※マイナビ等のプロモーションを含みます

SIerからの転職におすすめの転職先は?辞めたい人が選ぶべき職種・業界8選

SIerから転職したい人は、さらなる上流工程へのキャリアアップや、残業時間の多さに疲弊したことを理由に転職を考えることが多いです。

SIerからの転職先は具体的に以下のような選択肢がおすすめです。

  • 年収を上げたい人は、大手SIerまたはフリーランスSE
  • 残業を減らしたい人は、大手SIerまたは社内SE
  • 技術力をつけたい人は、中堅SIerまたはWeb系

もし全ての選択肢を知りたい方は、業界と職種を分けて考えることでSIerの転職先を網羅できます。

この記事では、SIerからの転職先を一覧にして紹介しています。

各転職先ごとにおすすめの人も紹介していますのでぜひ参考にしてください。

【高待遇を希望する方】

高待遇な求人を見つけるために非公開求人に注目してみましょう。
知名度が高い企業や大手は非公開求人で募集することが多々あります。
早く相談すれば高待遇の非公開求人をいち早く紹介してもらえるため、動くなら「いま」です。

注意点は求人の質・量の両方を大切にすることです。
高待遇の求人をたくさん紹介してもらえるような転職エージェントに相談しましょう。

当サイトで評判が良く人気のエージェントはマイナビIT AGENTです。
IT業界の求人が豊富で定評があります。

登録後は連絡に沿って進めていくだけです。
1日でも早く動くことで思わぬ高待遇求人の出会いへとつながるでしょう。
>マイナビIT AGENTの非公開求人相談はこちら

SIerを辞めたいと思う理由

SEがSIerを辞めて転職したいと思う理由は、請負開発やITゼネコンに起因した理由が大半です。

ここでは富士通に勤務していた筆者が見聞きしたものやIT専門の転職エージェントから共有してもらった内容です。

  • 企画や設計などの上流工程に関わりたい
  • 発注側に回りたい
  • 二次請け・三次請けから一次請けにいきたい
  • エンドユーザーの近くで開発したい
  • 障害対応や呼び出しを受けたくない
  • やりがいのあるサービスやプロダクトに関わりたい
  • 裁量のある仕事をしたい
  • 炎上案件の対応が嫌だ
  • 客先常駐でリモートワークができない

このように、上流工程へのキャリアップと年収アップ、障害時のストレス、疲弊する残業がSIerから転職する理由となりがちです。

例えば、下請けSIerに勤務していると要件定義や基本設計といった上流工程は完了しており、詳細設計やプログラミングといった下流工程しか担当できないケースがあります。

このようなSIerでは、SEとしてのスキルアップができず給与もあがりません。

より上流工程を担当できるSIerに転職したいといった理由でSIerから転職を希望するのです。

SIerから転職する場合はその理由をはっきりと認識することが重要です。

筆者も同様に請負開発に起因するストレスもあり大手SIerからWeb系へ転職しました。

自社事業のWebエンジニアへ転職したためクライアントの不要な対応が減り、ストレスが激減したことを覚えています。

このように自分自身がSIerから転職する理由を認識することでより良い転職先が見つかるでしょう。

SIerから転職したい方におすすめの職種と業界

SIerから転職の転職先は、職種と業界を区別して考えると転職先を網羅できます。

そして、想定する以上に転職先の候補は限られることに気づくでしょう。

職種 業界 転職先の方向性
同職種 同業界 零細SIerから大手SIerへ転職
大手SIerから中堅SIerへ転職
SIerからSESへ転職
SIerから派遣へ転職
SIerからフリーランスSEへ転職
同職種 異業界 SIerから社内SEへ転職
SIerからWeb系へ転職
異職種 同業界 SIerから異業種へ転職
異職種 異業界 無数に存在。ただし高リスクでおすすめできない

ここで気をつけたい点は、異職種かつ異業界への転職はおすすめできない点です。

なぜなら、これまでのスキルや経験を全く活かせないため待遇が下がるどころか、目利きがないため今よりブラックな環境になる可能性があるためです。

明確な目的なない限りは異職種かつ異業界の転職先は選ばないようにしましょう。

さらにSIerからの転職先を深掘りしていくと下表の選択肢があります。

転職目的に合わせて選んでみましょう。

SIerからの転職先 年収アップ 残業を減らしたい 技術力をつけたい
零細SIerから大手SIerへ転職
大手SIerから中堅SIerへ転職
SIerから社内SEへ転職
SIerからWeb系へ転職
SIerからSESへ転職
SIerから派遣へ転職
SIerからフリーランスSEへ転職
SIerから異業種へ転職

