※マイナビ等のプロモーションを含みます

20代転職におすすめの職種|未経験でも採用されやすいスキルが身に付く仕事を紹介

20代で転職におすすめの職種は以下の通りです。

20代転職おすすめ職種って?

人事として10年、採用や人事評価にかかわってきた筆者が未経験からでも挑戦しやすく、今後も需要のある仕事を紹介していきます。

20代は未経験でも採用されやすく、転職をするなら出来るだけ20代のうちに動くことをおすすめします。

20代でどんな職種が自分には向いているのだろうか、と気になっている方はぜひ最後まで一読してください。

参考:未経験でも比較的入りやすい職業を見てみよう!|職業情報提供サイト(日本版O-NET)

未経験でも応募可能なIT系求人が豊富

未経験でも応募可能ないIT系求人が豊富な転職先を知りたいなら、マイナビIT AGENTの利用がおすすめです。

マイナビIT AGENTを活用すれば、IT職種に必要な資格やスキルを習得するための教育制度が充実した会社の求人を紹介してもらうことができるためです。

無料で利用でき、大手優良企業の案件も豊富にあるため、一度相談だけでもしてみましょう。

マイナビIT AGENTはこちら

20代で未経験職種への転職が可能な理由

未経験OKの求人も多い

20代は未経験職種への転職に適したタイミングといえます。

理由としては、20代は未経験OKの求人も多く、また、企業は未経験者を採用する場合に年齢が若いほど採用しやすいと考えているためです。

20代の転職であれば、未経験でも若さゆえの前向きに吸収する体力や、素直さは非常に強力な武器になります。

30歳を超えてしまうと経験者かつ即戦力を求める企業が増え、やりたい仕事に採用されにくくなる可能性が高いため、20代転職は若いほど有利なのです。

20代転職におすすめ職種・業種ランキング

20代の転職におすすめの職種・業種

20代の転職におすすめの職種・業種をランキング形式で紹介します。

20代はこれからの転職先で働く時間のほうが圧倒的に長く、転職先選びは重要となります。

転職を成功させて長く働くために今後も伸びると言われている業界は非常におすすめです。

特にIT業界なら引き続き市場規模の拡大が予想され、人材確保のために未経験でもでも採用されやすいといえます。

IT系職種で経験を積めば個人スキルも身につき、未経験でも十分活躍できます。

20代の転職は具体的には、以下がおすすめです。

1位:ITエンジニア

ITエンジニアは20代の未経験者にぜひおすすめしたい職種の1つです。

理由としてはITエンジニアは年収が高い職種の1つであり、求人倍率が常にトップの希少性がある仕事だからです。

参考:転職求人倍率|doda

2000年頃から常にITエンジニアが不足しており、さらにDX化の需要により深刻化しています。

人口が減り続ける日本においてはDXによる生産性向上は避けられず、構造的な観点からも底堅い需要がITエンジニアにはあります。

さらにスキルが積み上がっていくため高齢になっても転職しやすく、フリーランスとして働ける点も魅力的な職種といえます。

今後はAIの発達により、ITがより身近に使われていくでしょう。

ITを使いこなす側になることで、キャリアや給与など多くの面で有利となるでしょう。

マイナビIT AGENTなどに掲載されている大手企業の求人が教育制度が整っておりおすすめです。

マイナビIT AGENTはこちら

2位:営業

営業

