30代未経験でITエンジニア転職は無理か?転職方法や成功のポイントを解説

PR
30代未経験からITエンジニアに転職は無理?可能性と方法を解説

30代未経験からITエンジニアに転職するおすすめの方法は以下の2つです。

  • IT専門の転職エージェントに相談する方法
  • プログラミングスクールに相談する方法

どちらもITエンジニア転職のプロに相談することで、未経験OKの求人や年齢に応じた転職、プログラミングの勉強法などを効率よく教えてもらうことができます。

ただし、30代の未経験転職は20代の未経験転職と比べて難易度が高くなるため、知識をつけてから挑まなければ失敗や遠回りをすることになります。

本記事では30代未経験からITエンジニアに転職したい方に向けて、転職成功のポイントについても解説しています。

未経験からITエンジニア転職を成功させたい方はぜひご覧ください。

30代で未経験応募可能な企業にはブラック企業も多数紛れ込んでいるため、求人の精査が必要です。

運悪くブラック企業に入社してしまうと、年収が低い上にスキルが身に付かないという最悪のパターンになりかねないためです。

ブラック企業を避けたIT業界への転職活動は、マイナビIT AGENTへの相談がおすすめです。

マイナビIT AGENTは優良なIT企業の求人を多数保有しており、あなたの条件から合う企業を提案してくれます。

ぜひ一度相談してみましょう。

>マイナビIT AGENTはこちら

30代未経験でITエンジニア転職は無理か?

30代の未経験でもITエンジニアに転職は可能

30代であっても未経験からITエンジニアに転職できます。

実際、テックキャンプでは転職保証付きで受講することができますし、30代の転職事例も多く出ています。

筆者もメガベンチャーに在籍していたころ31歳からプログラマーに挑戦し転職を成功させた人を目撃しています。

ただし、34歳や35歳など30代半ばからはIT転職の難易度は急激に上がり困難となります。

プログラミングスクールに通ったあと、SI業界のSESや派遣から始めるのであれば可能性はあります。

そこからキャリアップすれば十分に年収500万円以上のITエンジニアになることは可能ですが人一倍苦労することは事前に覚悟しておきましょう。

>転職成功実績NO.1のプログラミングスクールのテックキャンプはこちら

未経験の30代女性もITエンジニアに転職できる

未経験の30代女性もITエンジニアに転職できる

30代でプログラミング未経験の女性でもIT転職の可能性はあります。

特にクライアントとの折衝やプロジェクト運営では女性のやわらかなコミュニケーションによって円滑に進行するため重宝されます。

プログラミングスキルは必要ですが、現場で経験を積んだあとはマネジメント方向で活躍する女性が多くいます。

ITエンジニアはスキルが身に付くため出産や育児などライフイベントで休職してからも復職しやすい職種です。

30代未経験の女性であってもITエンジニアに転職は可能ですのでぜひ検討してみてください。

30代未経験からITエンジニアになる方法

ITエンジニアになるべきか悩んでいるならキャリア相談がおすすめ

30代未経験でITエンジニアになるおすすめの方法として、転職エージェントに相談する方法とプログラミングスクールに相談する方法があります。

どちらもエンジニア転職のプロに無料で相談することができ、知識豊富なキャリアカウンセラーと一緒に今後の生き方、働き方を話し合うことができるサービスがポイントです。

未経験でITエンジニアとして理想的な働き方をするために、ぜひ利用することをおすすめします。

IT専門の転職エージェントに相談する方法

転職活動を手厚くサポートしてほしい人や職場環境を重視したい人は、IT専門の転職エージェントに相談する方法がおすすめです。

未経験から就職しやすいSI業界の紹介や、教育制度の整っている求人案内を選んで紹介してもらえるためです。

そのためミスマッチの応募や入社後の苦労を軽減させることができるでしょう。

未経験でも無料で相談に乗ってもらうことができます。

特にIT業界であれば、ITに特化したマイナビIT AGENTがおすすめです。

>スピーディーな転職活動ができるマイナビIT AGENTに相談はこちら

プログラミングスクールに相談する方法

スキルに不安のある方は、プログラミングスクールに相談する方法がおすすめです。

なぜなら、プログラミングスクールは未経験からITエンジニアに挑戦した事例を豊富に保有しているからです。

どのプログラミング教室でも1時間程度のキャリア相談があり、どのようなスキルレベルの人が応募しているのかや未経験からITエンジニアになった人の事例を紹介をしてもらうことができます。

