ホームページ制作会社の選び方はWeb集客に強い企業がおすすめ

ホームページ制作の依頼にあたりWeb制作会社選びに困っていませんか?

筆者は、システム開発とメディア運営、Web集客を担当してきたため多角的な側面からホームページに関わってきました。

その経験からお伝えすると、事業目的に合わないホームページ制作会社選びにより失敗している企業を多く見ています。

この記事ではホームページ制作会社の選び方を詳しく紹介していきます。

ホームページの活用は事業運営に直結するケースが多くあります。

金額やデザインを選定ポイントとしてホームページ制作会社を考えている方は必ず最後までご覧ください。

※本記事ではホームページ制作を「HP制作」、ホームページ制作会社を「Web制作会社」と呼ぶことがありますが同じ意味となります。

ホームページ制作会社の選び方は目的に合わせて選ぶ

ホームページ制作の一般的な目的は下記の3つとなるでしょう。

  • 目的1:銀行の口座開設などホームページの存在による信用のためにホームページを制作する
  • 目的2:採用を強化する目的にホームページを制作する
  • 目的3:集客を目的にホームページを制作する

もし、目的が「銀行の口座開設などホームページの存在による信用のためにホームページを制作する」であれば、低価格で納品いただける会社に依頼すれば問題ありません。

会社を設立するとホームページの存在が求められることがあります。

その目的だけにホームページ制作を依頼するのであれば、とにかく低価格で制作いただけるWeb制作会社を選びましょう。

ですがもし、採用や集客を目的とするのであれば、ホームページ制作会社を吟味して選定する必要があります。

なぜなら、どれだけおしゃれなホームページが納品されたとしても集客できるかは全くの別物だからです。

集客・採用が目的のホームページで抑えるべき3つの要件

もしホームページ制作の目的に集客や採用を含む場合は、下記の3つの要件を抑えたWeb制作会社を選びましょう。

  1. Web集客に強いか?
  2. 拡張性は高いか?
  3. 最低限のデザイン性をクリアしているか?

上記3つの要素は優先順位順に記載しています。

デザイン性を重視する方が多いですが実はそれほど重要ではありません。

悩みや疑問を解決するためにホームページ来ますので多少デザイン性が悪くても内容が充実していれば問題としないケースが大半であるためです。

逆に、どれだけデザイン性が良かったとしても、どのような悩みをどのように解決するかといった具体的なサービス内容の紹介がなければ問い合わせに至ることは少なくなるでしょう。

以上では、ホームページ制作におかえる要素を重要な順番で紹介していきます。

Web集客に強いか?

ホームページ制作のお問い合わせの大多数が「ホームページからの問い合わせを増やしたい」といった内容です。

ホームページからの問い合わせを増やすためには大きく2つの段階に別れます。

  • ホームページへの集客数(Web集客)を増やす
  • 問い合わせ率を高める

Web集客を増やすためには施策として大きく3つあります。

  1. SEO対策をして検索エンジンからのアクセスを増やす(Google検索、Yahoo検索)
  2. SNS投稿をしてホームページへのアクセスを増やす(Instagram、Twitter、Facebook)
  3. 広告出稿をしてホームページへ誘導する(リスティング広告、ディスプレイ広告、他多数)

その中でも、「2」「3」については、アクセス先のURLを指定できるため、ホームページ制作の優先度としては低くなります。

つまり、Web集客に強いホームページ制作のためにはSEO対策に強いホームページ制作会社を選ぶ必要があります。

拡張性は高いか?

ホームページ制作は作成完了がゴールではありません。

運用にあたっては下記の点を押さえておかないと将来に高いコストがかかる可能性があります。

  • ホームページを更新しやすいシステムにする
  • SEO対策のためにツール導入やタグ変更に耐えうるシステムにする
  • 将来のリニューアルのために移行性の高いシステムにする

これらを安く抑えるには一般的にはWordPressと呼ばれるコンテンツ管理システムが用いられます。

しかし、Web制作会社によっては独自のシステムを利用してしまうため、

  • 自分でホームページを更新できない
  • システム構成上、カスタマイズしづらい
  • リニュアール時に過去記事の引っ越しができない

といったことが起こります。

当社にはITエンジニアが在籍しておりますが、Web制作会社特有のシステムを利用しているためにSEOの対策の一環であるページ速度の改善の抜本的な施策が進まないといった経験もあります。