20代転職でおすすめの職種として、営業があります。

おすすめする大きな理由としては、どの業界でも必須の職種で、求人の多さが他の職種と比べてダントツだからです。

年齢を問わずいつでも募集されており求人には困らない傾向にあります。

さらに実力があれば給料が青天井となる仕事のため、事務職の待遇の1.5倍強以上になる可能性も高いです。

その一方で、実力がなければ一気に会社に居場所がなくなる仕事でもあります。

転職が容易な営業職ですが、企業選びに失敗するとノルマの激しい会社に入社して使い捨てにされるということも少なくありません。

「長く働ける営業職の求人を知りたい」なら、20代の転職を専門にサポートしていて優良な非公開求人も紹介して貰えるマイナビジョブ20’sの登録もおすすめです。

最適な求人から会社を選ぶことができれば、営業職はとても魅力のある職種であると言えます。

マイナビジョブ20’sはこちら

3位:ネットワークエンジニア

20代の転職にはネットワークエンジニアもおすすめです。

5Gの展開で今後もネットワークの影響度は大きくなり、IT化を支えるネットワークは将来なくならない仕事と言えるからです。

ビジネスや生活を快適に送るためにネットワークは必要可決であり、水道・電気に次ぐインフラとなっています。

ネットワークエンジニアはITエンジニアの一種ですが、覚えることも定型的でプログラマーの学習より難易度は低いです。

CCNAという資格を取得できれば転職に有利となりますので、まずは資格取得を目標にして転職先を選定しましょう。

確実に、最短でネットワークエンジニアを目指したいという方はマイナビIT AGENTという転職エージェントがおすすめです。

CCNAやLinuxというネットワークエンジニアに必要な資格やスキルを取得するための教育制度が充実した会社の求人を紹介してもらうことができます。

未経験からでも20代の若手であればチャレンジできる資格ですので、プログラマーを目指すのは難しいという方はネットワークエンジニアを検討してみることをおすすめします。

マイナビIT AGENTはこちら

4位:Webデザイナー

Webデザイナー

20代の転職でおすすめしたい職種に、Webデザイナーがあります。

参考: 職業詳細・Webデザイナー| 職業情報提供サイト(日本版O-NET)

非対面のビジネスが活性化していく中でWebサイトは非常にニーズがあり、そこで活躍するのがWebデザイナーだからです。

Webデザイナーはインターネット上にあるホームページなどのデザインを作る仕事で、地方でも案件は多く、独立も夢ではありません。

プログラマーに比べると技術力がそれほど高くなくてもなれるため、IT系企業で何かスキルつけたいという人にも向いています。

勉強の仕方は本で独学よりも、実践的なデザインとHTMLコーディングを学ぶことをおすすめします。

特にWeb製作会社が運営するデジタルハリウッドSTUDIOというスクールは要注目です。

Webデザイナーに必要な知識・技術はもちろん実践的なテクニックも覚えることができます。

知識・技術をつけるまでが大変ですが、Webデザイナーも20代の転職におすすめの職種といえます。

デジタルハリウッドSTUDIOはこちら

5位:Webマーケティング

20代の転職にはWebマーケティングもおすすめです。

参考: 職業詳細・Webマーケティング(ネット広告・販売促進)| 職業情報提供サイト(日本版O-NET)

