが決まったら公式ページから登録をします。

名前やメールアドレス、転職希望時期や現在の職種などを記載していきます。

ほとんどの場合、登録は無料で数分ほどで完了し、特定の企業が閲覧できないように除外設定できるサービスが大半です。

登録が完了したら転職エージェントからメールもしくは電話がきますので確認しておきましょう。

STEP2:転職エージェントとの面談

登録後、日程調整をし、各転職エージェントとの面談を行います。

面談では、主に以下のような内容を担当者に伝えます。

  • 転職目的
  • 希望条件
  • 経歴やスキル

事前に自己分析しておき、具体的に伝えることでスムーズに面談が進みます。

STEP3:求人紹介・応募企業の選定

面談後は面談内容をもとに、担当者が求人紹介をしてくれます。

その場で応募する必要はありませんので、一度持ち帰ってじっくり選定しても問題ありません。

ただし、少しでも興味を持った企業には積極的に応募していきましょう。

STEP4:各種対策応募

したい企業が固まってきたら選考に向けて各種対策を行ってくれます。

  • 書類の添削
  • 企業分析
  • 面接対策

など苦手な部分を対策してもらい、万全な状態で選考に移りましょう。

STEP5:求人への応募・選考

転職エージェント経由で求人に応募します。

今一度、面接対策などを万全にし、選考に臨むようにしましょう。

選考は、書類選考と1~3回ほどの面接が一般的です。

面接の際に企業の雰囲気やオフィスを観察しておくと、内定後の選ぶ基準にもなります。

STEP6:内定通知・入社

内定通知は転職エージェント経由もしくは企業から直接届きます。

企業から直接来た場合は一度転職エージェントに連絡しておきましょう。

入社したい企業が決まったら、転職エージェント経由で以下のような各種調整を行ってもらえます。

  • 入社日調整
  • 年収交渉
  • 労働条件確認

その後、現在働いている会社からの退職を経て入社の流れとなります。

転職エージェントに関するよくある質問

実際に多くの方が抱えている転職エージェントに関する疑問を集めました。

しっかりと理解し、疑問をできるだけなくして転職活動を進めていきましょう。

転職エージェントと転職サイトの違いは何ですか?

転職エージェントは、転職希望者に担当者がつき、転職をサポートするサービスです。

かかる人件費などの費用は採用する企業が負担するため、転職者は無料で利用できます。

ただし、企業は転職者を採用するたびに高額の費用を転職エージェントに負担するため、専門性のある職種やハイキャリアな求人に偏る傾向にあります。

一方で転職サイトは一般的に求人掲載で料金が発生するサイトを指します。

そのため求人掲載型の転職サイトでは何名採用しても、同一の掲載費となるため工場スタッフや店舗スタッフなど定型業務で多数の採用をしたい求人に偏る傾向にあります。

このような違いを意識して利用するとベターですが、転職活動に慣れていない方や自己分析・企業研究などが不安な方は転職エージェントの利用がおすすめです。

国の就職支援期間と転職エージェントはどちらを利用すべきですか?

国の就職支援期間として、各県にジョブカフェやハローワークがありますが地元密着型の中小企業が多いでしょう。

利益が出ており成長を目指したい企業は採用時の成果報酬料が高いですがコストをかけて転職エージェントを利用する傾向にあります。

大手や中堅企業を希望する方は民間の転職エージェントを利用した方がより良い求人に出会えるでしょう。

転職エージェントはなぜ無料で利用できるのですか?

転職エージェントの費用が無料な理由は、転職者の代わりに企業から報酬をもらうビジネスモデルにあります。

企業に転職希望者を紹介し実際に転職が決まったら企業から転職エージェントに報酬が入る仕組みです。

その結果、転職者は金銭的な負担はなく無料で転職支援が受けられと言うわけです。

転職エージェントに裏事情はありますか?

転職エージェントの都合上、ブラック企業を紹介する転職エージェントも存在します。

転職者を企業に入社させることで報酬を得るため、利益を優先してブラック企業でも入社しやすければ紹介してしまうのです。

このような裏事情を回避するためにも、前述したように複数サービス利用することをおすすめします。

転職エージェントは相談だけでも利用できますか?

転職エージェントは相談だけでも利用OK

転職エージェントは相談だけでも問題なく利用できます。

ですので転職するか迷っている方も積極的に相談してみてください。

気軽に相談することで魅力的な業界・職種・企業が見つかり、転職意欲がグッと高くなることもあります。

転職エージェントの非公開求人とは何ですか?

非公開求人とは転職サイトなどで一般公開されていない求人のことを指します。

非公開求人は転職エージェントに登録することで紹介を受けることができるようになります。

優良求人や特定のポジションの求人な場合が多いため、是非登録し非公開求人の情報を得ましょう。

転職エージェントに紹介された求人は絶対に応募しなければいけませんか?

紹介してもらった求人に必ずしも応募する必要はありません。

より良い転職にするためにもまずは情報を集め、しっかり検討したうえで応募した方が良いです。

転職エージェントの面談にはどのような服装で行くべきですか?

転職エージェントに面談へ行く時の服装はカジュアルな服装で問題ありません。

「スーツを着ていった方が好印象かな?」と考える人も多いですが、特にスーツを来ていく必要はありません。

ただし、カジュアルな服を持っていないと言う方ならスーツでも問題ありませんので柔軟に対応していきましょう。

まとめ

この記事ではおすすめの転職エージェントを様々な角度で紹介してきました。

転職エージェントは正しい比較軸で選ぶことをおすすめします。

そして、転職で悩んでいる方はまずは転職エージェントに相談してみましょう。

本気で良い人材を採用したいという会社は必ず最終的には転職エージェントを選びます。

自分自身が転職後も大切にされたい、期待の人材でありたいという場合は迷わず転職エージェントを利用するようにしましょう。

 

また、転職活動の前にまず自分の市場価値を知りたいという方は【3分でできる】エンジニアとしての市場価値診断|YesNoCodeも参考にしてみてくださいね。