※マイナビ等のプロモーションを含みます

スカウト型転職サイト精度の高い厳選6社!仕組みや活用方法を解説

スカウト型の転職サイトは数多くある中で、安心して利用できるよう仕組みやおすすめのサービスについて解説します。

転職サイトのスカウトが怪しいのはなぜ?

スカウトメールがくると嬉しい反面、怪しいと思ったり、信用できるのか疑ってしまいますよね。

採用担当者を約10年経験した筆者からすると信用できるかどうかは会社次第というところです。

本気でスカウトメールを作成して転職希望者に送っている採用担当者もいます。

一方でテンプレートの文面をそのままスカウトメールとして送る方もいます。

コツを一つお伝えすると質の悪いスカウトメールを送る会社は良い企業では無いでしょう。

一緒に仕事をするパートナーに対し配慮のない企業は早々にこちらから見送りましょう。

もちろん質の高いスカウトメールが多い転職サイトもあり、そちらを使えばより有利に転職活動を進めることができます。

この記事を読めば良いスカウトメールを見分けられ、実際に応じるべきか判断できるようになります。

さらに、転職サイトのスカウトが内定に直結するのかどうかを知ることもできます。

転職サイトのスカウトを効果的に使いたい方はぜひ最後までご覧ください。

スカウトメールの仕組みと裏側

転職サイト経由でスカウトメールを受けても内定が確約されたわけではありません。

ましてや面接に通りやすいわけでもありません。

この章では以下のような、転職サイトにおけるスカウト仕組みと裏側を紹介していきます。

  • 採用担当者がスカウトメールを送る理由とは?
  • スカウトメールで落ちることはある?内定は出やすい?
  • スカウトメールのデメリットはないの?
  • 【コラム】会社にバレないよう特定企業から見られないように設定しよう

ぜひ参考にしてください。

採用担当者がスカウトメールを送る理由とは?

採用担当者がスカウトメールを送る理由として、早く採用候補者を集めたいという意図があります。

人手不足の職場に早く戦力をいれたいため、必死なことがよくあります。

また知名度が低く応募がなかなかされない中小企業の場合もあります。

スカウトメールを利用すれば、もちろん早く内定が出る可能性もあります。

しかし、そのような職場は定着率が悪い可能性が高いため、求人を精査する必要性があります。

スカウトメールで落ちることはある?内定は出やすい?