ビジネスで必須となる集客は最近ではインターネットの集客も主流となっており、プランニングや実施を行うWebマーケターはこれからも需要があると言えるためです。

インターネットでの集客はWeb広告・SNS・SEO・YouTubeといった集客経路があり、事業の特性に合わせて集客経路を設計します。

Webマーケターとして実績をつくり人を集めることができれば、どのビジネスにも活かすことができるため大手への転職はもちろん、独立も可能となってきます。

成果が全てとなりますがその分リターンは大きくなるため非常におすすめです。

ただしWebマーケティングの情報は少なく、実践的な知識を学びたいという方はマケキャンなどのスクールで勉強する方法を活用してください。

どんな事業にもマーケティングは必要なため、Webマーケティングもおすすめの職種の1つです。

6位:介護職

20代の転職には介護士もおすすめです。

介護職は高齢化社会の日本においては必要不可欠な職種であり、未経験や無資格者でも歓迎される業界のためです。

日本の総人口は2009年より13年連続で減少し続けている一方で65歳以上の数は年々増加しており、2022年には3627万人に達し過去最多を更新しました。

参考:統計からみた我が国の高齢者|総務省統計局

日本の総人口で65歳以上が占める割合は3割近くとなり、この数字は世界でも最高を記録しています。

介護職は今後の日本において非常に需要の高い職種だと言えるでしょう。

20代で介護職の経験を積めば、3年以上の実務経験者で受験することができる介護福祉士の資格も早期に取得できます。

介護福祉士は国家資格であるため取得しておくと待遇アップも見込めるので、資格があれば転職の際にも役立つと言えるでしょう。

人の役に立つ仕事をしたい、手に職をつけて社会に貢献したい20代から人気の職種です。

働きながらスキルを磨ける、未経験者も歓迎される業界という点で介護職は20代の転職におすすめです。

7位:建設業界

20代の転職でおすすめしたい業界として、建設業があります。

建設業界では若手層の人材不足が深刻化しており、こちらも未経験からチャレンジしやすい業界のためです。

建設業界では職人をはじめとする技術から、現場監督などの施工管理、CADオペレーターなども含まれる設計など業界内で職種が多いのも特徴です。

20代であればスキルが無くても採用されやすいと言えますが、転職に有利になる中には資格や知識もあります。

たとえば荷物を引っかける玉掛の資格と運ぶ技術であるクレーンの資格を合わせて取得できれば建設現場で採用されやすくなります。

技術は経験を積めば積むほど磨かれるため、ベテランになると現場からも重宝され会社からも頼りにされる存在になるでしょう。

CADオペレーターであれば資格がなくても問題はありませんが、ハローワークの職業訓練校に通うことで知識や技術を学ぶことができます。

このように、建設業界は間口が広く未経験者でも知識や技術を身につければ活躍できる機会が多いため、20代の転職におすすめです。

8位:トラックドライバー

20代の転職先でおすすめの職種としてトラックドライバーがあります。

運送業界は常に人手不足の傾向が続いておりドライバーの高齢化もあり、若手ドライバーの求人も多くあります。

また、ネット通販の普及によりドライバーの需要も高まっています。

日経新聞でも人手不足への対応で悩んでいる現状について紹介されています。

参考:物流、ドライバー確保に苦闘|日本経済新聞

このように、トラックドライバーも20代が転職するのにおすすめな職種として挙げられます。

【未経験でスキルをつけるなら大手がおすすめ】

スキルをつけたい方は大手企業への転職がおすすめです。

人手不足の中小企業とは違い大手であれば手厚くサポートをしてもらえるため、より確実にスキルをつけやすいからです。

大手企業の求人はマイナビジョブ20’sのような大手転職エージェントにあるためチェックしておきましょう。

ただし、注意点としては人気であるため非公開求人となっている点です。

早めに登録をしておき見逃さないようにしておくことが転職のコツです。

20代転職で未経験職種を選ぶときのポイント

20代未経験転職のポイント

20代が転職するときに気を付けたいポイントは以下の4項目です。

  • 今後も需要のある業界の企業か
  • 年収アップが見込めるか
  • 労働環境が整っているか
  • スキルが身につく仕事か

上記4項目の中のどれかが欠けている状態で転職活動すると後々不満がたまり、また転職活動をやり直さなければなりません。

理想の転職を実現するために、企業分析は必須となりますので上記の4つポイントをおさえて転職活動を進めていきましょう。

今後も需要のある業界の企業か

20代の転職では今後も需要が拡大されるようなの伸びしろのある業界を選ぶことをおすすめします。

20代は定年退職する65歳まで会社員生活が長く、今後衰退していくような斜陽産業は避けておくべきと言えるためです。

将来性がある業界の企業であればキャリアに応じて昇給も見込めますし、65歳の定年まで安定して働くこともできます。

筆者としては今後の市場規模でも拡大が予想されるIT業界、広告・メディア業界などは人材育成に注力している企業も多くおすすめしていますが、人手が不足している介護業界や建設業界も狙い目です。