【高待遇を希望する方】

高待遇な求人を見つけるために非公開求人に注目してみましょう。
知名度が高い企業や大手は非公開求人で募集することが多々あります。
早く相談すれば高待遇の非公開求人をいち早く紹介してもらえるため、動くなら「いま」です。

注意点は求人の質・量の両方を大切にすることです。
高待遇の求人をたくさん紹介してもらえるような転職エージェントに相談しましょう。

当サイトで評判が良く人気のエージェントはマイナビIT AGENTです。
IT業界の求人が豊富で定評があります。

登録後は連絡に沿って進めていくだけです。
1日でも早く動くことで思わぬ高待遇求人の出会いへとつながるでしょう。
>マイナビIT AGENTの非公開求人相談はこちら

年収を上げたい人|大手SIerまたはフリーランスSE

年収を上げたいのであれば、大手SIerまたはフリーランスSE(個人事業主)がおすすめです。

もし、あなたが中小のSIerに勤めているのであれば、大手への転職で待遇を改善することができるでしょう。

やはり一次請けできる企業は利益率が高く、上流工程も担当できるため年収も市場価値も上がります。

参考:SIer・システム開発・ソフトハウス|社員数500名以上の求人・転職・中途採用|マイナビAGENT

大手SIerは採用人数が多いためマイナビIT AGENTといった知名度の高い媒体で募集しているため登録しておくことが大切です。

また、大手にこだわらずフリーランスとして独立するのも1つの手です。

特に開発が得意な人であれば簡単に年収1,000万円を目指せることができます。

しかも、一昔前と比べてもSEはフリーランスとして活動しやすい土壌ができています。

リモートワークが一般的になっていますし、人手不足のためフリーランスからまたSIerに再就職することも可能です。

フリーランス向けのマッチングサイト、クラウドソーシングを活用すれば、仕事を取ってくることは可能です。

フリーランスは合う・合わないがあるため、気になる方はフリーランスエンジニアの事例を多く知っているレバテックフリーランスに相談をし、情報収集をすることで将来への選択肢が広がるでしょう。