残念ながらスカウトをされても落ちることは十二分にあり得ますし、内定が出やすいかは本人次第です。

スカウトメールは書類選考を免除する程度の効果しかありません。

実際に面接をしてみて人柄などでマッチングを進めるのが日本企業の特徴です。

スカウトメールだけで内定が出やすくなることはありません。

【コラム】会社にバレないよう特定企業から見られないように設定しよう

転職サイトに登録したら会社にバレない様に必ず検索除外設定をしておきましょう。

自分の情報を特定の企業から検索できないようにできます。

転職活動が会社にバレると会社に居づらくなってしまうためです。

大手の転職サイトであれば、必ずフィルタリングできるようになっています。

本名や在籍企業名などを見られないようにすることが可能です。

忘れずに非公開設定にチェックを入れておくようにしましょう。

転職サイトのスカウトの種類

転職サイトのスカウトの方法には以下の2種類があります。

  • ダイレクトリクルーティング
  • ヘッドハンティング

それぞれの違いについて解説します。

ダイレクトリクルーティング

ダイレクトリクルーティングとは企業の採用担当が必要な人材を探して、公開されている求職者の経歴やスキルを見て直接アプローチする方法を言います。

個人の職務経歴書やレジュメを直接チェックして、マッチすると思われる人をスカウトするという手法のため、企業側も積極的に採用しようとしている点がメリットとなります。

スカウトを受けた時点で企業からスキルや経験を高く評価されていると考えられるため、選考に通りやすく交渉についても有利な立場でのスタートとなります。

また、転職エージェントを挟まずに最初から企業とのやり取りとなるので効率的に転職活動を進めることが可能です。

企業はあくまでも職務経歴書やレジュメの情報を見てスカウトを行うため、魅力的なレジュメ作成を心掛けましょう。

ヘッドハンティング

ヘッドハンティングとは、ヘッドハンティング会社に所属するヘッドハンターがスキルや経験を見て魅力的であると思われる人材に対してアプローチすることを言います。

ヘッドハンターは転職業界に精通しており、スカウト後は転職活動に関する全てのサポートを受けながら進めることが可能です。

求める条件を提示した上で求人の提案を受けることもできますし、面接の日程調整や対策についてもフォローしてもらえます。

給与や条件の交渉なども代行して行ってくれるため、選考に集中して臨むことができます。

選考に関して有利になることはありませんが、転職活動のストレスは軽減されるでしょう。

スカウトメールが多く・精度が高いおすすめの転職サイト6選

スカウトメールが届く転職サイトおすすめ

ここではスカウトメールが多く、精度が高いおすすめの転職サイトを紹介します。

筆者が採用担当者、転職者の両方の立場で実際に利用し、スカウトの質が高く良い企業の求人が多いと感じたものを厳選しました。

スカウトの精度・質が高いということは、転職希望者のスキルや職歴、強みを明確に理解してその人に合った求人を紹介しています。

そのため、必然的に内定も出やすく、活躍しやすい企業に行ける確率が必然的に上がると言うわけです。

筆者がおすすめする転職サイトは、以下の6つです。

サービス名 マイナビジョブ20’s リクルートエージェント JACリクルートメント ビズリーチ リクルートダイレクトスカウト エン転職
求人数 非公開 約250,000件  約15,000件 約96,000件 約74,000件 約6,000件
対応エリア 全国 全国・海外 全国・海外 全国・海外 全国・海外 全国
特徴 スカウトあり20代専門サイト 業界最大規模の求人 情報が濃い高精度スカウト スカウトを待つだけ ハイキャリア向け 地元企業に強い
公式サイト 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細

それぞれについて解説します。

おすすめ1:マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sはスカウトサービスのある20代向け転職エージェントです。

業界大手のマイナビグループであり20代の転職サポートに特化しています。

登録情報からあなたに興味を持った企業からスカウトが届くため、20代で大手企業や上場企業にチャレンジしたい方にもおすすめです。

>マイナビジョブ20’sはこちら

おすすめ2:リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界でも最大手の転職エージェントです。

ベンチャーから大手まで幅広い求人を保有しており、様々な条件のスカウトを受け取ることができます。

サポートも充実しているため、転職活動で悩んでいる方は登録しておいて損はないでしょう。

>リクルートエージェントはこちら

おすすめ3:JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア向けのスカウトサービスです。

スカウトの質はもちろん、得られる情報が非常に濃いことに特徴があります。

転職は情報戦ですので、JACリクルートメントを利用することで、転職活動をより有利に進めることができますよ。

>JACリクルートメントはこちら

おすすめ4:ビズリーチ

ビズリーチは完全にスカウト型の転職サイトです。

企業からの直接スカウトと、転職エージェントスカウトが入り混じっています。

転職エージェントからのスカウトが多い印象ですね。

年収アップできる求人が多く、企業規模だけではなく役職に拘りたい方にもおすすめできます。

>ビズリーチはこちら

おすすめ5:リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは、その名の通りリクルートが運営するハイキャリア向けのスカウトサービスです。