特に介護士の仕事は高齢化社会を迎える日本では常に求人が出ており、需要が高いということがわかります。

このように20代転職では今後も需要が期待される業界を選ぶようにしましょう。

年収アップが見込めるか

20代の転職では年収アップが見込めるどうかもチェックポイントとなります。

20代は前職を辞める理由として「給料などの収入が少ない」という項目が男女とも上位にランクインしている結果となっているためです。

参考:令和2年雇用動向調査結果の概況(3)転職入職者が前職を辞めた理由 |厚生労働省

上記の調査では、20代は男性だけでなく女性も収入について待遇改善を望んでいることがわかります。

「職場の人間関係が好ましくない」「労働条件が悪かった」などの退職理由も上位となっていますが、年収アップを叶えるために転職する方もいます。

そのため、年収アップが見込めるかどうかも20代の転職で重要なポイントと言えるでしょう。

長く働ける労働環境が整っているか

20代の転職では長く働ける労働環境が整っている企業を選ぶことをおすすめします。

先にお伝えしているように20代が前職を辞める理由の中には、人間関係や労働条件などの項目も上位に入っているためです。

たとえばせっかく転職しても、ハラスメントが横行しているような職場環境では長く働き続けることが難しいといえます。

さらにサービス残業が当たり前となっている会社や、規定の時間を大きく超えて長時間労働を強いられるような企業では働くモチベーションも下がってしまいます。

上記のような職場やブラック企業を選ばないためにも転職エージェントや企業の口コミサイトを利用して、企業の内部情報を集めることは必ず行ってください。

未経験職種にチャレンジするなら社内研修制度が充実している企業もおすすめです。

有給休暇が取りやすい、リモートワークなど多様な働き方をしたいという方は福利厚生が手厚い大手企業への転職も検討してみてください。

20代の転職では、労働環境が整備されているかも大きなチェックポイントです。

スキルが身につく仕事か

20代の転職ではスキルが身につく仕事かをチェックしましょう。

なぜならスキルが身につく仕事を選んだ方が、将来的に市場価値の高い人材となり、年収が高くなる傾向があるからです。

例えば営業職を選んだ場合は商品を販売するためのスキルを磨き、上位の営業成績を残す能力があれば市場価値が高い人材と判断されます。

将来転職をしたくなった場合、企業から「弊社に来ても高い売り上げを出して貢献してくれる」と思ってもらえれば希望通りの年収も実現しやすいです。

このような理由からスキルが身につく仕事を選ぶようにしましょう。

将来のイノベーションにより自動化や機械化がされない仕事か

将来、自動化や機械化によって不要にならない仕事を選ぶことが重要です。

科学の進歩により馬車やフィルムカメラの業界は大きく縮小し、仕事を続けられなくなった方が数多くいるからです。

そして科学の進歩は加速的に早くなっており、将来は予想も付かない変化が多く生じるでしょう。

例えば古物の鑑定士の仕事は、パターン認識により属人的な仕事からシステム化された仕事になることが予想されます。

人口減を迎える日本においては物流におけるドライバーを自動運転で置き換えることに力を入れている最中です。

一方で、看護スタッフや保育、営業などの人に近い職種は置き換わりにくいでしょう。

将来のイノベーションにより自動化・機械化されない仕事選びが仕事を選ぶポイントとなります。

20代・未経験OKのおすすめ転職エージェント4選

未経験OK求人が多いおすすめの転職エージェント

20代で転職を考えている方が転職エージェントを選ぶ際は、出来るだけ未経験者を支援してくれる転職エージェントを選ぶようにしましょう。

具体的には、以下の4つの転職エージェントがおすすめです。

  • 情報収集するならマイナビジョブ20’s
  • 良い環境で働きたいなら就職カレッジ
  • キャリアに自身がない方は就職shop
  • 営業職ならhape Agent

それぞれについて解説します。

情報収集するならマイナビジョブ20’s

優良メーカーなどの求人を探している場合、マイナビジョブ20’sがおすすめです。

マイナビという大手の強みを活かした求人数の多さがあり、非常に魅力的なためです。

特にマイナビジョブ20’sは20代の既卒・第二新卒に向けたサービスのため、これからどんな職種に付けばいいか迷っている方の相談にも丁寧に乗ってくれます。

情報収集をするにも便利なので、とりあえず大手や優良メーカーの求人を受けたいという方は、ぜひ、活用してみて下さい。

>大手に就職を目指すならマイナビジョブ20’s

適職を見つけてスカウトも受けられるミイダス

ミイダスは、可能性診断という適職診断が人気のサービスです。

いくつかの質問に答えるだけで、適職はもちろん経歴から導き出した平均年収やあなたに興味を示すであろう企業の数など自分自身の市場価値もわかります。

また、診断結果をもとにあなたに興味をもった企業から直接スカウトが届く可能性もあるため、忙しい中転職活動を進める方におすすめのサービスです。

適職を知った上で転職に進みたい方はぜひ一度ミイダスの可能性診断を利用してみましょう。

>ミイダスに登録して可能性診断を受ける

良い環境で働きたいなら就職カレッジ

働きやすい良い環境で働きたいなら就職カレッジがおすすめです。

紹介する求人は定着率90%以上の優良求人ばかりだからです。

就職カレッジが無料で実施しているビジネス研修を受ければ、書類選考なしで面談を受けることができます。

職歴に自信がなくても優良企業を目指したいなら迷わず就職カレッジに登録しましょう。

>職場環境重視なら就職カレッジがおすすめ

営業職ならhape Agent

営業職の求人を探すならhape Agentがおすすめです。

hape Agentには営業職に精通したキャリアアドバイザーが在籍しています。

営業職の採用を知り尽くしており、どうすれば書類や面接を通過できるのかを具体的にサポートしてもらえます。

利用した転職成功者の92%が「良かった」と回答しており、非常に満足度の高い転職エージェントとわかります。

独自システムを採用していることによりミスマッチも少なくなっているため、営業職を目指すならまず登録しておきたい転職エージェントです。

>営業職求人ならhape Agentがおすすめ

まとめ

今回は、20代の転職におすすめの職種・業種をランキング形式で紹介しました。

20代の転職は前職の経験が短くはあるものの、社会人経験があることを評価する企業も多いです。

たとえ未経験であったとしても、異業種への転職に挑戦する価値はきっとあるはずです。

前述の20代が転職するときに気を付けたいポイントを参考に、自身の得意や強みを活かして転職を成功させるようにしましょう。