特にフリーランスはサラリーマンよりも簡単に給与を上げやすいため、実力以下の給与だなと不満がある方におすすめです。

残業を減らしたい人|大手SIerまたは社内SE

残業を減らしたいのであれば、大手SIerか社内SEに転職するのがおすすめです。

大手SIerは中小企業と比べるとコンプライアンスの問題もあり、非常識な残業を課される心配もありません。

また、社内SEは自社のシステム構築が業務なため、納期がそこまでキツくなく、残業が少ない傾向にあります。

技術力をつけたい人|中堅SIerまたはWeb系

技術力をつけたいのであれば、中堅SIerやWeb系がおすすめです。

大手SIerはたくさんの人間が働いていることもあり、分業化が進んでいます。

そのため、幅広い業務知識やスキルを身につけるのが難しくなっています。

その点、中堅SIerであれば、一人のエンジニアが多岐にわたる業務を任されるということも少なくありません。

また、Web系はトレンドの移り変わりが激しく、常に最新技術に触れることができます。

技術力を高めたいのであれば選択肢として有効でしょう。

ここからは転職パターンを一つずつ見ていきます。

SIerからの転職パターン

ここからは転職パターンを一つずつ見ていきます。

零細SIerから大手SIerへの転職

もし、零細SIerから大手SIerへの転職ということであれば、働き方を大きく変えるチャンスです。

なぜなら、大手SIerは仕事がクライアントからの直請けになるため、上流工程を担当することになります。

上流工程を担当するということは、自然と給与アップにつながり、残業代もしっかり支払われます。

零細企業だと「見込み残業」「裁量労働制」という形でかならずしも残業代が出ないケースもあります。

当然、コンプライアンスを遵守するため無理な残業は許されていません。

このように、大手SIerならホワイトな労働環境の中で、高い技術やノウハウを吸収できます。

これらが大手SIerに転職する最大のメリットになるでしょう。

ただし、上流工程に偏ってしまうとデメリットもあります。

要件定義や設計、工程管理がメインの業務となり、プログラミングに関わることがほぼなくなります。

開発の最前線でプログラミングを学びたいのであれば、大手SIerに転職しても後悔するかも知れません。

大手SIerについて詳しく知りたい方はこちらの記事でも紹介していますので、SIerでキャリアを描きたいならぜひ一読ください。

【高待遇を希望する方】

高待遇な求人を見つけるために非公開求人に注目してみましょう。
知名度が高い企業や大手は非公開求人で募集することが多々あります。
早く相談すれば高待遇の非公開求人をいち早く紹介してもらえるため、動くなら「いま」です。

注意点は求人の質・量の両方を大切にすることです。
高待遇の求人をたくさん紹介してもらえるような転職エージェントに相談しましょう。

当サイトで評判が良く人気のエージェントはマイナビIT AGENTです。
IT業界の求人が豊富で定評があります。

登録後は連絡に沿って進めていくだけです。
1日でも早く動くことで思わぬ高待遇求人の出会いへとつながるでしょう。
>マイナビIT AGENTの非公開求人相談はこちら

大手SIerから中堅SIerへの転職

大手SIerから中堅SIerへの転職というと、あまりメリットが感じられないかもしれません。

しかし、中堅には中堅の良さがあります。

まず、プロジェクトを管理する際に自分ひとりで数千万円の案件を担当できるので、プロジェクト管理・要件定義・設計・開発のすべてに関わることが可能です。

トータルで開発能力を鍛えることができるため、市場価値が上がりやすいのです。

どうしても大手というのは多種多様な人間にポストを与えなくてはいけないため、業務が細分化されてしまいがちです。

その結果、エンジニア一人ひとりのスキルアップという面では中堅よりも伸びにくい傾向にあります。

大手から中堅に転職すれば、役職を与えられやすいでしょう。

ただし、大手と比べれば年収や福利厚生という点で我慢しないといけないかもしれません。

SIerから社内SEへの転職

ライフワークバランスを見直したい方にはSIerから社内SEへの転職がおすすめです。

なんといっても社内SEの良いところは残業時間の少なさでしょう。

自社システムの開発や業務改善のためのIT推進がメインの業務となる社内SEは無理なスケジュールでプロジェクトが進むことがほとんどなく、プライベートを充実させたいという人には最適です。

特に大手企業であれば社内SEが複数名在籍し働きやすいでしょう。

そのため、人気職種であり社内SEへの転職は狭き門ともいえます。

常に求人のチェックを怠らず、機会があれば応募することが大切です。

注意点としては、社内SEは企業により求められる役割が大きく変わり、企業によっては雑用に近い仕事も対応する必要があります。

社内SEはミスマッチの起こりやすい仕事ですの求人票だけで判断するのではなくマイナビIT AGENTなど企業内部まで把握している転職エージェントに確認することが大切です。

SIerからWeb系への転職

SIerからWeb系への転職は技術が好きな方におすすめです。

常に新しい技術に触れていたい、プログラミングが大好きで、思い切ってWeb系に転職する人も少なくありません。

ただし、SIerは数多くのメンバーの一人として、与えられた業務をこなすことが重視されますが、Web系の仕事はシステムを作っているだけでは高い評価は得られません。

Webサービスの事業を成功させ、貢献することが求められます。

そのため、自分で考えて動ける人のほうがWeb系に転職して成功する可能性が高いでしょう。

注意点は給料が安くなる点です。

Web系では薄利多売のビジネスが中心のためNo1サービスを提供している企業出ない場合は十分な余剰金がありません。

加えてWeb系は市況が大きく変わるため安定性も高くありません。

そのため給料は低めに抑えられている企業が多いです。

特に退職金がない企業が多いため転職時に必ずチェックしてください。

本当に仕事内容が真逆なのでしっかり違いを把握しましょう。

【高待遇を希望する方】

高待遇な求人を見つけるために非公開求人に注目してみましょう。
知名度が高い企業や大手は非公開求人で募集することが多々あります。
早く相談すれば高待遇の非公開求人をいち早く紹介してもらえるため、動くなら「いま」です。