特に年収800万円以上の方に強く、さらなるキャリアアップを目指したい方におすすめです。

思わぬポジションの高待遇なスカウトが来ることもありますので、市場価値を知ることもできおすすめのサービスです。

>リクルートダイレクトスカウトはこちら

おすすめ6:エン転職

エン転職は非常にたくさんのスカウトが期待できます。

スカウトの精度はリクナビNEXTほどではありませんが、中には優良企業求人もありました。

大手ではなく、中小企業からのスカウトを待つ場合には、非常に便利なサイトです。

>エン転職への登録はこちら

ところで「スカウトメールってあんまり意味ないのかな」と思っていませんか。

次は、スカウトメールを受けるメリットとデメリットについて解説します。

スカウトメールを受けるメリットとデメリット

スカウトメールのメリット・デメリット

スカウトメールの最大のメリットは、実は非公開求人にあります。

企業が表にあまり出したくない優良求人を受けることができます。

逆にいえば意中でない企業からスカウトされることで転職の軸がブレることがデメリットとなります。

メリットとデメリットについて紹介します。

スカウトメールを受けるメリット3つ

スカウトメールを受けるメリットは、以下の3つです。

  • 非公開求人を受けることが出来る
  • 小規模エージェントのお宝求人にあたる可能性がある
  • 書類選考が免除される

それぞれについて解説します。

非公開求人を受けることが出来る

スカウトメールは非公開求人の宝庫です。

特にリクナビNEXTのプライベートオファーは利用料金を高めに支払わないと、その機能を活用できません。

本気度の高い企業の非公開求人を受けることが可能です。

小規模エージェントのお宝求人にあたる可能性がある

転職サイトからスカウトメールを受けると、思わぬ出会いがあります。

聞いたことがないような小さい転職エージェントが優良企業求人を送ってくることがあるのです。

理由は、独自の人脈を築いている小規模エージェントが、良い人材を探しているためです。

このように、小規模エージェントが保有しているお宝求人に出会える可能性があります。

書類選考が免除される

転職サイトでスカウトメールを受けることで、書類選考が免除されることがあります。

企業側が転職希望者のプロフィールを精査して

「これならいきなり面接しても問題ない」

と判断しているためです。

書類選考を免除されると、いきなり面接からスタートするため準備がなく楽です。

メリットは以上となります。

次は、デメリットを解説していきます。

スカウトメールを受けるデメリット3つ

スカウトメールを受けるデメリットは、以下の4つです。

  • スカウト後の面会がただの面接の場合もある
  • 意中の企業からスカウトを待っていても来ない
  • よく知らない企業からスカウトされて喜んでしまう
  • 大企業のスカウトメール以外は、あまり重要ではない

それぞれについて解説します。

スカウト後の面会がただの面接の場合もある

本来はスカウトなので企業側が面接希望者のことを事前によく知っておく必要性があります。

しかし、実際にスカウトされて面接に行ってみると出だしから

「志望動機はなんですか?」

と、ただの面接をする採用担当者もいます。

スカウトメールをもらって面談に行ったにもかかわらず、企業側から「自己PRしてください」という企業もあります。

スカウトされたからといって気を抜かないことをおすすめします。

意中の企業からスカウトを待っていても来ない

絶対に行きたい会社がある場合はスカウトメールを待っていてもスカウトが来ない可能性の方が高いです。

そもそも意中の企業が求人をしているかどうか分からないためです。

意中の企業がある場合、自分から求人検索をしてエントリーした方が早いです。

よく知らない企業からスカウトされて喜んでしまう

良く知らない企業からスカウトされて喜んでしまうのは避けましょう。

まず、内定が本当に出るかは面接次第なためです。

志望度の低い企業からスカウトされて一応面接にだけ行くのは時間の無駄です。

冷静に応募を見送るなどしましょう。

大企業のスカウトメール以外は、あまり重要ではない

大企業からのスカウトは非常に重要です。

大企業はエントリーする人が多すぎるため、なかなか書類選考に通過できないからです。

反対に中小企業であればタイミングさえ合えばいつでも入社は可能です。

中小企業の求人に人が集まらないから仕方なくスカウトメールを出したというケースが多く重要度は低いです。

スカウトという響きに騙されないようにしましょう。

ところでスカウトメールを怪しいと感じたことはありませんか?

その理由について解説していきます。

【人事が暴露】転職サイトのスカウトメールが怪しくなる3つの原因

転職サイトのスカウトメールは、ハッキリ言って採用担当者が書いていないケースが存在します。

ひどい場合は外注先に丸投げのケースも。

人事歴10年の筆者が実情を暴露すると、以下のような事情があります。

  • とりあえずオプションだからと適当なメールを書く採用担当者の存在がある
  • スカウトメール文面を他の代行会社に丸投げしている
  • 転職エージェントがスカウトメールを送ってくる