他にも上記理由のために過去のブログ記事が引っ越しできなかったり、解析に費用がかかったりと、完成後に困られるお客様を多数目撃してきました。

構築後に、修正やリニューアルがしずらい懸念をへらすためにもホームページ制作の予算が500万円以下の場合は、WordPressの使用がおすすめです。

最低限のデザイン性をクリアしているか?

デザイン性は最重要ではありませんが、重要な項目の1つです。

伝えたい内容を伝えるのがデザインと言えますが、悪いデザインの場合は下記の悪影響を及ぼします。

  • 色味が多く読みづらい
  • 色同士がハレーションを起こして読みづらい
  • デザイン性が古く第一印象が悪い

後述しますが、システム開発が得意な企業のホームページはデザインを苦手としているケースが多いためです。

最低限、専属のデザイナーが在籍していることを確認することをおすすめします。

ホームページ制作会社の選定ポイントは成り立ちと強み

ホームページ制作会社といっても成り立ちによって強みが大きく変わるため、下表にまとめました。

成り立ち Web集客 拡張性 デザイン性 費用 運用のしやすさ
デザイナーが立ち上げた制作会社 ◯:※2 安い
ITエンジニアが立ち上げた制作会社 ✕:※1 高い
Webマーケッターが立ち上げた制作会社 高い

※1:独自システムを作りがちで、制約が多かったり変更時の費用が高い
※2:フリーランス、零細企業では質の高いデザイナーでない可能性が多い

デザイナーが立ち上げたホームページ制作会社の特徴

WebデザインとHTMLを覚えた方が立ち上げるホームページ制作会社で、一番多いケースです。

デザインが得意である一方で、保守性の高いHTMLコーディングやシステム開発が苦手を苦手としています。

メリットとしては制作費用が格安であるという点です。

大半がWordPressを利用した制作をしているため、将来のリニューアルもおすすめです。

デメリットとしてはWeb集客に強くない点やWebデザインが自己流のためデザイン性が悪いケースがある点です。

システム開発にも詳しくないため込み入った修正も厳しいでしょう。

とにかく安く制作したい方やホームページがあれば良いという方におすすめと言えます。

ITエンジニアが立ち上げた制作会社

PHPなどのプログラミングが得意な方が立ち上げたホームページ制作会社です。

システムが得なため、どのような要件でも独自に作り上げます。

デメリットとしては、ITエンジニアの単価が高いため費用が高めであることやデザイン性が悪いこと、独自システムで構築するため将来の変更費用が高いことが挙げられます。

Web集客で重要なSEO対策についても実績がないことが大半です。

ホームページ制作として依頼するのではなく、Webシステムの開発時に依頼することをおすすめします。

Webマーケッターが立ち上げた制作会社

SEOなどWeb集客が得意な方が立ち上げたホームページ制作会社です。

Web集客が強みであるため事業課題に寄り添ったホームページ制作にも対応します。

この種類の企業はホームページ制作がメイン事業ではなく、SEOコンサルや自社事業で収益を立てているため見つけにくいのが課題です。

さらに安売りする必要もないため費用も高めとなります。

当社の場合はこちらに該当し、ホームページ制作は200万円〜300万円が目安となっています。

まとめ

ホームページ制作会社を選ぶにあたっては目的から決めることが重要です。

もし、「集客を目的としてホームページを制作したい」という場合は、下記の要件を満たす制作会社を選びましょう。

  1. Web集客に強いか?
  2. 拡張性は高いか?
  3. 最低限のデザイン性をクリアしているか?

※順番は、重要な順番となります

Web制作会社選びにあたっては、成り立ちから選ぶことをおすすめします。

おすすめは、価格は高いですがWebマーケッターが立ち上げた制作会社です。

当社の成り立ちはこちらとなります。

もし、興味ある方はこちらからぜひお問い合わせください。

お待ちしております。