注意点は求人の質・量の両方を大切にすることです。
高待遇の求人をたくさん紹介してもらえるような転職エージェントに相談しましょう。

当サイトで評判が良く人気のエージェントはマイナビIT AGENTです。
IT業界の求人が豊富で定評があります。

登録後は連絡に沿って進めていくだけです。
1日でも早く動くことで思わぬ高待遇求人の出会いへとつながるでしょう。
>マイナビIT AGENTの非公開求人相談はこちら

SIerからSESへの転職

IT業界のなかにはSES(System Engineering Service)という業態の企業があります。

SESは他社プロジェクトに自社の社員を派遣することを生業としていて、基本的に自社でシステムを構築するということがありません。

派遣会社と何が違うのか、というとそこまでの違いはなく、働いているメンバーがすべて正社員で構成されているため、連携面で効率的な開発が可能という面があります。

SESのメリットは納品義務がない点です。

クライアントが無理を言えば納期が延びるだけです。

無理な折衝やリリースから開放されるためストレスが大きく減ります。

ただしSESは企業によって千差万別でホワイト企業もあればブラック企業もあります。

必ず転職エージェントに内部情報をヒアリングしておきましょう

また、企業によっては炎上プロジェクトでもなんでも請け負ってしまうところもあるので注意しましょう。

SIerから派遣への転職

SIerから派遣への転職は、自分の都合に合わせて柔軟に働きたいという人にはおすすめです。

たとえば、子どもを育てながら働きたい、親の介護をしながら働きたいという場合、週3から勤務OKの企業を紹介してもらうということが可能になります。

IT派遣については2018年に大きな動きがありました。将来のキャリアに与える影響を確認してから応募しましょう。

SIerからフリーランスSEへの転職

時間や場所に縛られずに自由に働きたい方やもっと正当な評価を得たいという方はSIerからフリーランスSEへの転職がおすすめです。

フリーランスSEは営業から業務、経費精算まですべてを自分でこなすことになりますが、その分高収入になりやすいです。

フリーランスの最大のネックは「営業」ですが、最近ではフリーランスの支援サイトやマッチングサイトも増えてきています。

そのため、比較的フリーランスとしても活動しやすい環境が整ってきているといえるでしょう。

スキルやコミュニケーション能力に自信があるのであれば、年収アップも含めて検討する価値はあります。

SIerから異業種への転職

SIerから異業種へ転職するのであれば、ITコンサルタントや営業がおすすめです。

業種が違っても同じIT系であれば、これまでの知識を活かすことができますし、現場を知っている経験というのは大きなアドバンテージとなるでしょう。

たとえば、表面的な提案しかできないITコンサルタントは多いですが、技術レベルでの提案ができれば、ほかと差別化ができます。

また、営業にしてもクライアントの要求から見積もり提案の精度が高まれば、それだけ利益率の高いプロッジェクトを獲得することができるでしょう。

注意してほしいのは、異業種かつ異職種というのは危険という点です。

まったく経験のない業界で、経験のない職種になるとこれまでの積み上げがすべてゼロにリセットされてしまうので、並大抵の努力では追いつくことはできないでしょう。

自分がどの仕事に転職したいのかを明確にできていないと、その後の転職活動はもちろん、転職後のキャリアも中途半端なものになってしまいます。

それだけ転職は、その後の人生にも大きな影響を与えるのです。

そのため、転職は確実に進めることが重要といえます。

SIerから転職するおすすめのタイミング

SIerからの転職するおすすめのタイミングは、状況や環境によって大きく違ってきます。

ケースに合わせて紹介していきます。

ユーザー系SIer|30歳手前がおすすめ

銀行や電力会社、大手企業の子会社であるユーザー系SIerは、独自の文化が強いため長く在籍すると転職しづらくなります。

社外では使われていないシステムに長けていても評価する企業が少ないためです。

もし、将来ゆくゆくは転職するつもりだという方は30歳前を目処に転職することをおすすめします。

大手SIerに転職したい人|25歳前後がおすすめ

大手SIerに転職したい方は25歳前後までに転職しましょう。

大手SIerは上流工程を中心に活動し、SIに関するノウハウが高いため早めに転職しないと、大手SEとのギャップが広がり転職しづらくなるためです。