それぞれについて解説します。

とりあえずオプションだからと適当なメールを書く採用担当者の存在がある

求人広告には実は料金プラン別に利用できる機能に制限があります。

高い広告費用を支払うほど、求人検索で上位に表示されます。

さらにはスカウトメールを送れるオプションまでセットでついてきます。

具体的には求人広告掲載費用を50万円以上支払うとスカウトメールを送れるオプションがついてきます。

逆に、最安プランにはスカウトメール機能はついていないことが多いです。

そのため、せっかく高いプランを使っているのでメールを送っておこうと適当なスカウトメールを書いてしまう担当者がいます。

求人広告を出すついでにスカウトメールという意識がかなり悪い影響を与えていますね。

スカウトメール文面を他の代行会社に丸投げしている

スカウトメール文面を採用担当者が、他の代行会社に丸投げすることがあります。

採用担当者が他の業務を兼任しており、忙しいためですね。

採用担当者としては好ましくない行動の最たる例です。

スカウトメールであるにもかかわらず、個別に文面をカスタマイズされていない場合は機械的に一括送信している場合があります。

明らかに機械的で大量に同じ文面が送られていると感じるスカウトメールは無視して問題なしです。

転職エージェントがスカウトメールを送ってくる

転職エージェントがスカウトメールを送ってくるケースもあります。

レアな求人紹介も稀にありますが転職エージェントは採用権限がないため、採用される確率は低いです。

企業からの直接スカウトの方が書類選考免除特典などがあり、メリットが大きいです。

出来れば企業の直接案件を受けましょう。

ところで「どうすれば質の良いスカウトメールを受け取ることができるのかな」と気になっていませんか。

次は、質の高いスカウトメールを受け取る方法について解説します。

質の高いスカウトメールを受け取る方法

質の高いスカウトメールを受け取るためには、以下の対策が重要となります。

  • レジュメを作り込む
  • 仕事に関する考え方を自己PRに記載
  • 転職サイトにこまめにログインする

それぞれについて解説します。

レジュメを作り込む

採用担当者がスカウト対象者の検索でヒットするような単語を必ずレジュメに入れておきましょう。

採用担当者は、職種に注目してスカウトメールを送る対象を選ぶためです。

また、地方で就活する場合、住所は詳細に書きましょう。

地方の企業は出来るだけ地元の人材を採用したいと考えているため、住所は実は大きな注目点です。

仕事に関する考え方を自己PRに記載

自分自身の仕事のスタンスを端的に表現しましょう。

仕事に対する考え方が自分の会社と近いと判断した採用担当者から連絡が来やすくなるためです。

筆者の場合、

「人事としてのモットーは、信賞必罰です。社員に嫌われてでもやるべきことをやり抜く強い人事を目指します」

と記載したところ、数社から共感を得てスカウトされたことがあります。

転職サイトにこまめにログインする

スカウトされる確率は転職サイトのログイン頻度で変わります。

採用担当者のスカウト画面からは、登録者のログイン頻度が直近の方が表示されます。

ログイン日時が最新な人ほどスカウト対象になりやすいので、1週間に1度程度は必ずログインしましょう。

「じゃあ、どのサイトが良い転職サイトなの」と気になっていませんか。

次は、筆者が採用担当者として実際に活用してきた転職サイトをご紹介していきます。

まとめ

転職サイト経由でスカウトメールを貰ったからといって、内定が確約されたわけではありません。

まして面接に通りやすいわけでもありませんので、その人次第です。

採用担当者がスカウトメールを送る理由として、早く採用候補者を集めたいという意図があります。

スカウトメールのデメリットとして、いい加減な採用担当者にぶつかることがあります。

スカウトしておいて志望動機を質問する採用担当者もいるので注意が必要です。

スカウトメールを受けるメリットは、以下の3つです。

  • 非公開求人を受けることが出来る
  • 小規模エージェントのお宝求人にあたる可能性がある
  • 書類選考が免除される

スカウトメールを受けるデメリットは、以下の3つです。

  • 意中の企業からスカウトを待っていても来ない
  • よく知らない企業からスカウトされて喜んでしまう
  • 大企業のスカウトメール以外は、あまり重要ではない

スカウトメールには以下のような問題があります。

  • とりあえずオプションだからと適当なメールを書く採用担当者の存在
  • スカウトメール文面を他の代行会社に丸投げしている
  • 転職エージェントがスカウトメールを送ってくる

質の高いスカウトメールを受け取るためには、以下の対策が重要となります。

  • レジュメを作り込む
  • 仕事に関する考え方を自己PRに記載
  • 転職サイトにこまめにログインする

筆者がおすすめする転職サイトは、以下の5つです。

サービス名 マイナビジョブ20’s リクルートエージェント JACリクルートメント ビズリーチ リクルートダイレクトスカウト エン転職
求人数 非公開 約250,000件  約15,000件 約96,000件 約74,000件 約6,000件
対応エリア 全国 全国・海外 全国・海外 全国・海外 全国・海外 全国
特徴 スカウトあり20代専門サイト 業界最大規模の求人 情報が濃い高精度スカウト スカウトを待つだけ ハイキャリア向け 地元企業に強い
公式サイト 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細

積極的に活用して良い職場を見つけましょう。