もしあなたが適性があるか、また理想のキャリアパスに30代でも間に合うかといった不安がある方は相談して事例を知ることで安心して取り組むことができるでしょう。

受講するしないにかかわらず無料で相談することができるため、積極的に利用してみてください。

特にテックキャンプは30代の事例が豊富なため、相談してみることをおすすめします。

>ITエンジニア転職事例豊富なテックキャンプに相談はこちら

転職なら資格よりプログラミングの実務力が重要

よく転職活動の準備として資格を取ろうとする人がいますが、資格が有利になるのは新卒採用だけです。

転職では資格よりも実力を見られることになります。

そのため、しっかりと自分の実績を作ることに注力したほうが効果的です。

たとえば、自分が制作したアプリケーションのポートフォリオを持っていたほうが採用担当にアピールできるでしょう。

Webアプリケーションを自作したと見せれば、Web開発に関する最低限の知識、スキルはあるのだな、と具体的に納得させることができます。

ほかにも簡単なシステムでもクラウドワークスなどで受注した実績を示せば、クライアントから要望を聞いてシステム化するというエンジニア能力を示せることになります。

30代で未経験からITエンジニアに転職したい方は志望動機が強く重視される

30代の未経験からITエンジニアに転職したい方は、志望動機が強く重視され、特にITエンジニアになりたい理由や成長意欲をチェックされます。

なぜ30代は志望動機が強くチェックされるかというと、30代で未経験の採用は企業にハイリスクだからです。

受け身の姿勢で誰でもITエンジニアになれるわけではなく、20代と比べ年齢が高い分、主体的な成長意欲がなければITエンジニアとして活躍できないと考えています。

そのため成長して活躍する方という見込みがない限り、企業はリスクをとって採用しません。

面接官に「この人はスキルアップしそうだ」と思わせるためには、高い意欲と実際に時間を作って独学でプログラミングしている、勉強会に参加しているといったことが大切になってきます

ではいかにして意欲を感じさせるかが問題ですが、下記のポイントを答えられるかがポイントになるでしょう。

  • どんな背景でITエンジニアを希望したか?
  • 将来どんな風になりたいのか?
  • そのためにどんな取り組みをいましているのか?
  • どんな環境でどんな成果を出していきたいのか?

必ず答えられるようにしておきましょう。

30代未経験者が面接で聞かれる質問

IT業界の企業面接では定番と呼べる4つの質問があります。

最低でもこれだけはスラスラと対応できるようにしておきましょう!

質問1:「なぜITエンジニアになりたいのですか?」

どの程度のモチベーションを持って転職したいのかを測る質問です。

未経験の方は、スタートが遅れている分、人一倍勉強してスキルアップすることを求められます。

「絶対にITエンジニアになりたい」と思わせる理由を伝えることができれば入社後にも人一倍勉強してスキルアップしてくれそうだな、と思わせられます

反対に「給料が高いから」「なんとなくかっこいいから」では自主的なスキルアップをしてくれそうな人材には思われないでしょう。

質問2:「ITエンジニアになって3年後は何をしていたいですか?」

こちらもモチベーションと成長スピードを測る質問です。

3年後の姿が具体的な人ほど、成長も確実です。

逆に「プロジェクトに貢献していたい」などと曖昧な人や、「プログラミングを誰に聞かなくてもできている」などレベルの低い人は合格できません。

どこを目標にしているかでポテンシャルは見えてしまいます

質問3:「ITエンジニアになるためにどんな行動をしていますか?」

こちらは転職する際に今すでにどんなアクションを取っているのかという質問です。

意欲だけでは企業を納得させるのは難しく、未経験の方は、人一倍勉強してスキルアップすることを求められます。

実際に時間を作って手を動かしている人は実績を見せれば合格しやすくなります

逆に、時間も作らず手も動かしていない人は「口だけの人」と思われます。

質問4:「その行動の結果、どんな成果がありましたか?」

「本を読む」「ネットで情報収集している」というだけでは、どれくらいスキルがついているのか測ることは困難です。

そのため、実際に「ITエンジニアになりたい」と思ってからこれまでの間にアウトプットしたものが具体的にあるか?ということを測る質問です。

自分のプロダクトがあればベストですが、なければ行動して出た成果を具体的に紹介しましょう。

ITエンジニアの世界では年齢や社歴、資格よりも一定のスキルが大切です。

そのスキルが見えるような成果を伝えることができればグッと内定に近づくでしょう。

まとめ

結論から言えば、ITエンジニアに転職することは実はそこまで難しくありません

未経験の中途採用であっても、スキルさえあれば企業は魅力ある人材として見てくれます。

とくに現在、ITエンジニアは深刻な人手不足ですので、最低限のレベルに達していれば採用される可能性は高いのです。

しかし、一人で「最低限のレベル」に到達するのはやはり難しいので、転職エージェントやプログラミングスクールを上手く活用して最短で転職を成功し、新たなキャリアを進めるようにすることが大切でしょう。