25歳以下であれば、新卒枠や第二新卒枠で応募が可能であるためタイミングを逃さないことが重要です。

上流工程を担当したい人|28歳から30歳あたりがおすすめ

上流工程へキャリアアップしたい方は28歳から30歳ごろが転職のタイミングとしておすすめです。

それ以上の年齢になるとプロジェクトマネジメントの経験を求められたり、先輩のアドバイスも手薄になるためです。

転職を検討し始めて1年以上経っている人|今すぐ相談がおすすめ

SIerの転職者の傾向では、あれこれ悩み過ぎてタイミングを逃す方が多いです。

そのため、目星を付けたら転職エージェントに相談し情報を集めることが突破口となります。

インターネットには転職に関する生きた情報は想像以上に少ないため、実際に相談することが重要となります。

SIerから転職で失敗を避ける方法

SIerから転職する際に失敗を避けたい方は必ずIT専門の転職エージェントを利用しましょう。

DX化のトレンドを受け、大手はもちろん、中小企業もITエンジニアを募集しSEがSIerから転職するにあたっては企業を選ぶ側となっています。

ただし企業の風土によってエンジニアの働き安さはまったく違います。

予算がない企業や間接部門とみなし評価されない企業、COBOLなどサポートしきれないほど古い技術で運用しているなど求人票では分からない落とし穴は多くあります。

そのため、マイナビIT AGENTといったIT専門の転職エージェントを活用することで事前に企業内部を教えてもらい回避できます。

IT以外の転職であっても、SIerの仕事を理解した上で求人の案内をもらえるため、これまでの仕事と相性の良い求人を案内してもらえるでしょう。

求人に応募する際にスキルや転職背景を伝えて企業に紹介してもらうことで有利に転職を進められます。

利用するのにお金はかからないため求人を定期的に案内してもらえるように登録だけでもしておきましょう。

>マイナビIT AGENTはこちら

SIerからの転職を成功させるポイント

SIerからの転職を成功させるポイントは転職エージェントをうまく活用することです。

自分に不足している部分はどこなのかを客観的に分析してもらうことで、企業が求める人材に近づくことができるためです。

転職エージェントをただ転職するためだけに使うのではなく、転職を成功させるために戦略的に活用するのがおすすめです。

もし、自分の市場価値に自信が持てず、希望する企業に転職するのが難しいと感じているのであれば、転職エージェントに自分に何が不足しているのかを相談しましょう。

登録しておきたいおすすめの転職エージェントといえばマイナビIT AGENTです。

大手求人サイトのマイナビが運営していて、その実績、求人案件数は抜きん出ています。

マイナビIT AGENTはその名前のとおり、IT業界に特化した部門となっています。

IT業界の転職は専門用語や業界ならではの特殊な社風、しきたりなどがあり、専門家がしっかりサポートしてくれることで、より良い条件での転職が可能になります。

コンサルタントもしっかり訓練されているプロフェッショナルばかりですので、ぜひ登録してみてください。

>マイナビIT AGENTはこちら

まとめ

一言でSIerから転職するといってもさまざまなルートがあることがわかったと思います。

しかし、選択肢があるから混乱する必要はありません。

大切なのは自分が「なにを求めているか」です。

その条件に一致した仕事、企業に転職することが転職だけでなく人生を成功させることにつながります。

また、一人で悩む必要は一切ありません。

転職エージェントという心強い味方がいるのですから、最大限活用して最短で最高の結果を出してください。

【高待遇を希望する方】

高待遇な求人を見つけるために非公開求人に注目してみましょう。
知名度が高い企業や大手は非公開求人で募集することが多々あります。
早く相談すれば高待遇の非公開求人をいち早く紹介してもらえるため、動くなら「いま」です。

注意点は求人の質・量の両方を大切にすることです。
高待遇の求人をたくさん紹介してもらえるような転職エージェントに相談しましょう。

当サイトで評判が良く人気のエージェントはマイナビIT AGENTです。
IT業界の求人が豊富で定評があります。

登録後は連絡に沿って進めていくだけです。
1日でも早く動くことで思わぬ高待遇求人の出会いへとつながるでしょう。
>マイナビIT AGENTの非公開求人相談はこちら