派遣社員がすぐ辞める理由とは?離職の原因を把握し抑制するための具体的な方法

本記事では、派遣社員がすぐ辞めると悩んでいる派遣事業者の方に、離職の理由を把握する方法や離職抑制をする方法を紹介していきます。

離職抑制・定着率向上のために何を取り組めば良いか悩んでいる方はぜひ本記事を参考にしてください。

派遣社員がすぐ辞める理由とは?

派遣社員がすぐ辞める理由にはパターンがあります。

ここでは、よく聞く派遣社員の退職理由を紹介していきています。

収入に不満があるため退職

派遣社員が辞める大きな理由の1つに、収入の不満が挙げられます。

実際、日本人材協会が実施した派遣社員Webアンケート(※)によると「現状から変えたいもの」の1位が収入であり、日ごろから不満を感じていることが分かります。

さらに4年以上先の将来の働き方の希望は正社員を希望する方が40%以上と収入はもちろん待遇面でも不満があることが分かります。

正社員を希望する理由も賞与制度や期間の定めがなく定年まで働けるといったことを希望しています。

※参考:2023年度:派遣社員WEBアンケート調査

営業への不満があるため退職

派遣社員が辞める理由に営業への不満が挙げられます。

特に、営業から希望する求人の案内がないといった理由が不満として挙げられます。

伝えた希望に沿わない求人を案内され、取り急ぎその派遣先で働いたものの、いつまで経っても希望の求人の案内が来ないケースです。

また営業が依頼事項を忘れたり、営業からのサポートがなく放置されるといった日々の不満も挙げられます。

このように営業への不満が退職理由として挙げられます。

業務内容が合わないため退職

業務内容が合わないため辞めるケースも多くあります。

体力的にきつい仕事や暑さ・冬の寒さ、騒音、匂い、アレルギーなど様々な理由で勤務が継続できず退職となるケースがあります。

人によっては微かなタバコの煙が大きく体調を崩す原因となります。

他にも単調な仕事や複雑な仕事が合わないといったケースもあり、入社直後の離職の原因となります。

人間関係・いじめ・パワハラのため退職

雇用制度上、正社員よりも立場が不利な派遣社員はいじめやパワハラを受けやすく、良好な人間関係が築きづらく退職するといったケースがあります。

派遣先で孤立しやすく、雇用期間も定められ、代わりの人材も見つかりやすい派遣の現場では今でも陰湿な嫌がらせがあります。

実際、厚生労働省が派遣労働者の実態調査を行なった結果では、苦情の54%が「人間関係・いじめ・パワーハラスメント」の項目となっており、多くの方が苦しい思いをしていることが分かります。

参考:派遣労働者からの苦情 |厚生労働省

このように良好な人間関係が築けず退職する派遣社員が多くいます。

派遣社員の勤務態度

派遣社員の中には、遅刻を常習的に行い改善が見られない方います。

また、不慣れな職場や人間関係で心や体調を崩す方もいます。

派遣先や営業から指摘をしても改善できず辞めるケースが一定あります。

 

では、派遣社員の離職を抑制するにはどうすれば良いのでしょか?

派遣社員の離職を抑制する方法

派遣社員の離職を抑制するには、原因を知ることが大切です。

特に、原因を早く正確に知ることが大切です。

その上で、不満に感じているポイント改善しましょう。

もし改善が難しい場合は派遣社員とその旨を話し合うことが大切です。

話し合って、派遣社員の期待値を調整することも離職抑制の大きなポイントの1つです。

また営業スタッフの対応にも注目しましょう。

派遣社員の不満は会社の経営層にも生々しく伝わっていますか?

派遣社員の声が経営層にフィードバックする仕組みを入れない限り、構造的な離職抑制は見込めません。

営業スタッフのフィードバックを見える化することが大切です。

それぞれについて、具体的に紹介していきます。

派遣社員の離職につながる不満をタイムリーかつ正確に把握する

派遣社員の離職を抑制する方法として、まずは原因を知ることが重要です。

闇雲に、定着率向上のための施策を行なっても原因が違えば無意味だからです。

原因を知り、効果的な施策を打てるようにしましょう。

原因を知るためには、派遣スタッフの満足度を定期的にチェックする方法がおすすめです。

特に、離職が多い勤務直後の3ヶ月程度は満足度を頻繁にチェックすると良いでしょう。

満足度のチェックには、日報を兼ねたパルスサーベイがおすすめです。

パルスサーベイとは頻度の高い従業員調査を指します。

CrewLinkといったツールを使えば勤務後に選択式のアンケートを答えるだけのため派遣社員の負担も少ないでしょう。

また、アンケートを起点にコメントや「いいね」といったSNS機能があり、気軽にコミュニケーションを取ることができます。

退職する派遣スタッフにも退職者アンケートを通じて理由を把握しましょう。

離職する人ならではの本音が聞けるチャンスですので見逃さないことが重要です。

派遣社員が不満に感じているポイントを改善する

日々の満足度調査で異変があればすぐに派遣社員のフォローをしましょう。

不満を感じるポイントは派遣社員ごとに大きく違うため、きめ細やかに対応することが大切です。

その点でも、日々の満足度調査から異変のある人だけを見つけられるような仕組みが必要となります。

派遣社員と対話を行い期待値を調整をする

待遇面などでも派遣社員の希望をすぐに叶えることは難しいこともあるでしょう。

その場合は、時給の相場や考え方、給与交渉に必要な材料などを伝え派遣社員にも理解をしてもうことが重要です。

その上で、派遣社員と一緒に協力して改善を進められる関係を築くことで不満の解消につながります。

大切な点は、派遣社員と対話を行い、営業に期待されている期待値を調整し、共に改善を進める関係性を構築することです。

営業スタッフの腕の見せ所とも言え、日々の面談を記録・共有して上長やベテラン営業スタッフがアドバイスできる仕組みを取り入れるようにしましょう。

営業スタッフの評価を見える化する

派遣社員からの営業スタッフの評価を見える化する仕組みも取り入れましょう。

営業スタッフの対応が良ければ自然と派遣社員の満足度も高くなるためです。

逆に営業スタッフの対応が悪ければ、離職抑制は歯止めが効かないでしょう。

派遣スタッフとの大きな接点は営業ですが、構造上、派遣スタッフの不満が経営層には伝わらない場合が多くあります。

派遣スタッフからのフィードバックをCrewLinkといった満足度調査を通じて見える化することで、より良い組織にすることができるでしょう。

派遣スタッフの離職抑制にはCrewLinkがおすすめ

派遣スタッフの離職抑制には、不満を正確かつタイムリーに知ることが重要です。

そのためには、システム導入は必須です。

当サービス、CrewLinkでは、派遣スタッフの満足度調査はもちろん、スキルや面談記録、配属情報をクラウド上に一元管理できます。

また、クラウドツールで利用いただけるため費用を抑えて短期間で導入することが可能です。

事例や費用、トライアル等はお問い合わせをいただきましてたら個別に回答いたしますので気軽にお問い合わせください。

まとめ

本記事では派遣スタッフがすぐ辞める理由を紹介した後に、離職抑制の方法を紹介してきました。

離職抑制をするためには、派遣スタッフの不満を正確かつタイムリーに把握し、対話を通して不満の解消を行うことが大切です。

派遣スタッフの満足度を調査するツールCrewLinkを活用し、ぜひ定着率向上を行いましょう。

CrewLinkの価格・事例・トライアルはこちらからをご覧ください。